2018年01月11日

群馬の味噌おでん

おでんと言えばどんなものを想像するでしょうか。我が家では大根、こんにゃく、さつま揚げ、竹輪などをおだしでことこと煮た関東風の煮物に辛子と味噌を添えて食べます。しかし「ケンミンショー」の「群馬の味噌おでん」はこんな感じでした。

IMG_4564.JPG

’これはおでんじゃなくて、田楽でしょ?’という意見が他県民から続出していましたが、群馬ではこれがおでんだそうです!

群馬では自宅でこんにゃくを手作りするそうで、こんにゃく自体がおいしいのでしょうね。スーパーで最も上等の「生芋入り手作りこんにゃく」を買ってきて作ってみました。味噌ダレも少し工夫してみました。カンタンで本当に美味しい♪これはいくらでも食べられます。

群馬の味噌おでん

1.生芋こんにゃく1枚を厚めに5−6枚に切り串を刺す
大鍋に湯を沸かし、こんにゃくを投入 5分ゆでる

2.味噌ダレを作る
赤味噌大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ1、酒大さじ1をよく混ぜレンジで1分温める
すりゴマ大さじ1、おろし生姜小さじ1、好みでマヨネーズ大さじ1を加える

3.こんにゃくをお皿にとり、味噌ダレと辛子、柚子千切りをそえる

お正月用の八つ頭(里芋の親芋)にかけても美味

八つ頭味噌田楽.JPG

メモ:串は「生協の焼き鳥つくね串」の串を再利用。爪楊枝でも可。

2018年01月10日

冬休み5 カズオ・イシグロの世界

 IMG_4570.JPG

カズオ・イシグロ 作
『日の名残り』 ブッカー賞受賞
『遠い山なみの光』 
『わたしを離さないで』

カズオ・イシグロ 日本長崎生まれ 5歳の時に両親とともにイギリスに移住、その後イギリス国籍を取得。2017年ノーベル文学賞受賞。

『わたしを離さないで』 原題 Never let me go
深い森とルバーブ畑に囲まれた施設の中で保護官の下クローン人間として育てられた子どもたち。やがてキャシーは介護者に、トミーは提供者となる・・・。何を提供するのか具体的には何も書かれていないが、淡々とした筆致の中に息詰まるような物語が展開する。クローンの子どもたちに親や家族はいない。見知らぬ人の中に「ポシブル」と呼ぶ親の面影を探す子どもたち、人間の心をもち真剣な恋をすれば提供者になるのを猶予してもらえるかもしれない、そんな儚い望みをもつが・・・。

冬休みに以前から読んでみたいと思っていたカズオ・イシグロの作品3冊を読了。読むべきかどうか迷った『わたしを離さないで』は強く印象に残った。
posted by naoko* at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2018年01月09日

冬休み4 八ヶ岳

上り中央高速道沿いから見える八ヶ岳連峰。

八ヶ岳.JPG

昼食は「八ヶ岳SA」でとりました。ここの食堂は地場食材を使ったこだわりのメニューを提供しています。あちこちのSAを試してみましたが、今の所八ヶ岳がお気に入りです。

IMG_4547.JPG

皮がぱりっ!中はカスタードクリームたっぷりのシュークリームはここの一番人気のお菓子です。
posted by naoko* at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2018年01月08日

冬休み3 お土産

旅の終りにその土地らしいお土産を買うのも楽しみの一つです。冬休みからの帰りに立ち寄った塩尻駅構内売店で「りんご乙女」を買いました。リンゴのお菓子はたくさんありますがこれは初めて。

りんご乙女。.jpg

生のリンゴを丸ごとすりおろし輪切りのリンゴをのせて焼いたクッキーでリンゴの香りと味が生きていておいしい♪賞味期限が6か月と長いのもお土産に適しています。
「りんご乙女」 長野県 マツザワ製
posted by naoko* at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2018年01月07日

冬休み2 食卓

お正月三が日の食卓です。先ずはお屠蘇とお雑煮。昆布と鰹節、焼きアゴなどでだしをとり味付けは塩、酒、うすくち醤油。具は、大根、人参、椎茸、三つ葉、鶏肉、柚子。お餅は山形の丸餅。

IMG_4481.JPG

夕食は家族全員が楽しみにしているローストビーフ。今年は宮崎牛のランプ1,1キロ。塩胡椒、にんにくをすり込んで表面を焼き、140℃のオーブンで1時間焼成。よく冷ましてから薄切りに。レシピ詳細はこちら

ローストビーフ.JPGローストビーフ

IMG_0061.jpg鴨ローストお狩場焼き風

料理の作り方を説明し、あとはすべて若い人たちにバトンタッチ。娘夫婦が料理を分担、孫たちがお手伝い。上げ膳据え膳のラクちんなお正月です♪お雑煮もローストビーフもなかなか上手にできていました。肉の焼き加減については’評論家たち’の意見が分かれましたがすべて完食しました^^
posted by naoko* at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2018年01月06日

冬休み1 カメムシ騒動

冬休みから戻りました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

山1.JPG

今年の積雪は50cmほど、最低気温マイナス6度、昨年より雪も多めで長靴が必須でした。山道を除雪車が忙しく往復しています。長野県北部で。

除雪車 (640x424) (480x318).jpg

山の中には虫や小動物が多く住んでいますが、今年はなぜか家の中にカメムシが大量に入り込んでいました!カメムシは越冬中で動きがゆっくりなので、ティシューでつまんで外へ出してやりました。約100匹はいたでしょうか、やれやれ。

ネット情報によると「ラニーニャ現象が起きた年には大雪が降りやすくカメムシが大量発生する」そうです。長野県内だけでなく、関西地方でもカメムシが大量発生しているそうで全国的な現象かもしれません。

帰宅後バッグを整理していたら黒い虫が1匹ぴょん!と飛び出してきました!カメムシは行方不明で目下捜索中。春になったらあのカメムシの子孫が家の中で増えるのではないかと戦々恐々です^^;
カメムシのはなしによると大多数のカメムシはいいカメムシで益虫なのだそうです。
posted by naoko* at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2017年12月30日

冬休み

暮れも押しつまりいよいよ残り1日となりました。

スイセン、マンリョウ.jpg

マンリョウの赤い実をバックにニホンスイセンが咲いています。

今年一年ブログと掲示板をご訪問くださった皆さま、楽しいひとときをありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。
明日からしばらく冬休みに入ります。どうぞ良いお年をお迎えください。
続きを読む
posted by naoko* at 11:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年12月29日

炊飯器で黒豆を煮る

お正月用の黒豆を煮ています。近年は我が家のおせち料理の品数も少なくなり、内容も変わってきましたが黒豆は外せません。

黒豆。.JPG

黒豆の甘煮 中ビン5個分

1.丹波大粒黒豆1袋250gを洗ってザルにあげる
黒豆と熱湯1,2リットル、重曹一つまみを炊飯器の内釜にいれ一晩おく

2.砂糖200g、塩小さじ1、醤油大さじ2を入れ、おかゆモードで炊く 終了したらそのまま保温で1時間おく
もう一度おかゆモードと保温、を繰り返す 豆を指でおしてつぶれるほど柔らかくなったら終了

3.黒豆と煮汁を鍋に移し蜂蜜大さじ1を加える ガス火で10分煮詰める 豆にからむ位とろっとしてきたら出来上がり

4.中ぐらいのビン5個を煮沸消毒して黒豆と煮汁を詰める 未開封なら3か月以上保存可能

黒豆.JPG

メモ:以前はガス圧力鍋で煮ていましたが、今回は炊飯器で炊きました。おかゆモードで合計5時間じっくり時間をかけて炊き上げたので豆の割れもなくふっくらとできました。
先日購入した電気圧力鍋にも黒豆レシピがありますが、豆150gまでしか炊けません。二度に分けて調理するのは面倒なので諦めました。やはり少量鍋の限界ですね^^;
posted by naoko* at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2017年12月28日

イチゴジャム 柚子の香り

冬のイチゴが出回ってきました。とちのか、さちのか、さがほのかなど種類も豊富です。今回はしっかりした果実のとちのかと庭の柚子でジャムを作りました。真っ赤なイチゴジャムは家族みんなが大好き、ジャムの王様です。

イチゴジャム.JPG

イチゴジャム 柚子の香り ジャム中ビン2個分

1.イチゴ2パック 500g 洗ってヘタをとり半分に切る
琺瑯かステンレス鍋にイチゴ、砂糖100g(イチゴの20%)、姫柚子1個の絞汁を入れ15分おく 

2.イチゴからじゅわーっと汁が出てきたら中火にかけアクをとりながら10分煮る
弱火にして10分〜煮詰める イチゴが透明になりとろりとしてきたら出来上がり

3.ガラスビン、蓋、スプーンなどを10分煮沸消毒してジャムを入れる
中ぐらいのビン2個分 未開封なら長期保存可

メモ:レモンの代わりに姫柚子を使用。本当は春先の小粒イチゴがジャムに適していますが、待ちきれず大粒イチゴを半分に切ってジャムにしました。冬休みに少しづつ味わうのが楽しみです。
posted by naoko* at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2017年12月27日

パシーマ パットシーツ

パシーマをご存じですか?薄い天然素材を重ねてキルティング状に縫い合わせた夏涼しく冬温かいシーツです。

パシーマ (2).JPG

お友達からパシーマがいいと聞き購入しました。洗濯するほどにふっくらして柔らかく包み込むような感触があります。ベッドで横になると肩や腰の関節が痛みますが、パシーマを敷くと当たりが軟らかく、睡眠の質がよくなった(個人的な感想です^^)ような気がします。まだ使い始めて日が浅いので1年位経ったらまたご報告しましょう。

パシーマ.JPG

体調を崩している方、アレルギーの人、高齢の方に喜ばれるのではと思います。詳細はパシーマ