2017年10月05日

スンドゥブ 豆腐チゲ鍋

昨夜は十五夜、曇り空で仲秋の名月とまでは行きませんでしたが、時折雲の間からお月様が顏を出してくれました。今朝は最低13度、急に秋が深まっています。

体を温める鍋物、韓国料理スンドゥブ豆腐チゲを作りました。パック入りスープに水、豆腐、卵を足すだけ、カンタンで本格的なお店の味が味わえます。(生協で購入)

スンドゥブ豆腐チゲ.JPG

スンドゥブ 豆腐チゲ鍋 2人分

1.小鍋に水100ml、スンドゥブ1パック200gを煮たてる
豆腐1丁を2分煮る
(豆腐がメインですが、好みで他の具も)
豚バラ肉、椎茸、ネギを入れて一煮立ちする

2.卵を割り入れ蓋をして1分 半熟になったらできあがり
好みでとろけるチーズを入れると辛みがマイルドになる

熱々をはふはふと召し上がれ 体が芯から温まります♪

2017年10月04日

白熱の西武ライオンズ対楽天イーグルス戦

昨夜西武ドーム球場(現・メットライフドーム)では西武ライオンズと楽天イーグルスの白熱したゲームが行われました。テレビもラジオ中継もありませんでしたが、2位と3位を分ける重要な試合でした。現地観戦中の孫から試合リポートがメールで届き、ネット観戦を楽しみました。

野球に興味のない方にはすみませんが^^とても良い試合でした。

左のエース菊池雄星が投げ、ルーキーの源田が快足を飛ばして3塁打、ホームランが4本、10対3で西武の勝ち。ライオンズファンにとっては大満足、イーグルスファンはがっかり^^;ティーンエージャーの孫と野球の話題で盛り上がりました^^

image1.JPG
posted by naoko* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2017年10月02日

紫蘇ちりめん

庭のあちこちに紫蘇が育っています。紫蘇は緑と紫の2種あり、ほぼ1年中使えます。こぼれ種から増えるので素人園芸家にはぴったりの植物です♪

おんぶバッタ.JPG

葉と同じ色のオンブバッタが来ています。穂が出るとそろそろ終わりです。

IMG_3748.JPG

紫蘇の実とチリメンじゃこの佃煮にしました。紫蘇の実の良い香りがします。

紫蘇ちりめん.JPG

紫蘇ちりめん

1.紫蘇の穂のついた茎10本を1時間水にさらす 塩ゆでする
穂をしごいて実をとる 枝についている小さな葉も使う
片手にいっぱいほどの分量になる

2.耐熱容器に紫蘇の実と葉、めんつゆ、酒とみりんをひたひたに入れ、レンジ600W3分加熱する 
味を見て硬いようならもう1,2分加熱する 

3.チリメンじゃこ1パックは熱湯に通しざるにあける
フライパンでチリメンじゃこと紫蘇の実をから炒り ゴマを加える
お皿にあけて冷ます
清潔なビンに詰めれば1週間位保存可能
posted by naoko* at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2017年10月01日

ナスと3色ピーマンの牡蠣醤油炒め

野菜たっぷり、3色ピーマンがカラフルな炒め物です。味付けは牡蠣醤油がポイント。中華のオイスターソースよりクセがなくさっぱりしています。

ナス、ピーマン牡蠣醤油炒め.JPG

ナスと3色ピーマンの牡蠣醤油炒め

1.緑ピーマン1個、オレンジと黄色ピーマン1/4個を千切り
干し椎茸1個もどして細切り
ナス1個斜め薄切り 5分水にさらす
シリコンスチーマーでレンジ600W2分半加熱する

2.調味料を合わせておく:
牡蠣醤油大さじ2、紹興酒大さじ1、酢大さじ1、砂糖小さじ1、豆板醤少々
干し椎茸戻し汁大さじ1(または水)

3.豚バラ肉50gに塩、片栗粉、紹興酒をふりかける
フライパンに油を熱し、豚肉を両面焼き付ける
1の野菜を加えさらに炒める

合わせ調味料を投入 手早く混ぜる 
最後にごま油と酢適量をふりかけて出来上がり

メモ:野菜を炒める時間を短縮するため、レンジで7分通り加熱。
豚肉はだし代わりにほんの少量しか入れていませんが、好みで増量してください。

2017年09月30日

100年前の重箱とお椀

ふるさとに住む従妹から大きな段ボール箱が届きました。祖母のお蔵を整理していたら古いお茶道具がでてきたので送りますとのことでした。黒無地の重箱とお椀は祖母がお茶事用に大正7年(1918年)に誂えたそうです。来年で100年という節目の年に我が家で陽の目を見ることになりました。

八寸三段 重箱

八寸重箱.jpg

お椀はやや浅く蓋はお椀の外側まであるので汁気のないお料理を盛る器のようです。散らし寿司などを盛っても映えるのではないでしょうか。

漆椀.JPG

幼いころ祖母が漆器類をていねいにお湯で洗い布巾でからぶきをしていたのを覚えています。祖母が亡くなってすでに半世紀余りたちますが、傷や汚れもなく100年前のままです。

重箱.jpg

祖母の家紋「松葉に三ツ星」は母から娘へと受け継がれています。結婚すると婚家の家紋に変えるのが一般的習慣だと思いますが、母はなぜか生家の家紋を使い続けていました。一般的に関西では女紋、関東では男紋を継ぐという説もありますが実際はどうなのでしょうか。
明治生まれの母にとって生家の家紋をつけることはささやかな自己主張であり自らのアイデンティティを保つ表現だったのかもしれません。
posted by naoko* at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2017年09月29日

鯛刺身の残りで鯛茶漬

鯛の刺身の残りを醤油漬けにしておいて翌日鯛茶漬けにしました。これがなかなかの美味♪

鯛茶漬.jpg


 
熱々のお吸い物位のだし汁をたっぷりかけ、蓋をして1分むらす

鯛茶漬け.jpg

 
鯛茶漬

1.鯛の刺身を薄口醤油、酒、みりん適量に一晩漬ける
刻み海苔、三つ葉、大葉、炒りゴマ、ワサビ
吸い物程度のだし汁300ml

2.茶碗7分目のご飯をよそい、具をのせる
熱々のだし汁をたっぷりかけ蓋をして1分〜蒸らす
ワサビとスダチを添える

メモ:熱々のだし汁をかけ鯛が霜降り状態になったところを頂きます。
お茶漬けは少な目のご飯がお勧め。画像は130gのご飯ですが、100gでもよいかも。鯛の漬けはもう少し小さく切った方が食べやすいと思いました。

2017年09月28日

ヒメノボタン復活

昨年9月にネットで購入した寄せ植えの花が終わり、そのまま放置しておいたところ新しい芽が出てきました。肥料と水やりをしていたらこんな花が咲きました。

ノボタンをうんと小さくしたヒメノボタン。
ピンクの4弁から5弁の花が次々に咲いています。

ヒメノボタンCU.jpg

ヒメノボタンcu.jpg

ヒメノボタン.jpg

1年後残ったのはヒメノボタン、アイビー、ラベンダーなど。次々に復活するのでどこで終わりにしたらいいか迷っています。
posted by naoko* at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年09月27日

世論調査アンケート ほんもの?にせもの?

05で始まる電話番号で電話がかかってきました。知らない番号には出ないことにしているのですが、たまたま受話器を取ってみると「世論調査アンケートのお願い」でした。自動音声にプッシュボタンを押して答える方式でした。

質問は「性別、年代、選挙に行きますか?支持政党はありますか?安倍内閣を支持しますか?その理由は?」など20問ほどあり合計12分余りかかりました。この種のアンケートに答えたのは初めてのことです。

数日して今度は0120で始まる電話が留守電にかかってきました。フリーダイヤルの番号には出ないことにしていますが、その時は珍しく女声で留守電メッセージがあり「〇〇新聞社の世論調査」と言っていました。三大新聞社の一つなら出てもよかったかもと思いました。

同じ日にまたその電話番号からかかってきたので出て見ました。今度は男性で「〇〇新聞社の世論調査にご協力ください。時間は1,2分です」(あれ?たった1,2分なのね)、第一問が「家族構成を教えてください。18歳以上の家族は何人ですか?」でした。

これは明らかにおかしいですね。選挙のアンケートに家族構成が必要とは思えないし、1,2分で十分な世論調査ができるとも思えない、これは詐欺かもしれない。プライベートな質問にはお答えできません、と電話を切りました。

そして、電話を切るとその後くりかえしかかってきました。もちろん出ませんでしたけど。いたしかたなく拒否設定にしたら、やっと電話のコールがやみましたがその後も着信がありました。なんというしつこさでしょう!大新聞の名前を騙って世論調査を装った詐欺電話だったのかもしれません。
posted by naoko* at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2017年09月25日

球根の植えつけ

秋晴れの気持ちのいい日に秋植えの球根を植えつけました。


スノードロップは2月ごろに純白の花、ハーベルティアは4月ごろに水色の花が咲く予定。

球根2種 (2).JPG

右にスノードロップ、左にチリあやめ。
鉢底に虫よけの網、軽石、土、肥料、土、球根をのせ、最後に土をかぶせてたっぷりの水を遣り完了です。

球根植え付け.JPG

どちらも草丈が10cm位と低く鉢植え向き、その割にお花が次々と咲いて楽しめるとか。来年春が楽しみです。
posted by naoko* at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年09月24日

ミョウガ 茗荷

お庭で採れた泥つきのミョウガ(茗荷)を頂きました。ピリッとした辛みと独特の香りは好き嫌いの分かれるところですが、刺身、豆腐、そうめんなどに我が家では欠かせない薬味です。ナスとミョウガを酢醤油でさっと和えた一品は箸休めにぴったり♪

ナスとミョウガの酢醤油和え

ナス、ミョウガ、大葉和え.jpg

1.ナス1本は縦半分に切り、薄切り
ミョウガ1個は縦半分に切り、千切り
大葉2枚は千切り
4%の塩水に5分さらす しんなりしてアクがでたら水気を絞る

2.1.を大さじ1づつの薄口醤油、砂糖、酢で和える
1時間ほどで食べられる

サラダのトッピングにも合います。

朝のサラダ.JPG