2017年05月11日

コゴミの白和え

5月の山菜コゴミを白和えにしました。コゴミと人参を塩ゆでして「白和えベース」で和えたもの。特に加えるものはなくレシピもありません。

材料はコゴミ1パック7〜8本、人参適量、白和えベース1パック

こごみ白和え.JPG

白和えの衣はすり鉢でゴマと豆腐を擂って作りますが一手間かかります。今回は生協の「白和えの素」を初めて使ってみました。味つけは家庭の白和えに近く、人参、ゴボウ、椎茸が入っています。少量使い切りパック2個セット。

2017年04月22日

ルッコラの生ハム巻

ルッコラに花が咲き、隣のクレマチス・モンタナの蔓が伸びてからみそうになっています。蔓がからんでしまったら一大事!というわけでルッコラを根元からすべて刈り取りました。

ルッコラ.jpg

ルッコラの葉と花を生ハムで巻いてスイートチリ・ソースを添えてエスニック風前菜に。

ルッコラ生ハム巻き (2).jpg

ルッコラの生ハム巻き

1.ルッコラの葉と花、キュウリ千切り、バジルを芯に

2.生ハム、チーズ、サーモンを重ね、野菜を巻く

3.スイートチリ・ソース(ユウキ製)と酢を半々に合わせて添える
またはマヨネーズを一緒に巻いてもOK

今年のルッコラの肥料はHB−101の1000倍液を使ったせいかよく育ちました。虫もほとんどつかず大きい葉はほうれん草位、高さ50cmほどになりました。冬から春へ長く楽しませてくれましたが今年のルッコラもこれで見納めです。

2017年04月08日

春野菜の浅漬け

柔らかなカブを主に春野菜のいろいろを浅漬けにしました。サラダ代わりにもなって便利。

カブ浅漬け.jpg

春野菜の浅漬け

1.カブ3個は1cm厚さに乱切り 
軟らかい葉と茎5本は3cmに切る
キュウリ、パレルモ 適量乱切り
塩大さじ1をまぶして軽い重石をのせ1時間おく 水分をしぼる

2.すし酢大さじ3、白だし醤油大さじ3
おやつ昆布適量、鷹の爪1本
1の野菜と混ぜ合わせ、ポリ袋に入れて密封冷蔵する
半日で食べられる 

メモ:すし酢はすでに味がついているのでそのまま使用
最初はサラダに、数日後は浅漬けに 1週間は保存できる
昆布は「北海道の美味しい昆布だよ!」を使用 浅漬けにぴったり

2017年03月29日

新玉葱ちりめん山椒和え

旬の新玉葱とちりめん山椒を和えただけの箸休めです。瓶の底に少しだけ残ったちりめん山椒があったらぜひお試しを。

新玉ねぎ、ちりめん山椒.jpg

新玉葱のちりめん山椒和え

1.新玉葱1個薄切りにする 水にさらさなくても大丈夫
あれば彩りにパレルモ(長ピーマン)千切り少々

2.ちりめん山椒、細切り塩昆布、すし酢、オリーブ油、炒りゴマ適宜を混ぜる

料理ともいえないカンタンな一品、5分で出来上がりです。

2017年02月20日

コンニャクとフキノトウ酢味噌

こんにゃく、蕗の薹.JPG

コンニャクとフキノトウに酢味噌を添えました。日本酒に合いそうな一品です。お酒を飲めないのにこういうおつまみが大好き♪

掲示板でpapurikaさんが紹介された玉味噌がとても良いお味です。作り方はこんなふうに。

玉味噌

1.小鍋に西京味噌100g、みりん大さじ1、酒大さじ2を入れ 
湯煎にする、または弱火で焦がさないようよく練る

2.一旦火を止め、卵黄1個を入れ分離しないよう手早くかき混ぜる

3.このまま和え物に、必要に応じて酢、辛子を加える

コンニャクとフキノトウは薄味で煮て辛子酢味噌を添える

2017年02月19日

具沢山のおから 卯の花

お豆腐屋さんのおからをたくさんいただきました。できたてほやほやのおからでまだ温かい(^.^)スーパーで売っているおからとは全然違います!

IMG_2064.JPG

おから (2).jpg

久しぶりにおからで卯の花を作りました。手間はかかりますが安価で美味しい家庭のお惣菜です。
ちなみに
おから=大豆の搾りかす&調理したものを指す
卯の花=おからを調理したもの
関東では卯の花 関西ではおから、でしょうか。

卯の花

1.おから200gをフライパンで5分乾煎りする
(一袋400g 乾煎りして半分を使用、半分は冷凍)

2.具はなるべくたくさん おからと同量位用意する

干し椎茸2枚は1日前に300mlの水で戻しておく 
戻し汁はだしに使う
(今回は節分の太巻きの具の残りで代用)
玉葱、ニンジンは粗みじん切り、ゴボウはささがき、ネギは輪切
コンニャクは下ゆでして5ミリ角に切る
油揚げは油抜き粗みじん切り、生姜、炒りゴマ適宜
(松の実、ケシの実、キクラゲ、レンコンなどがあれば最高)

3.フライパンで油、玉ねぎ、生姜を炒め、他の材料を硬いものから入れる
だし汁300ml、醤油、砂糖、みりん、酒適量で好みに味つけ5分煮る
材料が軟らかくなったら乾煎りしたおからを投入 かき混ぜながら5分炒める
汁気がなくなってきたら、ネギの青い所、炒りゴマを加え一混ぜしたらできあがり

メモ:おからは先に乾煎りしています。乾煎りせずそのまま煮るレシピもありますが、先に炒っておくと風味がよくなり味がなじみやすいと思います。
具は冷蔵庫掃除をかねてなるべくたくさん入れます。恵方巻きの具の残りの椎茸と干瓢を入れると最高です。他にあれば、松の実やケシの実、キクラゲなども。味と歯ごたえがよくなります。

玉葱を入れると美味しい、というネットレシピがあり入れてみました。玉ねぎはお好みで入れても入れなくても。

2017年02月08日

和牛あぶり焼き

和牛薄切りにバーナーで焼き目をつけて野菜を包んだ前菜。
わさびの利いたビネグレットソースがよく合います。
レシピは肴ごはんを参考にアレンジしています。

牛肉あぶり焼き.JPG和風に盛り付け

IMG_1936.JPG洋風に盛り付け

和牛あぶり焼き 

1.大根、キュウリ、人参を極細千切りにする
氷水に5分さらしザルに上げて水気をとる 6等分

2.ビネグレットソースを先に作る
玉葱みじん切り大さじ3、おろしニンニク、大葉かパセリみじん切り適量 酢大さじ2、薄口醤油大さじ1、わさび大さじ1、塩こしょう
オリーブ油大さじ3 を合わせておく

3.和牛薄切り6枚 塩胡椒してバーナーであぶる
バーナーが無かったので餅網で焼く
あぶった肉で野菜を包みビネグレットソースをかける

メモ:にんにく、オリーブ油の量は半量、酢を多めにアレンジ。分量はお好みで増減してください。

2017年02月02日

チヂミほうれん草 お浸し

昨日のチヂミほうれん草グラタンに続いてお浸しです。

ちぢみ法蓮草浸.jpg

チジミほうれん草お浸し

1.チヂミほうれん草1/2束 塩ゆでして3cmに切る

2.人参千切り、もやし一掴み レンジで2分加熱する

3.煎り酒大さじ2で和え炒りゴマを散らす

酒、みりん、昆布、鰹節、魚醤、梅干しなどが入っている調味料。これ一つでお浸しの味が決まります。

2017年01月18日

ヒイカと葉玉葱のぬた

旬のヒイカと葉玉葱の酢味噌和えです。
ゆでて切るだけの簡単なお通しですが季節を感じさせてくれる取り合わせで大好きな食材です。
葉玉葱は葉つきの若い玉葱です。

ヒイカぬた.jpg

ヒイカと葉玉葱のぬた

1.ヒイカ1パック 2杯
小鍋に湯と酒少々をわかし丸ごと1分ゆでる
ゲソと胴に分け軟骨と目玉をとる 輪切りにする

2.葉玉葱1本を4cm長さに切り、塩ゆでする
太い所は縦1cm幅に切る

3.器にヒイカ、葉玉葱を盛り酢味噌をかける

メモ:ヒイカは小型で柔らかいのでさっと火を通します。ぬたの他、煮物、パスタやシチューにもよく合います。
葉玉葱は柔らかく辛みが少ない玉葱で葉も根っこも全部食べられます。

2017年01月11日

フルーツニンジン

コンビニの産直野菜の棚で見つけたフルーツニンジン。きれいなイエローでフルーツのように甘い人参 生やサラダに最適というキャッチフレーズにひかれて買ってきました。(群馬県産)

フルーツ人参.JPG

フルーツニンジンのサラダ

フルーツ人参サラダ.jpg

1.フルーツニンジンとキュウリはピーラーで薄く削る
デコポン、苺 適量

2.ドレッシング 柚子一個絞り汁、塩胡椒、蜂蜜、オリーブ油適量
全てを混ぜる

メモ:フルーツのように甘い、というほどではなく普通の人参より香りも薄いニンジンでした。切り方調理法を変えてみるとまた違った味になるかもしれません。

2016年12月21日

シーザー・サラダ

シーザースサラダ.JPG

緑の葉ものたっぷりのシーザー・サラダ。
おろしチーズ、ベーコン、半熟卵の濃厚なドレッシングで。

シーザー・サラダ

1.レタス、セロリ、ルッコラ、セリ、イタリアンパセリなど

2.べ―コンビッツは1cm幅に切り紙に包んでレンジでチン
クルトンはパンにバターを塗ってトースト、角切り
パルミジャーノ・レジャーノおろす
半熟卵1個 おろしにんにく少々

3.シーザー・ドレッシングをかける

メモ:ドレッシングは市販(キューピー)を使いましたが手作りした方がおいしいかも^^
ロメインレタスが無かったのでレタスを使いました。
半熟卵はもっとレアでとろける位がベター。反省点がいろいろ。

2016年12月16日

ネギ炒め

ネギ炒め.JPG

ネギをたくさん頂いたのでネギ炒めを作りました。ネギ1本まるごと食べられるのでムダがありません。あっという間にできる一品でお酒のおつまみにもぴったり♪

ネギ炒め

1.ネギ1本 白い所から緑の部分まで全部 ごく薄く1ミリ位に斜め切り 大根おろし チリメンじゃこ適宜

2.フライパンにごま油を熱してネギを炒める 塩をふる

3.器にネギを盛り 大根おろし チリメンじゃこをのせる ポン酢をかける

メモ:ネギは色々ありますが、ネギ炒めには軟白ネギのようなやわらかタイプが向いています。

2016年12月12日

芋がら ずいき

芋ガラ.JPG

芋がら(ずいき)を頂きました。芋がらとは里芋の茎を裂いて干したもの、柔らかく戻して煮物や酢の物、味噌汁に入れて食べる郷土食です。
一見すると荷造りのひものようですが、ぜんまいに似た弾力と歯ごたえがあってなかなか味わいのある食べものです。
戦国時代には芋がらに味噌をしみこませた「芋がら縄」を携え、熱湯をかけて即席の味噌汁としたとか。現在のインスタントみそ汁のはしりと言えるかもしれません。

ずいきゴマ酢和え.jpg

芋がらのゴマ酢和え

1.芋がらをぬるま湯に1時間浸けて柔らかく戻す 
湯をとりかえアク抜きをする
たっぷりの湯で10分~柔らかくなるまでゆでる
冷水にとり3cm長さに切る 太い茎は食べやすい幅に裂く

2.甘酢(カンタン酢)、白だし醤油(薄口醤油でも)適宜
炒りゴマを軽く炒ってすり鉢で粗く擂る 
芋がらを和える 半日おいて味をなじませる

2016年12月04日

三浦半島のレディーサラダ

駅前の直売所で真っ赤な大根を見つけました。レディーサラダという名前でサラダや酢漬けなど生食に適しているそうです。通常の大根より細めで小さい食べきりサイズです。

1.レディーサラダの柚子甘酢漬け
切ってカンタン酢と昆布茶、柚子で漬けたもの

レディサラダ、柚子.jpg

2.レディーサラダのピクルス
薄切りに「ピクルスの素」をかけ1日おいたもの

赤大根ピクルス.jpg

メモ:ピクルス液は「久原醤油 ピクルスの素」を使用 
ピクルス液1:水2で割ってかけるだけ 下漬けなしで簡単にピクルスができます。シャキシャキした食感で食べやすい、普通の大根より生食に向いています。

2016年12月02日

牡蠣のアヒージョ

牡蠣アヒージョ.JPG

スペインの小皿料理アヒージョ。
アヒージョはスペイン語でニンニク。
旬の牡蠣にニンニクを利かせてオリーブ油で蒸し煮しました。ワインのおつまみに、パン、白いご飯にも合います。分類は前菜ですが、魚介の主菜にしてもよい位存在感ある一品です。

牡蠣のアヒージョ

1.牡蠣1パック 塩水で洗い水分をペーパーでふく 軽く塩胡椒、小麦粉をふる
厚切りベーコン1枚拍子切りにする
ニンニク1片スライスする 鷹の爪1本

2.小さいフライパンにオリーブ油大さじ2、ベーコン、ニンニク、鷹の爪を熱し、牡蠣をいれて弱火で5分加熱する

3.器に盛り、イタリアンパセリ、バジルの粗みじん切り、レモン(今回は柚子)を絞る
フランスパンを添える

メモ:本場スペインではオリーブ油に牡蠣が浸かるほどたくさん使いますが、こちらでは控えめにソテーよりやや多め、の油にしました。

2016年11月06日

ギンナンのおいしい食べ方

ぎんなん.JPG

生協で注文したギンナン「弥彦ギンちゃん」が届きました。ふっくらと大粒の新潟県弥彦村産です。一番おいしいのは採りたてのみずみずしい緑色のギンナンで、長くおくとだんだん黄色くなって味が落ちてきます。

ギンナンはおいしいけれど硬い殻を割るのがタイヘン。昔はほうろくで炒って熱々の殻と皮をむいて食べたものですが、今はレンジが一押しですね。ギンナン農家では、殻をたたいてヒビを入れてからチンするそうです。

ギンナン農家お勧めの食べ方

1.ギンナン10個を包丁の峰でたたいて1か所ヒビを入れる ギンナンの尖っている方が割れやすい こうしておくと爆発しない

2.さっと水洗いして粗塩をふる 古封筒にギンナンを入れ口を軽く折る

3.レンジ600W50秒〜1分 パチパチと弾ける音がしたら取り出して殻をむく
そのままおつまみに、串にさしておでんに、茶わん蒸し、散らし寿司に使う

2016年11月02日

ヒイカとアスパラのピクルス

新鮮なベビーヒイカが出回っています。加熱しても硬くならず甘味があって美味しいイカです。酢味噌和えにしたり、パスタに混ぜたりします。今回はゆでたアスパラとともにピクルス液に漬けました。

ヒイカ,ピクルス.JPG

ヒイカとアスパラのピクルス

1.ベビーヒイカ1パックは塩水で洗う
塩と酒少々を入れた熱湯で1分ゆで、色が変わったらすぐザルにあけて冷ます 軟骨を抜く

2.太いアスパラ1本は皮をむいて斜め切りレンジで1分半加熱

3.1と2をピクルスの素大さじ1と水大さじ1
カンタン酢大さじ2で和え半日おく

メモ:ヒイカの下処理について。ベビーヒイカは親指位のサイズ、柔らかいのでほぼ丸ごと食べられます。軟骨、口、墨袋が気になる方は取り除いてください。

2016年10月31日

野菜サラダ 2品

野菜室在庫整理をかねて2種類のサラダを作りました。

一つ目はコールスローサラダ
キャベツ、キュウリ、セロリ、玉ねぎ千切り、薄塩をして手でもみ5分おいてサラダスピナー(または手)で水分を絞る。コーンを加えてマヨネーズ、砂糖、胡椒、柚子の絞り汁で味つける。

コールスロー.jpg

二つ目は和風酢の物
キュウリ1本蛇腹切り、セロリ1本の茎斜め切り、葉は粗刻み 姫ユズ1個の絞り汁と皮千切り、カンタン酢大さじ5に一晩漬ける。 炒りゴマをふる。

キュウリカンタン酢.JPG

2016年10月21日

さっぱり〜もやしのサラダ

もやしサラダ (2).JPG

有り合わせの材料に甘酢をかけたサラダです。甘酢は雅代さんがお勧めのカンタン酢を使いました。今売出し中の調合酢で成分を見ると酢、砂糖、レモン汁、昆布、塩などが入っています。これ1本で色々な料理ができるとか。早速使ってみました。

さっぱりもやしのサラダ 

添付のレシピより
<野菜100g 大さじ2杯のカンタン酢で和える> これだけ♪

1.もやし100gをシリコンスチーマーでレンジ600W3分加熱 ざるにあけて冷ます
彩りにキュウリ、カブ、ハム細切り少々

2.全ての材料をボールに入れカンタン酢大さじ2〜3杯、炒りゴマ大さじ2を和える 

メモ:お味はどうでしょうか。味付けはカンタン酢のみで油分は一切なしというシンプルさですが、優しい味わいのサラダができました。これ1本で酢の物、南蛮漬け、ピクルスもできるとか。便利なものができましたね。

2016年08月12日

青いパパイヤのサラダ ソムタム


青パパイヤソムタム.JPG

青いパパイヤのサラダ ソムタムです。熟したパパイヤとはまた違ったシャキシャキした歯ごたえがあり、東南アジアではサラダの材料としてよく使われます。エスニック料理ではパクチーが必須ですが、パクチーを食べられないのが残念^^代わりにバジル、大葉、ミョウガなどで代用しました。

掲示板papurikaさん(No.7715)が紹介されたレシピを参考にニョクマムの代わりにナンプラーを使用するなど少しアレンジしました。スイートチリとナンプラーの甘酸っぱくてピリ辛のドレッシングがよく合います。

青いパパイヤのサラダ ソムタム

1.青いパパイヤ1個ちょうど600g

IMG_0525.JPGいパパイヤ
青パパイヤ種.JPG米粒のような種

2.皮をむき半分に切って種を取り除く

青パパイヤ、カット.JPGサラダスピナーで水切り

3.ナイフかおろしで千切りにして氷水に5分ひたす
サラダスピナーで水をよく切る
下処理したパパイヤの4分の1、約150gを使用する

4.豚しゃぶしゃぶ肉50gをさっと湯通しする
小エビ10尾さっとゆでる
キュウリ、人参、ミョウガ、バジル、大葉千切り
ニンニクみじん切り少々
レタス、ミニトマト、ピーナッツ適宜

5.ドレッシング:
スイートチリ、ナンプラー、レモン汁、酢、水、砂糖を小さじ各1杯ずつ、ニンニク微塵切り少々混ぜる
パパイヤと他の野菜、肉、エビなど全ての材料をさっと和える
お皿にレタスを敷きこんもりと盛り付ける トマトとピーナッツを飾る