2018年03月28日

3月のマイ・ガーデン

久しぶりに近くのガーデン公園に行ってきました。日本の野山の植物が植えられている庭園で季節ごとに何が咲いているかしらと愉しみなところです。

ヒュウガミズキでしょうか。

ヒュウガミズキ.jpg

丸いぼんぼりのようなミツマタは和紙の原料に

ミツマタ.jpg

淡紫のミツバツツジ

ミツバツツジ.jpg

おなじみのムラサキハナナ 
ハナダイコン、ショカツサイ、オオアラセイトウとも

花大根.jpg


過去のマイ・ガーデン記事 ひそかに自分の庭と名付けていますが本当はよその庭園です^^
続きを読む
posted by naoko* at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2018年03月26日

ソメイヨシノ、ヤマザクラ

ソメイヨシノが見ごろになりました。淡いピンクの莟もちらほら七分咲きというところでしょうか。

ソメイヨシノ3.JPG

木の枝に止まって蜜を吸っているのはムクドリ?

そめいよしの、むくどり.jpg

そめいよしの。.jpg

白い花と緑の葉が同時に出ているヤマザクラ

山桜.jpg

桜の木がピンチ、50年後には日本の桜が消えてしまうかもしれない・・・!そんなニュースを見ました。外来種のカミキリムシが桜の木を食い荒らし枯らしているそうです。桜の木がなくなってしまったら日本の春の景色は一変するでしょう。

カミキリムシは一見すると可愛い姿をしていますが、繁殖力の強い害虫です。わが家のイロハモミジもカミキリムシに幹をぐるりと食べられて翌年は枯れてしまいました。

posted by naoko* at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2018年03月25日

春の野草たち

ソメイヨシノが見ごろになりご近所でお花見をしようとカメラを持って出かけました。途中の線路際には春の野草が青々と芽生えています。桜もいいけれど、足元の野の花にもつい心をひかれます♪

まずはツクシ 美味しそう〜♪と思う人はたいてい関西生まれですね。関東ではツクシは食べません。

つくし.JPG

ホトケノザ ギザギザの縁取りの葉が何枚も重なって仏様の台座のように見える ピンクの濃淡の花は小さいランのよう!

ホトケノザ (2).JPG

タネツケバナの群生もみごとです。

タネツケバナ.JPG

野草を眺めている間に日が暮れてしまいました。桜の花はまた日を改めて〜。
posted by naoko* at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2018年03月24日

ぜんまいと五目根菜煮

ぜんまいと有りあわせの根菜類を合わせて煮物にしました。ぜんまいは高知県産、水に戻したものを使いました。野菜だけの煮物ですがヘルシーでおいしい一品です。

ぜんまい煮.JPG

ぜんまいと五目根菜煮物

1.ぜんまい(水に戻したもの)1袋 5cm長さに切る
こんにゃく半丁細切り
人参細切り、牛蒡細切り
油揚げ1/2枚 細切り

  熱湯で湯通しする

干し椎茸もどして2枚細切り 戻し汁もとっておく

2.鍋で油を熱し1.を投入し炒める

3.調味料:酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ1、醤油大さじ1、鰹だしと椎茸戻し汁合わせて1カップを加え、時々混ぜながら弱火でふくめ煮する
味を見て塩少々で味を調える 煮汁がすっかりなくなったらできあがり

メモ:春に山で採ったぜんまいを干して保存されたものは1年中使える便利な山菜です。干しぜんまいを使う場合は一握りの枯草のようなぜんまいをゆっくり時間をかけて水で戻すと数倍にふくれあがります。

2018年03月22日

春の雪

昨日は朝から雨、11時ごろから雪に変わり夕方まで降り続きました。積雪は5cmほど。咲き始めたヒヤシンスに雪が積もっています。

雪ヒヤシンス.jpg

今朝起きるともう雪は消えていました。最高気温は18度、昨日とは15度の差があります。気温の高低が激しいので体調を崩さないようにしましょう。
posted by naoko* at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2018年03月21日

春分の日

春分の日というのになんという寒さでしょう!
東京の最高気温3度 最低2度 冷たい雨が雪になるかもしれないという予報です。

開きかけたバイモ、ボケの花が雨にぬれています。

バイモ..jpg ぼけ.jpg

午前11時すぎ、雨が雪に変わりました。

posted by naoko* at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2018年03月19日

八重の椿 ツバキ

藪椿、侘助、白玉が盛りをすぎ、桜の便りとともに八重の椿が開き始めました。

白拍子 シラビョウシ 純白の八重
雄蕊がニ、三か所にでる牡丹咲き

白拍子1.JPG

紋繻子 モンジュス ユキバタツバキ系
赤地に白の斑入り

八重つばき.jpg

ツバキの名前はネット図鑑を検索して、これではないかと思われる名前を一応書きましたが間違っていたらご教授ください。
posted by naoko* at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2018年03月18日

ニジマスの昆布〆

富士山の湧水で育てられたニジマス(生食用冷凍)を生協で買いました。解凍してそのまま食べられますが昆布〆にしました。余分な水分が吸収され昆布のうまみがぎゅっとつまっています♪

ニジマス.jpg

にじます.JPG

ニジマスの昆布〆

1.ニジマスブロック(生食用冷凍)をパックのまま解凍する 
薄塩をふって昆布2枚で挟む きっちりラップして半日以上おく

2.ニジマスの水分が抜けて色が深みを増したら
ニジマスを薄くスライス ワサビ醤油をそえる にぎり寿司のネタにも

メモ:富士山の湧水で育てられたニジマス(生食用冷凍品)はさっぱりとした脂肪の少ない魚で刺身に向いています。昆布〆にすると旨みが増してさらにおいしくなります。昆布は昨日のアスパラ昆布〆に使ったものを再利用しました。
posted by naoko* at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2018年03月17日

アスパラの昆布〆

昆布〆というと鯛やヒラメなど魚介類が定番ですが、野菜も昆布〆にすると驚くほど美味になります。

今回はアスパラを塩ゆでして昆布で挟みました。昆布のうまみがしみてお酒のつまみに最高です♪

アスパラ昆布.JPG

グリーンアスパラの昆布〆

1.アスパラ1束 根元5cmの皮をピーラーでむき半分に切る
塩小さじ1をいれた湯で硬めにゆでる

2.アスパラの長さに合わせて昆布3枚用意する
昆布に酒少々ふって柔らかくする

アスパラ昆布.JPG

ラップの上に昆布をしく
昆布・アスパラ・昆布・アスパラ・昆布の層に重ねる
ラップでしっかり包み12時間以上〜冷蔵する

アスパラ昆布 (2).jpg

4.アスパラの昆布〆のできあがり
ほんのり塩味と昆布のうまみがしみ込んで絶品 前菜にお酒の当てに

アスパラ昆布漬.JPG

メモ:他に菜の花の昆布〆もお勧めです。残った昆布はだしをとる、豚角煮と一緒に煮るなど余すところなく利用します。

2018年03月16日

初心者でもできるパラパラ炒飯

(昨日のつづき)
孫3のリクエストで炒飯を作りました。初心者でも失敗しない炒飯のポイントは卵と温かいご飯を先に混ぜておくこと。

IMG_4995.JPG

初心者でもできるパラパラ炒飯 一人分

1.ニンニクスライス3枚、ネギ5cm、ハム適量刻んでおく

2.温かいご飯150g−200gにほぐした卵1個を混ぜておく

3.フライパンに油とバター小匙1づついれて温める
2の卵ご飯を鍋にあけ、一息5秒ほどそのままおく
ヘラで切るようにしてパラパラになるまで炒める

3.ご飯を片側に寄せ、隙間にニンニク、ネギ、ハムを入れ炒める
塩胡椒、醤油は鍋肌から垂らして味つける

メモ:卵とご飯を混ぜるという方法はプロの料理人も勧めていますね。べちゃっとするのでは?と思いましたが、お米一粒一粒に卵がからみいい感じにパラパラにできました。レシピを見ながら孫3が炒飯と味噌汁を作りましたが初めてにしては上出来でした。メインは鶏胸肉チャーシュー