2016年12月26日

黒豆

クリスマスが過ぎて今年も残り僅かになりました。お正月の準備を少しずつ始めています。まずは保存の利く黒豆を炊きました。

黒豆.jpg

黒豆

1.丹波大粒黒豆 1袋 200g
水洗いして1.2リットルの水に一晩浸ける

2.圧力鍋に入れ火にかける 浮いてきたアクをとる
蓋をして圧力をかけ5分加熱 15分蒸らす

3.蓋をあけて豆が柔らかくなったのを確かめ
砂糖170gを2回に分けて加え、塩小さじ1/2を加える
煮汁がひたひた位になるまで煮詰める
一晩おいて味をなじませる 甘さは控えめ
煮沸消毒したビンに詰める 長期保存が可能

メモ:黒豆は15年産(前年)使用 新豆の場合は加熱時間を短めにする
posted by naoko* at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2014年12月27日

黒豆を煮る

黒豆.JPG

気がつけば今年も残り5日となりました。そろそろお正月の用意をしなければ・・・と黒豆の準備をしています。昔は7,8時間かけて大鍋で炊いたものですが、今は圧力鍋で5分、煮詰める時間を入れても1時間で済みます。

「丹波大粒黒豆 2L」を買いました。なんだか豆の量が少ないなと思ったら150gでした。数年前までは250g〜300gだったのに、価格は据え置きで量が減っている品物が増えています。バターしかり、ハムソーセージ、チョコレートも。じわりじわりと物価が上昇しているのを感じます。

黒豆

1.黒豆(今回は150g)を洗って圧力鍋に入れ4カップの熱湯、重曹小さじ半分、古釘を加え一晩おく

2.つけ汁のまま火にかけ、沸騰してきたらアクをとる 蓋をしめて5分圧力をかけ火を止め15分蒸らす。

3.キビ糖120gを加えとろとろと煮詰める 塩小さじ1/2、薄口醤油小さじ1を加え落とし蓋をして煮る 煮汁がひたひたになる位がちょうどよい

4.ガラス瓶と蓋を10分煮沸消毒して黒豆を詰め煮汁もひたひたにいれる 消毒しないとカビが生えることがあるので必ず煮沸消毒するのがポイント 未開封なら数か月保存可能

メモ:いつもは醤油を最後に入れますが、今回は添付のレシピ通り塩と醤油を入れました。塩味が強すぎるかなと思いましたが、甘じょっぱさが引き立ってこれもいいものですね。
「錆びた古釘」を入れる代わりに「南部鉄器ナス」をティーバッグに包んで入れています。

posted by naoko* at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2012年12月29日

数の子八方だし漬け

数の子.jpg 
数の子塩抜き.jpg数の子塩だし中

数の子の八方だし漬けができました。
お正月のおせち料理は年々少なくなっています。数の子などほんの数品を家で用意してあとは市販品を購入、お屠蘇とお雑煮で元旦を迎えます。皆さんのお家ではどんなふうにお正月を迎えられるのでしょうね。

数の子の八方だし漬け

1.塩数の子10本 500g 水3リットルに塩大さじ1の薄い塩水に漬けて塩だしする
2.6時間水を取り替えながら塩抜きする 塩味が少し残るくらいで引き上げ皮や筋を取り除く 一口大に切る
3.鰹だし2カップ、薄口醤油30ml、みりん30mlを煮たて冷ます 数の子、柚子の皮少々を漬ける
posted by naoko* at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2011年12月29日

よいお年を〜♪

黒豆角皿.JPG



お正月用の黒豆がふっくらと炊き上がりました。
おせち料理には欠かせない黒豆です。
消毒したビンに詰めておくと数ヶ月は保存できます。
圧力鍋で作る黒豆レシピはこちら。

あと3日寝るとお正月。
1年があっという間に過ぎてしまいました。
明日からしばらく冬休みに入りますのでブログもお休みいたします。
掲示板のお返事が遅れますが、
戻りましたらお返事いたしますのでしばらくお待ちくださいませ。

今年1年間のお付き合いをありがとうございました。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

posted by naoko* at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2010年12月31日

伊達巻、五目なます

伊達巻、五目なます.JPG

今日は大晦日。いよいよ押し詰まってきました。
おせち料理の伊達巻は市販品を買いますが、実は我が家ではあまり売れ行きがよくありません。おいしい伊達巻を家庭で作る方法はないかと探していたらはんぺんで作る簡単なレシピを見つけました。一口サイズの伊達巻で甘さ控えめの上品な味です。

もう一つ、いつもの紅白なますの代わりに五目なますを作りました。材料は大根、京人参、キュウリ、レンコン、椎茸の五種類。柚子の絞り汁と刻んだ皮を加えます。野菜の少ないおせち料理なので多種類の野菜をとれる酢の物をたっぷり用意しました。
レシピへ
続きを読む
posted by naoko* at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2010年12月26日

数の子

かずのこ.JPG

クリスマスも過ぎて、もういくつ寝るとお正月・・・。
すこしずつおせち料理の準備をしています。
数の子は薄い塩水で6〜8時間、時々水をとりかえながら塩抜きします。塩を抜きすぎると苦味が出てしまうので塩味が少し残るくらいにして薄皮をむきます。重曹を少しなでつけると皮がむき易くなりますが、今回はキッチンペーパーや爪楊枝を使って水洗いしながら皮を取り除きました。八方だしに3日ほど漬けるとだしのうまみを吸って塩味がまるくなります。

数の子 八方だし漬け
●塩抜きした数の子5羽
●かつお昆布だし1カップ、薄口醤油大さじ1、みりん大さじ1を煮立てて冷ましたもの
●柚子の皮適宜

posted by naoko* at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2010年12月22日

丹波大粒黒豆を圧力鍋で

丹波大粒黒豆.JPG

少し早めですがお正月用のおせち料理を用意しています。先ずは保存の利く黒豆を煮て瓶詰めにしておきます。以前は黒豆を煮るのに8時間もかかりましたが、圧力鍋があれば数分でふっくらと出来上がります。黒豆は小粒のもの、平たいもの、大粒と色々な種類がありますが、我が家では丹波大粒を使用しています。

黒豆、小鉢.JPG

続きを読む
posted by naoko* at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2009年12月30日

数え日、数の子

kazunoko-zuke.JPG
もういくつ寝るとお正月・・・指折り数えながら待った幼い子供のころ。楽しみはお年玉とまっさらな肌着を下ろしてもらうことでした。そんなことを懐かしく思い出しながら数の子の下ごしらえをしています。「数え日」は年末の数日を指す冬の季語。

おせち料理に欠かせない数の子ですが、下準備にかなり手間がかかります。面倒なので出来合いの味付け数の子を購入したこともありますが、やはり一味違いますね。今年も塩抜きに一晩かけ、冷たい水の中で皮むきをしています。この皮むきというのが手ごわい・・・ぬるぬるしてなかなかむけません。「今日の料理」によると皮をむくときに重曹を使うとむきやすいとのこと。早速試してみました。
続きを読む
posted by naoko* at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2009年12月23日

丹波黒豆

kuromame.JPG
暮れも押し詰まり、おせち料理の準備を始めています。まずは保存食の黒豆から。黒豆にもいろいろな種類がありますがやはり味形ともに丹波大粒黒豆がナンバー1でしょうか。
昔は8時間ぐらいかけてことことと煮ていましたが、今は圧力鍋で時間短縮ができるのでずいぶん楽になりました。お砂糖を加えてからは吹きこぼれやすいので、お鍋につきっきりです。最後の5分で失敗しないように・・・。さあ、ふっくらといい感じに炊き上がりました。
続きを読む
posted by naoko* at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理