2017年05月03日

春キャベツ豚肉生姜焼のせ

春キャベツをもりもり食べよう〜!というお料理。春キャベツは手でちぎる、豚肉は生姜焼きで汁ごとキャベツにかける。若い人が少ない材料でカンタンに作れるように工夫された料理番組「NHKビギナーズ」より。テレビで詳しい分量は不明ですが目分量で作ってみました。ちょっと濃い目に味つけた豚肉でご飯が進みます。

春キャベツ豚肉のせ.JPG

春キャベツ豚肉生姜焼のせ

1.春キャベツの芯に近い所を3枚、多いかな?と思う位手でちぎって皿にのせる キャベツをかじってみる 生のままでは硬いと感じたら皿ごとレンジで1分温める

2.フライパンで油を熱し、生姜千切り大さじ2、豚肉薄切り100gを炒める

3.醤油、砂糖、みりん、酒を大さじ各1、胡麻油少々投入、汁が少し残るまで煮詰める 味を見て塩加減を調整する キャベツの上に汁ごとのせる
調味料はめんつゆか焼肉のタレを利用してもOK

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日五月三日は憲法施行70周年記念日。新憲法が施行された1947年から2017年まで日本が戦争を行わなかったことが一番大きな功績だと思っています。いかなる理由があっても戦争をしない、というのが私たち戦争を知る世代の願いです。

posted by naoko* at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2017年04月03日

鶏肉のぽん酢さっぱり煮

’鶏肉に味ぽん+水1:1=ジューシーふっくら鶏の煮物ができます〜♪そんなCMにひかれて作ってみました。ちょうど賞味期限の過ぎたぽん酢を一気に消費できました。

鶏手羽ポン酢.JPG

鶏肉のぽん酢さっぱり煮

1.鶏手羽 5本 300g
ぽん酢100ml 水100ml〜120ml
生姜薄切り、ニンニク1片つぶす

2.鍋に1の材料をすべて入れる
中火〜弱火で10分煮る
その間に卵2個を10分固ゆでして皮をむく
鍋にゆで卵を加え、さらに弱火で10分煮る 出来上がり

メモ:元レシピ の半分の量でパプリカなしで作りました。レシピでは「ミツカン味ぽんと水を同量」ですが、メーカーによってぽん酢の味が違いますので、味を見て水を増減してください。
posted by naoko* at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2017年03月16日

豚キムチ

定番の豚肉キムチに豆腐を加えました。
豆腐にキムチ味がしみてボリュームアップ。旬の菜の花を彩りに。

豚キムチ.jpg

豚キムチ

1.豚肉薄切り50g キムチの漬け汁をまぶし粉をふる
白菜キムチ適量
豆腐半丁 レンジで1分温め切る
菜の花適量3cmに切る 

2.フライパンにゴマ油を熱し豚肉を焼き、キムチを加えて炒める
だし汁、酒、塩胡椒、醤油で味を調え
豆腐、菜の花適量を加えて炒める
posted by naoko* at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2017年03月15日

肉巻きマッシュポテト

マッシュポテトを薄切り肉で巻いたコロッケのようなおかずです。油で揚げないのでコロッケより調理がカンタンでローカロリー。

ポテト肉巻.JPG

肉巻カット.JPGカットしたところ

肉巻きマッシュポテト

1.じゃが芋中2個200g シリコンスチーマーで5分竹串がすっと通るまで加熱 皮をむいてつぶす マヨネーズ、塩胡椒で味つけ6等分する

2.豚肉しゃぶしゃぶ用薄切り6枚を広げポテトをのせくるくると巻く

肉巻.JPG

3.フライパンに油を熱し肉の巻き終わりを下にして全面を転がしながらこんがり5分焼く 

4.火を止めて余熱でトマトケチャップ大さじ2、マヨネーズ大さじ1、酒大さじ2、醤油小さじ1をからませる

5.お皿に盛り、野菜を添える

メモ:豚肉薄切りは切り落としでもOK.じゃがいもは男爵でもメイクイーンでも。少ないお肉でボリュームがあり、冷めても美味しいのでお弁当のおかずにも最適。

posted by naoko* at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年12月25日

ロースト・チキン

クリスマスイブの夕食にロースト・チキンを焼きました。鳥取県大山産の地鶏をオーブンで1時間半焼いたところです。

ローストチキン1.JPG

今年のロースト・チキンの焼き加減はどうでしょうか。皮がぱりっ!肉はジューシーでいい感じ♪塩加減もちょうどいいようです。今年のレシピです。

ロースト・チキン 4人分

ローストチキン.JPG

1.ロースト・チキン用丸鶏一羽 2,5kg
塩0.8%(21g)、粗挽き胡椒、おろしにんにく、プロバンスハーブを全体によくすりこむ
お腹の中にも同様に塩胡椒する 紐で足をしばり形を整える
天板にくず野菜を敷き、チキンをおく オリーブ油を垂らす

2.200度に予熱したオーブン下段にいれ、90分焼く
途中前後を入れ替え、焦げるようなら180度に下げて焼く
加熱終了後、15分そのままおいて蒸らす

3.グレービーソース
チキンを大皿に取り出す
天板に残ったくず野菜を取り除き、チキンの肉汁を小鍋に移す
バターとワイン少々を入れ煮詰める 
チキンを卓上で切り分け、グレービーソースをそえる

前菜はサラダ、ピクルス、スモークサーモン
デザートは苺のショートケーキ

ケーキ.JPG

メモ:チキンは焼きたてがベストなので、食べる時間から逆算して2時間前に焼き始める。
おまけ:チキンを食べ終わった後の鶏ガラと野菜を煮て翌日スープにする。二度楽しめる♪
posted by naoko* at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年12月10日

小松菜と豚肉オイスターソース炒め


小松菜豚オイスターソース.jpg

冬の青菜の代表と言えば小松菜とほうれん草ですが、小松菜にはカルシュームと鉄分が多く含まれるそうで女性にお勧めの野菜です。5分でぱぱっとできるオイスターソース炒めはいかがですか。

小松菜と豚肉のオイスターソース炒め

1.小松菜一束 洗って3cm長さに切る 茎と葉を分ける
豚肉薄切り100g 一口大に切る

2.フライパンに油をひき、豚肉を並べ焼き目をつける
シャンタン小さじ1をほぐしてふりかける
小松菜の茎、葉をのせる
オイスターソース大さじ1、酒大さじ1を加え蒸し焼きにする 

posted by naoko* at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年10月23日

鶏もも肉のニンニク酢焼き

IMG_1055.JPG

わが家の定番 鶏もも肉のニンニク酢焼きです。鶏肉にたっぷりのニンニクを挟み酢をふりかけてオーブンで焼くだけの簡単料理ですが、酢が鶏肉のくさみをとりうまみをひきたて驚くほどジューシーに!

鶏もも肉のニンニク酢焼き

1.鶏もも肉1枚に塩胡椒する 
ニンニク1片薄くスライス 肉の皮を少しめくって間に挟む

IMG_1048.JPG

2.耐熱皿に肉をおき、純米酢50mlをかける
190度のオーブンで40ー45分焼く

鶏もも酢焼.JPG

3.切り分けてグレービー(肉汁)をたっぷり添えて召し上がれ

posted by naoko* at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年10月01日

豚ロース味噌漬け


豚ロースブロックを5割引きセールでゲット。さて、これをどうしましょうか。丸ごとローストポークにしてもいいのですが、今回は厚切りの味噌漬けにしてみました。
イワシの蒲焼のタレの残りに肉を一晩漬け込んでみたらこれがぴったり♪白いご飯によく合います。

豚ロース味噌漬.JPG

豚ロース味噌漬け

1.豚ロースブロック300〜400gを2枚に切る 筋切りをしてたたく
甘辛の味噌ダレを全体にぬる

タレの材料:大さじ各4のみりん、酒、煮たてる
大さじ各2の砂糖、醤油、味噌 加えて煮る
小さじ各1の生姜汁、ニンニク汁、梅酒、あれば花椒適量を加え混ぜる

2.一晩おいた豚味噌漬けの味噌をふきとる
フライパンに少量の脂を熱し豚肉を中火でこんがり焼く
ひっくり返してアルミ箔で覆いお皿を載せて肉をぎゅっと平に押す 
蓋をして中弱火で2〜3分加熱 七分通り火が通ったら火を消して5分余熱でおく
粗熱がとれたら斜めにスライスする

メモ:一晩味噌漬けにした豚肉はしっとり柔らか。火加減が強すぎると肉が硬くなってしまうので中火から弱火で蒸し焼きにする、最後は余熱で火を通す。(テレビの料理番組からの豆知識)

posted by naoko* at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年09月18日

チキン手羽先の照り焼き


IMG_0778.JPG

新しいオーブンのメニュー集からチキン照り焼きを作ってみました。
タレにつけた骨つきチキンをオーブンに放り込んで30分焼くだけ。実にカンタンです♪
グリルかフライパンで焼いてもいいのですが、オーブンは四方八方から熱が入るので万遍なく焦げ目がつくのがいいところです。

チキン手羽先の照り焼き

1.チキン手羽4個にナイフで切れ目を入れる
焼肉用のタレ大さじ4に半日〜一日漬け込む

2.天板にオーブンシートをのせ肉を並べ炒りゴマをふる
オーブン上段に天板を入れる
オーブン予熱なし210度で30分〜

メモ:焼肉のタレは「ジャン生」モランボン使用
posted by naoko* at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年07月29日

鶏手羽元と梅酒の梅炊き合わせ


昨年漬けた梅酒の梅がたくさんあります。このまま食べたり、ジャムにしたりしていますがなかなか使い切れません。何か良い利用法はないでしょうか。
梅酒をたっぷり含んだ梅の実を鶏手羽元と一緒に煮こみました。

梅酒の梅.JPG
鶏、梅煮.JPG

鶏手羽元と梅酒の梅 炊き合わせ

1.鶏手羽元4本 皮目に切れ目を入れる
人参乱切り、モロッコインゲン5本、生姜スライス3切

2.フライパンにごま油を熱し、鶏手羽元、人参、生姜を炒める
酒、みりん、酢、醤油、砂糖適量(大体大さじ2ずつ)梅酒の梅3個 
材料がかぶる位の水を加え中火で煮立て蓋をして弱火で20分煮る 
最後にインゲンを投入5分煮る
posted by naoko* at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年07月21日

「桜姫」鶏手羽元酸っぱ煮


鶏酢っぱ煮.jpg

「北海道産桜姫」という鶏肉がスーパーに入荷していました。当地のスーパーでは主に房総鶏、五穀味鶏などが売られていますが、北海道産は初めてです。透明な桜色が特徴で鶏肉臭が少なく食べやすい、ビタミンEが豊富とか。

たっぷり身がついた骨付きの手羽元を購入、酸っぱ煮にしました。
酸っぱ煮は酢をたくさん入れますが酢のうまみだけが残りそんなに酸っぱくありません。鶏のくさみがとれて美味しく食べられるので鶏料理には必ず酢を入れています。

鶏手羽元酢っぱ煮

1.鶏手羽元5本 皮に2か所切れ目を入れる
人参は乱切り 生姜スライス適宜
結び白滝1パック

2.フライパンにごま油を熱し、鶏肉に焼き目をつける
生姜、人参、白滝を加えて炒める

3.酒とみりん大さじ2ずつ、酢大さじ3
醤油大さじ3(薄口と濃口を半々)
蜂蜜大さじ1(または砂糖)を投入
だし汁か水をひたひたに加える
落とし蓋をして20分煮る
煮汁が少し残る程度に煮詰まったらできあがり
posted by naoko* at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年04月28日

チキンのトマト煮

チキントマト煮.jpg

スーパーの試食で「チキンと彩り野菜の完熟トマト煮」を味見して購入しました。肉を炒めて5分煮込むだけというフレッシュなソース(冷蔵)です。ソースを作る暇のないときに便利そう。野菜がたっぷり入っているのもいいですね。
独立して自炊を始めた孫たちが使えそうなものはないか・・・と野菜たっぷりのレトルト食品をいろいろ試しています。

チキンのトマト煮ラタトゥイユ風

1.鶏もも肉1枚 一口大に切り塩胡椒する
フライパンに油少々を熱し鶏肉の両面を焼く

2.トマトソース1袋を投入 5分煮込む 
刻んだイタリアンパセリをちらす
ご飯を添えてカレーライスのようにして召し上がれ

p2_item01140827.jpg
明治 Daily rich 具だくさんクッキングソース
チキンと彩り野菜の完熟トマト煮用
posted by naoko* at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年04月22日

煮豚

煮豚.jpg

食べ盛りの男の子たちにがっつり肉を食べさせたい時の定番料理「煮豚」。先日娘宅の食事会で出されたのがとても美味しかったのでレシピを教えてもらいました。

20年来作っているという「男の料理」は豚肉がとろとろに煮えていて以前より格段に味がアップしていました^^
料理本ではポットローストと呼ばれる調理法ですがフライパン一つで作れるので、オーブンが苦手という方にもお勧めです。

煮豚

1.漬けだれ
生姜一塊、長ネギ10cmみじん切りにしてたたく
醤油と酒 各大さじ4
砂糖とみりん 各大さじ2 を混ぜる

2.豚ロース(今回はバラ)ブロックを漬けだれに3時間漬け込む

3.フライパンで肉の表面を焼く
漬けだれに水1カップを加えてフライパンへ 肉が半分水没する状態で沸騰したら弱火で40分 蓋をして蒸し煮する
肉を取り出し薄切り 残りの煮汁を煮詰めて肉に添える ゆでた青菜、さらし玉葱を添える
posted by naoko* at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年04月03日

鶏グリル焼き ネギポン酢あえ

鶏ポン酢.JPG

新聞に出ていた料理を作りました、と友人からメールがきました。鶏もも肉に塩胡椒してグリルで焼くだけ、材料がすぐ手に入るしカンタンでおいしいとのこと。

早速作ってみました。なるほど!同じ材料でもフライパンで焼くのとずいぶん味が違うのにびっくり!グリルで焼くと油が要らない、不要な油が下に落ちて焼き鳥のような風味になる、カロリー減になる、などの発見がありました。参考にしたレシピは料理メモ 鶏のポン酢あえ

鶏グリル焼き ネギポン酢あえ

1.鶏もも肉1枚を半分に切り包丁で水平に開き1cm厚さにする 
塩胡椒して皮目を上でグリル中火で5分、返して3分焼く 
(鶏肉の代わりに豚カツ用肉で代用してもOK)

 
2.粗熱をとって切り分け皿に盛る ポン酢をかけ、ネギ小口切りをたっぷり散らす

3.もやしナムルを添える 
もやし1袋レンジでチン、塩、胡麻油、煎り酒(または薄口醤油)で和える

メモ:魚をグリルで焼くときは汚れないようアルミ箔を使っていますが、鶏肉はアルミ箔無しで焼きました。皮目がパリッとしてこの方がおいしいと思います。
posted by naoko* at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年03月28日

チキン・アヒージョ

アヒージョ1.JPG

鶏手羽先のアヒージョ スペイン風おつまみです。
今回は市販「アヒージョの素」とオリーブ油であっという間にできました。粉末調味料は初めて使いましたが、塩胡椒、ニンニク、ローズマリーなどの味付けのバランスがちょうど良く魚介類のほか、鶏肉、炒め物などにも合います。

チキン・アヒージョ

1.フライパンにオリーブ油大さじ4とアヒージョの素1袋を混ぜる
鶏手羽肉200gは皮目に切れ目を入れ混ぜる

2.中火で時々かき混ぜながら5分〜煮る

3.鶏に火が通ったら煎りゴマをふる

メモ:アヒージョの素は味が濃いので、味を見ながら量を加減した方がいいかもしれません。

ahiijyo_no_moto.jpg
posted by naoko* at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年03月06日

スパイシー・ローストチキン

骨付きの鶏もも肉にスパイスとハーブをたっぷりふってオーブンで焼きました。開いたもも肉でもできますが、骨の周りの肉がおいしいので骨付きの方がおすすめです。焼きたてを手づかみではふはふと召し上がれ♪

005.JPGオーブンへ

スパイシーチキン.JPG焼き上がり

スパイシー・ローストチキン

1.鶏もも肉骨付き1本を関節で半分に切り皮にXの切れ目を入れる 皮と身の間にニンニクスライス6枚はさむ

塩胡椒、カレー粉、プロバンスハーブ(ミント、タイム、ローズマリー)適量
酢大さじ3をふり、ローリエ、ローズマリーの枝をのせる

2.180度に予熱したオーブンで40分焼く 
器にチキンと温野菜を盛り付け、チキングレービー(焼き汁)をそえる

メモ:プロバンスハーブはミント、タイム、ローズマリーのミックスされたものでフランスからのお土産です。なければ手持ちのハーブ単品で、タイムだけでもかまいません。
posted by naoko* at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年02月04日

ロールキャベツ


ロールキャベツ.JPG

大きな冬キャベツが手に入ったので、久しぶりにロールキャベツを作りました。
中に入れる挽肉の餡は前日のうちによく混ぜて10等分し冷蔵庫に寝かせておきました。

ロールキャベツ.JPG

ロールキャベツ 10個分

1.キャベツの芯をくりぬき、レンジ600W5分加熱してから、葉を10枚流水ではがす 硬い筋をとる

2.牛豚合挽き肉300gに塩胡椒、ナツメグ、玉ねぎ、人参、茸、生姜みじん切り200g、パンを牛乳に浸したものをよくまぜ10等分する
追記:パンの代わりに冷やご飯1椀分を水洗いして絞り加えると肉がぱさつかない

3.キャベツを広げて2.をのせ包み爪楊枝で留める
鍋にきっちりと隙間なく並べ、ひたひたのだしを加えて10分煮る 

4.キャベツを取り出して煮汁にトマトソース(缶詰)、生トマト1個加えて煮詰め、塩胡椒、ケチャップ、ローリエ1枚、バターで味を調える
キャベツを戻して柔らかくなるまで煮込む 
仕上げにサワークリーム大さじ2を加え一煮立ちしたらできあがり

メモ:フレンチの坂井シェフによると、「ロールキャベツの葉は大鍋でゆでながらはがしてすぐ氷水に浸け冷やす、1個につき大小2枚の葉を使う。餡にはパンより冷やご飯を水洗い絞って入れると肉がぱさぱさにならない」とのこと。次回はその方法でやってみたいと思います。
posted by naoko* at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年01月14日

チキンのレモン焼き


鶏ももレモン焼。.JPG

お庭になったレモンを頂きました。市販のレモンよりずっと大きくてジューシーなレモンです。いつものチキンの酢焼きの酢の代わりにレモン汁を絞ってチキンにたっぷりかけて焼きました。レモンの酸味はほどよく消えて旨みが凝縮されています。こんがり焼けた皮がパリッとして美味♪

鶏ももレモン.JPG

チキンのレモン焼き

1.チキンもも肉1枚に塩胡椒、ニンニクスライスたっぷり 皮と身の間にはさむ

2.耐熱皿にチキンの皮目を上におき、レモン汁を50mlかける

3.180度に予熱したオーブンで40分〜45分焼く
粗熱をとって切り分ける
posted by naoko* at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年01月06日

ローストビーフ、サンドイッチ


ローストビーフ。.JPG

お正月に焼いたローストビーフです。肉質分量、調味料、温度、時間など毎回少しずつ違うのでまだまだ試行錯誤中です。いつもは塩胡椒、ニンニク、ハーブで味付けますが、今回はお店からついてきたローストビーフ用シーズニングを使ってみました。これは残念ながら不評だったので、次回は我が家風味付けに戻そうと思います。今までで一番おいしかったのはこちらです。

ローストビーフの切り落としで翌日はサンドイッチを作ります。これもローストビーフを焼いた時の愉しみです。パン焼き器で食パンを焼き、6枚にスライス。バター、辛子をぬり、ローストビーフとハムの切り落とし、キュウリをのせ、マヨネーズとケチャップをかけて挟みます。ラップでしっかり包んでしばらく重石をかけて落ち着かせてから切ります。

RBサンド.JPG

先に電車で帰宅する孫たちのための「ローストビーフ弁当」です。

ローストビーフサンド.JPG

posted by naoko* at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2015年12月26日

ローストチキン

クリスマス恒例の丸鶏のローストです。首と尾つきのちょっとグロテスクな姿ですが、丸ごとの鶏をお家で焼いて肉汁でグレービーソースを作ると最高です。調理と切り分けの担当は今年から若い人にバトンタッチしました。
取り寄せの 「東京食通人 匠の大山鶏

IMG_3628 (500x357).jpg

前菜はサラダと生ハム 卵のピクルス

IMG_3627 (500x375).jpg

ローストチキン 4人分

1.丸鶏一羽 2500g 0.8%の塩(21g)、粗挽き胡椒、プロバンスハーブを全体によくすり込む
ローズマリーの枝、にんにく適宜を腹の中へ詰める 

2.200度に予熱したオーブンで45分、180度で45分焼く
途中トレーの前後を変える 串をさして澄んだ肉汁が出てきたらできあがり
お皿に取り出して15分おき肉汁を安定させる

3.トレーに残った肉汁に白ワインかシャンパンを1カップ投入、肉エキスをこそげとり小鍋に移す バター20gを加えて煮立てグレービーソースを作る 味を見て薄ければ塩胡椒する

4.チキンはもも、手羽を切り分け、グレービーソースをかけて食べる

メモ:食べ終わった後の鶏ガラはすべて回収、野菜とともに煮てポトフにする
posted by naoko* at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)