2017年07月24日

空也蒸し (空也豆腐)

空也蒸しは具が豆腐だけのカンタンな茶碗蒸し。思いついたときに作れます。空也派の僧侶によって考案された精進料理といわれています。あっさりとして栄養があり消化もよい、お腹を温めるので胃腸の調子が悪い時にぴったりの一品です。

空也蒸し.jpg

空也蒸し (空也豆腐)

1.豆腐半丁 ペーパータオルに包んでレンジに1分かける
水分を拭いて4等分、丼(高さ10cm、直径17cm)に入れる

2.卵汁:ボールに卵1個をほぐし、鰹だし汁200ml、塩、薄口醤油、酒、みりんを加え吸い物程度の味をつける
卵汁を味噌漉しで漉しながら丼にいれる 
軽くラップをかけオーブンに入れる

3.レンジのオートキー「茶碗蒸し」を選ぶ 
給水タンクを満杯にしてレンジスタート 24分でできあがる

スチーム.JPG

4.その間にくず餡を作る:小鍋に鰹だし汁100ml、塩、酒、みりん、薄口醤油で味つけ、水溶き片栗粉でとろみをつける 細葱をちらし丼の上にかける 

メモ:彩りの海老はなくても可。豆腐の代わりにうどんを入れるとおだまき蒸し、鶏肉や魚介を入れると茶碗蒸し、挽肉そぼろ餡で中華風に。熱々でも冷ましてもおいしい。
posted by naoko* at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年07月17日

じゃがいもスープ、ポテトサラダ

先日の肉じゃがに続きじゃがいも料理第二弾です。今回も炊飯器でじゃが芋を蒸しました。

1.じゃがいも2個、水1カップを入れ炊飯器「調理」スタート 40分で終了

ジャガイモ炊飯.JPG

じゃがいもを切ってみるとほくほく!このまま塩でもおいしい〜♪

40分.JPG

熱いうちに皮をむいてつぶす 

マッシュポテト.JPG

2.半分をスープにする
小鍋にポテト、バター、牛乳をあたためなめらかになったら塩胡椒で味つける ミントを散らす

ジャガイモスープ.jpg

3.半分をポテトサラダにする

ポテトサラダ (2).JPG

半つぶしのポテトに塩胡椒少々、マヨネーズで味つける
キュウリ、トマト、玉ねぎ、刻んだ茹で卵1個を加え和える
皿にポテトサラダを盛り、茹で卵櫛切りをかざる

メモ:じゃが芋をゆでる、蒸す方法
1.大鍋で丸ごとゆでる 1時間
2.炊飯器「調理」コースで丸ごと蒸す 40分
3.シリコンスチーマーで切ってレンジで蒸す 5分

時間がある時は炊飯器「調理」が手間いらずカンタンでおいしい、お勧めです。じゃが芋の芯まで火が通りさらに芋のうまみが増します。「調理」が無い時は「早炊き」か「炊き込み」40分で試してみてください。時間のない時はレンジで時間短縮も可。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の天気予報 東京23区 ピンポイント予報
最高38度 最低27度 雨の確率30% 今年最高の気温
posted by naoko* at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年06月14日

かぼちゃのヴィシソワーズ

かぼちゃのポタージュです。夏用に冷やしてヴィシソワーズ仕立てにしました。

かぼちゃヴィシソワーズ.JPG

かぼちゃのヴィシソワーズ

1.かぼちゃ1/4個のワタをとり、皮つきのまま1cm厚さに切り2cm角に切る
シリコンスチーマーに並べ蓋をしてレンジ600W7分加熱する 
串がすっと通る位に柔らかくなったらミキサーにかけるかフォークでつぶす

2.つぶしたかぼちゃに牛乳同量を加えのばす、塩胡椒、粉チーズで味つける
あれば生クリーム(今回はサワークリーム)少々加え冷やす バジルかミントを散らす

メモ:一人暮らしを始めた孫からのリクエストでレシピをアップしています。
ミキサーにかけるとさらに滑らかなスープになります。ミキサーがなければ裏ごし、すり鉢でも可。
シリコンスチーマーの代わりに耐熱皿にラップでも可。

posted by naoko* at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月22日

絹さや卵とじ

絹さや卵とじ.JPG

産直の新鮮な絹さやを頂きました。グリーンの莢の中にふくらんだ若い豆が透けて見えます。バター炒め、お味噌汁、煮物など何にしてもおいしい初夏の食材ですが今回は卵とじにしてみました。やさしい味わいの澄まし汁仕立てです。

絹さやの卵とじ

1.鰹昆布だし、塩、酒、薄口醤油で味を調える

2.鶏肉、絹さや適量を投入、2〜3分煮て卵でとじる

最近、お野菜をいただくことが時々あります。自家菜園の野菜だったり、地場野菜店のものだったりいろいろです。都会のお付き合いの中では珍しいことでなんだかうれしいですね。
posted by naoko* at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月18日

カボチャのポタージュ

5月のカボチャを購入したのですが未熟で甘味が足りない・・・5月はカボチャの旬ではないので仕方ありませんね。サラダを作るつもりでしたが、ポタージュにしました。栄養価の高い緑の皮ごと使ったらこんな黄緑色のクリーミーなスープになりました♪

かぼちゃヴィシソワーズ.JPG

カボチャのポタージュ

1.カボチャ4分の1個のわたをとり皮をよく洗う
皮ごと2cm角切にしてシリコンスチーマーに入れレンジ600W7分加熱 3分余熱でむらす
すり鉢でつぶすかミキサーにかけてペースト状にする

2.牛乳200ml、塩、胡椒を加え好みの味に調え温めるとポタージュに
冷やすとヴィシソワーズ風に
バジルかミントの葉を散らす

posted by naoko* at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月15日

筍と山蕗のしぐれ煮

IMG_2777.JPG

先日下処理をして冷凍しておいたと山で煮物を作りました。白いご飯が進みます♪

筍と山蕗のしぐれ煮

1.ゆでた筍中1本 乱切り
下ごしらえをした山蕗10本 4cmに切る
豚バラ肉100g、生姜千切り、木の芽少々

2.油少々熱し豚バラ肉と生姜千切り少々を炒める
筍と蕗を加えて炒める
酒、みりん、砂糖、醤油を加え混ぜながら炒める
やや濃い目に味付けた方が冷めてもおいしい
煮汁がすっかりなくなったらできあがり
木の芽を散らす
posted by naoko* at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月09日

筍を冷凍保存する

朝掘りの筍をたくさんいただきました。えぐみもなくとても美味しい筍なので長期に使えるよう冷凍しようと思います。

ネットの情報によると、ゆでてカット、みりん酒、醤油で薄味をつけて、煮汁とともに冷凍するのがよいとか。oyukidesuさんのレシピを参考にしました。

筍を3等分して用途別にカット。
穂先は木の芽和えやパスタ、真ん中は丸い輪切りの若竹姿煮、下の部分は千切りにして炒め物や佃煮にする予定。

筍2.JPG穂先

筍1.JPG真ん中

筍3.JPG下の方

ジップロックに煮汁とともに詰める、空気を抜いて閉じ冷凍する

筍.JPG

調理する時は袋ごと氷水で解凍、煮汁を捨て新しい調味液で味を調えます。この方法だと1年以上保つのでいつでも筍が使えるそうです。
posted by naoko* at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年04月27日

一汁一菜

味噌汁.JPG

夕食の献立を考えるとき、以前は主菜・副菜・汁物の順でしたが、この頃はまず汁物を優先です。具沢山の味噌汁があればあとは何か一品添えて一汁一菜のでき上がり♪ 温かい汁物は鍋物にもなり、それだけで主菜になる一品だと思います。

食べ盛りの子どもたちには質量ともにたっぷり必要ですが、年を取ってくると質の良いものを少量で十分と思うようになりました。

料理家の土井善晴氏の一汁一菜の勧め 
そういえば半世紀ほど前の日本人の食卓は一汁一菜でした。健康な体に必要な質と量の食事を考えるきっかけになるかもしれませんね。
posted by naoko* at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年04月20日

竹の子吸い物、若竹煮、時雨煮

今年は竹の子が不作だそうです。いつもより少し遅れて入荷した朝掘り竹の子をその日のうちに大鍋でゆでました。

先ずは
1.お吸い物
昆布鰹だし、塩、薄口醤油、酒で味付け
先端の柔らかい穂と若布を煮て木の芽をそえる

若竹吸い物.JPG

2.若竹煮 
竹の子の真ん中の柔らかい所と若布
だし汁、塩、薄口醤油、みりん、酒であっさりと炊く

若竹煮1.JPG

3.時雨煮
竹の子の下の硬い所を薄く刻んで豚肉と時雨煮に 
砂糖、みりん、酒、濃口醤油で濃い目に味付け、汁気がなくなるまで煮る 白いご飯によく合います

筍豚時雨.JPG

大鍋たっぷりの水、ぬか、鷹の爪、竹の子をいれて30分ゆでて冷ましました。一切れ味見をするとかなりえぐみが強いようです。皮をむき一晩水につけてあくを抜き、それぞれに切ってからもう一度ゆでこぼしました。これでかなりえぐみが抜けました。木の芽をたっぷり添えていただきます♪竹の子、新若布、木の芽。どれもこの季節ならではのご馳走です。
posted by naoko* at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年03月25日

春キャベツのスープ

お腹に優しい炊飯器スープシリーズです。

キャベツシチュー.jpg

胃腸炎の回復期にぴったりの春キャベツスープにしました。今回も炊飯器に材料を放り込んでスイッチオン!だし代わりの鶏スペアリブがとろとろに柔らかく煮えています。

春キャベツのスープ 炊飯器で

1.炊飯器の内釜にすべて入れる
鶏スペアリブ4本に塩胡椒
春キャベツ4分の1、じゃが芋1個、人参、玉葱、椎茸適宜切る
鰹だし汁2カップ、ガラ味スープ顆粒小さじ1を加える

2.蓋をしてコース「調理」を選ぶ、炊飯する
30分経ったら一旦切り、蓋をあけて牛乳2カップを加え、シチューミックス顆粒大さじ2を加えて混ぜる

IMG_2339.JPG

3.蓋をして再び「調理」のスイッチオン、5分加熱したら終了
お皿にスープを盛り、塩ゆでしたアスパラをのせる

メモ:炊飯器「調理」コースは40分ですが、今回は5分短めに切り上げました。これで十分柔らかくなっています。シチューやカレーなどの場合も、いったん火を止めて温度を下げルーを投入するとよろしいでしょう。
posted by naoko* at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年03月19日

サムゲタン風 鶏手羽先スープ

「炊飯器でサムゲタンを作ってみたら簡単で美味しかった」とさらささんがコメントしてくださいました。サムゲタン、良さそうですね♪真似して作ってみました。

IMG_2302.JPG

サムゲタンは丸鶏一羽、朝鮮ニンジンを大鍋でことことと煮こむようですが、代わりに鶏手羽先、人参、雑穀米、クコの実などを入れました。雑穀の黒米のせいで真っ黒なスープになってしまいましたが体によさそうな薬膳スープができました♪

サムゲタン風 鶏手羽先スープ 炊飯器で

IMG_2301.JPG

1.鶏手羽先骨付き4本に塩をもみこむ
ニンジン、ネギ、キクラゲ、雑穀米20g、松の実、クコの実、ゴマ、にんにく、生姜、梅干し適宜
全ての材料を炊飯器内釜に入れる
鰹昆布だし汁をかぶる位、塩胡椒、酒、醤油、ゴマ油少々入れる

2.炊飯器のコースから調理またはおかゆを選び炊飯を押す
調理40分、おかゆ1時間位で終了
posted by naoko* at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年03月10日

一人分の味噌汁

食卓に味噌汁があるとうれしい・・・でも一人分のお味噌汁を作るのは意外に面倒なものです。
料理家の土井善晴さんお勧めの「即席味噌汁」を作ってみました。お椀に削り節と味噌を入れ熱湯を注ぐだけというカンタンな方法です。

一人分の味噌汁
お椀に糸削り節1パック5g 味噌大さじ1 好みの具を入れる
今回はルッコラと水菜(菜園から)

即席味噌汁.JPG

熱湯を注ぐ かき混ぜて召し上がれ

IMG_2263.JPG

どれどれ〜お味はどうでしょうか。熱々のお味噌汁を頂きまーす!鰹節のだしが効いていてなかなかいいお味にできています。市販のインスタントみそ汁よりはるかに美味しい〜♪

IMG_2265.JPG

もう一つ、豆腐とレタス入り。
お椀1杯の水、豆腐、レタス、削り節、味噌をレンジでチン。

一人暮らしで自炊を始めた孫が、何を作ったらいいか分からないので教えてと言います。このお味噌汁なら料理が初めての若い人たちでもカンタンに作れそうです。
だしの代わりに糸削り節を使うとそのまま味噌汁の具として食べても邪魔になりません。

そういえば、昔わが家では母が同じようにして即席お雑煮を作ってくれたのを思い出します。お椀に削り節、薄口醤油、塩、焼いた餅を入れて熱湯を注ぐだけの簡単なお雑煮ですが、ちょっと小腹の空いた時の夜食に最適でした。
posted by naoko* at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年03月06日

胃腸炎の時のスープ

「胃腸炎回復の早道は食べないこと!最低1日は絶食する」
これは主治医の処方箋ですが効果があります。水分は十分補給して症状が軽くなってきたら野菜スープ、おかゆ、うどんなどにします。ウイダーインゼリー、甘酒なども常備しています。

先ずは野菜スープ

1日目 スープの上澄み汁
2日目 汁と野菜
3日目 汁と野菜をミキサーにかける などして変化をつける

野菜スープ (2).jpg

ポタージュ1.JPG


野菜と鶏手羽のスープ 炊飯器で

野菜スープ.jpg

炊飯器にすべての材料を入れる 「調理」を押す
40分で美味しいスープの出来上がり

材料:じゃがいも、玉ねぎ、人参、しめじ、ミニトマト適宜
鶏手羽1パック、鰹だし汁3カップ
塩、胡椒、薄口醤油、酒適宜
炊飯器の釜に入れ「調理」スイッチオン

メモ:炊飯器で加熱した野菜は本当に柔らかく美味しくできます。体調の良くないときにお鍋の傍にずっと立っているのは辛いものですが、炊飯器調理は楽でお勧めです。使用後は内蓋と外蓋を外してよく洗います。
posted by naoko* at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年02月09日

ハッセルバックポテト

スウェーデンのじゃが芋料理ハッセルバックポテトです。じゃが芋とは思えない不思議なフォルム。初めて見た時はこれ何?と驚きました。ローリエを差し込んで焼くと良い香りがします。
 ハッセルバックポテト などいくつかのレシピを参考にしました。

ポテト.jpg

ハッセルバックポテト

1.中ぐらいのメイクイーン2個皮ごと使うのでよく洗う
5ミリ幅、2/3の深さにナイフで切れ目を入れる
さっと水洗いして澱粉を落とす
切り落とさないよう側面に棒状のものをおいて切る

2.オーブンを200℃に予熱する
おろしにんにく少量とオリーブ油大さじ2を混ぜる

3.芋に塩胡椒をふりローリエを1枚挟む
にんにくオイルをかける

4.オーブン200℃で30分、220℃15分〜焼く
竹串で刺して芯まで柔らかくなっていたら出来上がり
刻みパセリをふる 

じゃが芋2個とチキン手羽を同時に入れて焼く
チキンは30分ほどで出す

IMG_1924 (500x375).jpg
posted by naoko* at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年01月13日

菜の花あんかけ豆腐

菜の花がもうお店に並び始めました。日本海側では大雪の予報が出ていますが菜の花の若草色には早春の息吹を感じます。
寒い日に菜の花と豆腐の温かいあんかけなどいかがでしょう。

菜の花あんかけ.JPG

菜の花のあんかけ豆腐

1.菜の花は茎先1cmを切り水に放す 4cm長さに切る
絹ごし豆腐半丁は6等分する
海老6尾(冷凍)

2.昆布鰹だし、薄口醤油、塩、酒適量で吸い物程度に味つける 
豆腐を投入2分煮る
菜の花の茎、葉を入れ、海老(半解凍)を入れさっと煮たてる
水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

メモ:菜の花は火を通し過ぎないように緑色と歯ごたえを残す
お椀に盛ってまずおつゆと菜の花の香りを味わい、ついでお豆腐にポン酢をかけて召し上がれ
posted by naoko* at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年11月11日

和風野菜たっぷりシチュー

今日の東京の気温は最低6度最高11度、小雨まじりの寒い朝です。こんな日は温かいシチューを大鍋いっぱい作って体を温めましょう!

シチュー.JPG

冷蔵庫の野菜を総ざらいして入れました。だしは骨付きチキン、ソーセージ、昆布鰹だしを使うのがポイント。スープのコクがうんとアップします。

和風野菜たっぷりシチュー

1.深鍋にチキンスペアリブ(冷凍)、キャベツの芯、人参、ネギ、鰹昆布だしをひたひたに加え15分煮る

2.火を止めて牛乳1カップ、シチューの素(顆粒)大さじ3を加えて溶かす シメジとソーセージを加え5分煮る 味を見て塩胡椒、粉チーズで味を調える

3.器にシチューを盛り、塩ゆでしたブロッコリーをのせる
posted by naoko* at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年11月07日

大根と玉こんにゃく炊き合わせ

厚切りの大根と玉こんにゃくの炊き合わせです。
柚子味噌と季節のギンナンを添えて頂きます。

大根炊き合わせ、常滑.JPG

大根と玉こんにゃく炊き合わせ

1.大根厚切り4枚は皮をむいて十字に包丁を入れる
レンジで5分下ゆでする

2.鍋に大根を並べ水3カップ、減塩だし(茅乃舎)1袋、薄口醤油大さじ1、みりん大さじ1を加え落とし蓋をして中弱火で柔らかくなるまで20分〜煮る

3.山形の味付け玉こんにゃく1袋(10個入り市販)を汁ごと加えて10分煮る

4.お皿に盛って、柚子味噌とギンナンを添える

メモ:玉こんにゃくはすでに味付てあるので急ぐ時に便利 歯ごたえがあって美味しいこんにゃくです。
柚子味噌:赤味噌、麹味噌、砂糖、酒を適宜レンジで加熱 柚子絞汁とみじん切りの皮を加えます。

posted by naoko* at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年10月30日

山形の芋煮汁

もう半世紀も前に山形の友人から教えてもらった芋煮汁です。
里芋と肉とネギが必須、あとは何を入れてもよいとのこと。栄養たっぷりの温かいスープは寒い日のご馳走です。

芋煮汁 (500x373).jpg

山形の芋煮汁

1.里芋5個の皮をむき一口大に切る
牛肉(または豚肉)100g
しらたき1袋は湯通ししておく
ネギ1本はやや厚め3ミリの小口切り
人参、ゴボウ、茸 適量

2.鍋にたっぷりの鰹だし汁、野菜をいれ15分〜柔らかく煮る
醤油、砂糖、塩、酒ですき焼きの薄味程度に味つける
肉と白ネギを投入、煮立ったら出来上がり

3.お椀に盛って薄切りのネギをちらす
posted by naoko* at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年10月16日

グリーンのポタージュ

Gポタージュ.JPG

ブロッコリ、キャベツの外側の葉、セロリの葉など少しずつ残った緑野菜をポタージュにしました。きれいなグリーンの優しい味わいの食べるスープです。

グリーンのポタージュ

1.ブロッコリは子房にわけ茎は刻む
キャベツの外側の緑色の葉、芯もざく切りにする
セロリの葉と茎少々、刻む
じゃがいも1個皮をむいて1cm角に切る
玉葱スライス少々 ローリエ1枚

2.小鍋にバターを溶かし、野菜を焦がさないよう炒める
ひたひたの水と「野菜だし」1パックを加える
中火で沸騰したらアクをとり弱火で柔らかくなるまで15分〜煮る
ローリエは取り除く

3.ミキサーにかけるか泡立て器でつぶす
牛乳を加えてちょうどよいとろみ加減にする
塩胡椒で味つける お皿に盛り、粉チーズ、ミントを添える

メモ:野菜だし 袋を破ってそのままスープに。
posted by naoko* at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年09月22日

けんちん汁


今日は秋分の日 雨 気温19度。この1週間雨と曇りの日が続いています。からっと晴れた秋空が見られるのは明後日土曜日あたりからという予報です。

けんちんうどん、.JPG

肌寒い日には温かいけんちん汁などいかがでしょうか。

けんちん汁

1.大根、人参、玉ねぎ、里芋、ネギ、ゴボウ、カボチャ、茸、葉物など何でも一口大に切る

2.大鍋に鰹昆布だし、野菜を入れ15分煮る
豚バラ肉か油揚げ少々だし代わりに入れる 5分煮る
酒、みりん、薄口醤油、塩で味付ける

3.けんちん汁が残ったら翌日はけんちんうどんに
小鍋にけんちん汁とうどん、卵を落とし半熟まで煮る
丼に盛る 好みでカボスを添える

メモ:いつか使うかもしれないと冷凍した野菜(蕪の葉、小松菜、茸、里芋)を使い切るのにぴったりの料理です♪
posted by naoko* at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物