2018年04月16日

ナスの揚げ浸し

ナスを揚げて天つゆに浸し大根おろしを添えました。シンプルなのに美味しいお惣菜です。

なす揚げ浸し.JPG

ナスの揚げ浸し 2人分

1.ナス3本を縦半分に切り網目状にナイフを入れさらに半分に切る 
水に5分さらしペーパーで水気をふく

2.小さ目の鍋底に1cm程度の油を温めナスを低温から中温で揚げる ペーパーにとり油を切る

3.めんつゆを天つゆの濃さに薄めナスにかける 
今回はめんつゆ50ml:だし汁150mlの割合
大根おろしと木の芽かネギを散らす

メモ:最近揚げ物はほとんど作りませんが、たまに食べたくなるナスの揚げ浸しです。天ぷらのようにたくさんの油を使わず、少量の油で揚げ焼きしました。
posted by naoko* at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2018年04月13日

豚もつ野菜煮込み

豚もつに根菜類をたっぷり入れて煮込みました。だしを取った後の昆布、使いかけの豆腐など残りもの整理をかねたおかずです。

IMG_5327.JPG

豚もつ野菜煮込み

1.豚もつ(ゆでて下処理済の市販品)1パック
もつの臭みとアクをとるため生姜とにんにくを入れて20分好みの柔らかさまでゆでる 煮汁は捨てる

2.糸こんにゃく1袋適当な長さに切り下ゆでする
大根、人参、牛蒡、干し椎茸、昆布(だしを取ったあと)適宜切る

3.1と2を鍋に入れ、鰹昆布だしをひたひたに入れる
酒、みりん、醤油、味噌適量で15分〜柔らかくなるまで煮こむ
あれば豆腐をいれて5分煮る 最後にごま油少々、ネギを散らす

メモ:昆布と豆腐はなくても可。たまたま残りものを入れましたが豆腐に味がしみて意外なおいしさでした。
posted by naoko* at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2018年04月05日

新筍と新若布炊き合わせ

生協からみずみずしい朝堀筍が届きました。その日のうちにゆでて一昼夜水につけてアクぬきをしたところです。

新筍.jpg

新筍と新若布炊き合わせ

若竹煮.JPG

1.皮つき筍は半分皮をむき、穂の先端を切る たっぷりの水に米ぬかと鷹の爪1本と筍を入れ落とし蓋をして30分煮る 竹串をさしてすっと入ればできあがり そのまま冷ます 水を替えて冷蔵する

2.新若布(鳴門産)を水に戻して5cm長さに切る

3.鶏胸肉チャーシュー煮汁に筍薄切りを入れてさっと煮たてる
若布とゆで卵を煮汁に入れ、火を止めて味を含ませる

4.器に筍、若布、鶏チャーシュー、煮卵、木の芽を添える

IMG_5259.JPG

メモ:やわらか鶏肉チャーシューのレシピはこちら
いつもは関西風に薄口醤油であっさりと炊きますが、たまたまチャーシューの煮汁を利用して筍を煮たらとてもおいしくできました。濃口醤油の色と味がしっかりついて白いご飯にあいます。
posted by naoko* at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2018年03月06日

牡蠣の時雨煮

牡蠣の季節もそろそろ終わりに近づいています。鍋もの、フライ、グラタンなど何にしてもおいしい牡蠣ですが、今回はさっぱりと時雨煮にしました。牡蠣のエキスたっぷりの煮汁でこんにゃくとエリンギを煮て添えます。白いご飯のおかずにぴったり!

牡蠣時雨.JPG

牡蠣の時雨煮

1.牡蠣1パック(130g)を塩水でよく洗う
生姜スライス3枚

2.小鍋に醤油、みりん、酒を大さじ2づつ入れ温める
1の牡蠣と生姜を入れて中弱火で1分煮る 
ぷっくり膨らんできたら一旦取り出し粗熱をとる
煮汁を少し煮詰め、牡蠣を鍋に戻し弱火で2分煮て取り出す

3.こんにゃくを一口大に切って下ゆでする
エリンギ2本を縦4等分に切る
牡蠣の煮汁に入れて5分煮る
牡蠣を戻して温める

4.器に盛りつけ、あれば絹さやなど緑をちらす

posted by naoko* at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2018年02月19日

雪下キャベツ

1月から2月にかけて雪の下で貯蔵した野菜が出回っています。気温0度、湿度100%の雪の中に貯蔵しておくと寒さから自分を守ろうと糖質が増して甘くなるのだそうです。ちぢみほうれんそうが代表的なものですが、2月には雪下キャベツが届きました。

雪下キャベツは加熱することによってさらに甘味を増すのでシチューにしてみました。

雪下キャベツ.JPG

雪下キャベツのシチュー@炊飯器

1.鶏手羽4本
2.雪下キャベツ1/4カット大き目に切る、
3.じゃがいも1個、玉ねぎ1個、トマト1個、椎茸2枚、にんにく1片は丸ごと
4.炊飯器に入れ、ひたひたの鰹だし、ガラ味スープの素、塩胡椒を投入
5.炊飯コースの中から調理を選んでスイッチオン 35分で止める 5分むらして蓋をあける

メモ:キャベツがとろとろに柔らかく煮えています。そして砂糖を入れていないのに甘い!インフル明けの胃腸に染み渡る優しい味のスープです。体調不良の時はずっと火の傍についているのが辛いので、炊飯器調理が便利です。シロッカのクックマイスターも使っていますが、使い勝手のよさ堅牢性でやはり炊飯器の方が優れていると思います。
posted by naoko* at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2018年01月31日

水菜のおつゆ

京都の冬野菜3種が届きました。水菜、春菊、九条葱 どれもみずみずしくて美味しそう♪

水菜のおつゆ.JPG

先ずは柔らかな水菜、油揚(今回は厚揚)、竹輪もいれて具沢山の煮浸し風おつゆにしました。子どもの頃はあまり好きではなかった青菜のおつゆが懐かしくおいしく感じられます。鰹昆布だし、味付けは京都風に薄口醤油、塩、酒で調えます。
posted by naoko* at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年12月18日

芋煮汁

山形の友人から直伝の芋煮汁です。里芋と牛肉とネギが必須、あとは好みで何を入れてもいいそうです。寒い冬の日、食卓にこの一品があれば身も心も温まって大満足です♪

芋煮汁.JPG

芋煮汁

1.里芋5個 皮をむき乱切り
たっぷりの鰹だしを入れ10分煮る
醤油、酒、みりん、砂糖ですき焼きの薄味程度に味つける

2.牛肉100g
白滝1袋 ゆでる
ネギ輪切り 1に加えて5分煮る
最後に緑のネギ小口切りを散らす

メモ:主役は里芋、肉は牛肉が一番合いますが豚肉でもかまいません。今回は椎茸、人参、牛蒡、大根、竹輪も入れて具沢山になりました。
posted by naoko* at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年12月11日

大根と里芋あんかけ

大根と里芋をだし汁で煮てあんかけにしました。鶏つくねはだし代わりに。自家製の大根と里芋がほっこりと柔らかく美味♪

大根、里芋、つくね煮.JPG

大根と里芋のあんかけ

1.大根1cm厚さの銀杏切り10枚
里芋2個乱切り
鶏つくね4本(冷凍、生協)
鶏が苦手な人は牛豚挽肉で

2.鰹だし300ml、酒、薄口醤油、砂糖適量
大根と里芋を加え10分煮る
軟らかくなったら、鶏つくねを加えて5分煮る

3.水とき片栗粉でとろみをつけ、おいしい煮汁を具にまとわせる
お皿に盛り柚子千切りをちらす

          * * * * * * * * * * *

昨日はメジャーリーグに加入した大谷翔平の記者会見が行われました。来年はメジャーでもほぼ類のない「二刀流」が観られそうで楽しみ♪生会見を観られなかったのでyoutubeで観ました。
posted by naoko* at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年11月05日

カボチャでポタージュ、グラタン

ほくほくした甘い栗かぼちゃでポタージュ、グラタンを作りました。

カボチャのポタージュ

1.玉葱みじん切りを炒める
2.カボチャは皮つきのまま切りレンジ7分加熱、つぶして牛乳を加えのばす 塩胡椒で味を調える あれば生クリームをたらす

カボチャポタージュ.JPG

翌日はカボチャのグラタン

かぼちゃグラタン.JPG

1.グラタン皿にじゃが芋薄切り(レンジで加熱)を並べる
カボチャのサラダとポタージュの残りを合わせたソースをかける
ピザ用チーズ、ミニトマトを載せ、オーブントースターで7分焼く

メモ:残り物のリメークですが、ホワイトソース代わりに使えて便利。

posted by naoko* at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年10月20日

ナスのたたき

高知県の伝統料理と言えば鰹のたたきですがなすのたたきも鰹のたたきに並ぶ人気料理とか。秋ナスでたたきを作ってみました。これは簡単にできてほんとうにおいしい!お勧めです♪

ナスのたたき.JPG

ナスのたたき

1.ナスの皮を所々むき1cm厚さの輪切りにする
小さいナスなら縦半分か3枚に切る
さっと水洗いしてアクをぬき、水気をふく
フライパンに油を熱し、両面をこんがり焼く

2.お皿にナスを盛りつけ、大根おろし、薬味(ネギ、大葉、生姜、ミョウガ)、削り節をのせる
ポン酢とめんつゆを半々にかけて召し上がれ

メモ:レシピにはありませんが、大根おろしを添えました。これがよく合います。生姜は新生姜佃煮を使いました。
posted by naoko* at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年07月24日

空也蒸し (空也豆腐)

空也蒸しは具が豆腐だけのカンタンな茶碗蒸し。思いついたときに作れます。空也派の僧侶によって考案された精進料理といわれています。あっさりとして栄養があり消化もよい、お腹を温めるので胃腸の調子が悪い時にぴったりの一品です。

空也蒸し.jpg

空也蒸し (空也豆腐)

1.豆腐半丁 ペーパータオルに包んでレンジに1分かける
水分を拭いて4等分、丼(高さ10cm、直径17cm)に入れる

2.卵汁:ボールに卵1個をほぐし、鰹だし汁200ml、塩、薄口醤油、酒、みりんを加え吸い物程度の味をつける
卵汁を味噌漉しで漉しながら丼にいれる 
軽くラップをかけオーブンに入れる

3.レンジのオートキー「茶碗蒸し」を選ぶ 
給水タンクを満杯にしてレンジスタート 24分でできあがる

スチーム.JPG

4.その間にくず餡を作る:小鍋に鰹だし汁100ml、塩、酒、みりん、薄口醤油で味つけ、水溶き片栗粉でとろみをつける 細葱をちらし丼の上にかける 

メモ:彩りの海老はなくても可。豆腐の代わりにうどんを入れるとおだまき蒸し、鶏肉や魚介を入れると茶碗蒸し、挽肉そぼろ餡で中華風に。熱々でも冷ましてもおいしい。
posted by naoko* at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年07月17日

じゃがいもスープ、ポテトサラダ

先日の肉じゃがに続きじゃがいも料理第二弾です。今回も炊飯器でじゃが芋を蒸しました。

1.じゃがいも2個、水1カップを入れ炊飯器「調理」スタート 40分で終了

ジャガイモ炊飯.JPG

じゃがいもを切ってみるとほくほく!このまま塩でもおいしい〜♪

40分.JPG

熱いうちに皮をむいてつぶす 

マッシュポテト.JPG

2.半分をスープにする
小鍋にポテト、バター、牛乳をあたためなめらかになったら塩胡椒で味つける ミントを散らす

ジャガイモスープ.jpg

3.半分をポテトサラダにする

ポテトサラダ (2).JPG

半つぶしのポテトに塩胡椒少々、マヨネーズで味つける
キュウリ、トマト、玉ねぎ、刻んだ茹で卵1個を加え和える
皿にポテトサラダを盛り、茹で卵櫛切りをかざる

メモ:じゃが芋をゆでる、蒸す方法
1.大鍋で丸ごとゆでる 1時間
2.炊飯器「調理」コースで丸ごと蒸す 40分
3.シリコンスチーマーで切ってレンジで蒸す 5分

時間がある時は炊飯器「調理」が手間いらずカンタンでおいしい、お勧めです。じゃが芋の芯まで火が通りさらに芋のうまみが増します。「調理」が無い時は「早炊き」か「炊き込み」40分で試してみてください。時間のない時はレンジで時間短縮も可。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の天気予報 東京23区 ピンポイント予報
最高38度 最低27度 雨の確率30% 今年最高の気温
posted by naoko* at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年06月14日

かぼちゃのヴィシソワーズ

かぼちゃのポタージュです。夏用に冷やしてヴィシソワーズ仕立てにしました。

かぼちゃヴィシソワーズ.JPG

かぼちゃのヴィシソワーズ

1.かぼちゃ1/4個のワタをとり、皮つきのまま1cm厚さに切り2cm角に切る
シリコンスチーマーに並べ蓋をしてレンジ600W7分加熱する 
串がすっと通る位に柔らかくなったらミキサーにかけるかフォークでつぶす

2.つぶしたかぼちゃに牛乳同量を加えのばす、塩胡椒、粉チーズで味つける
あれば生クリーム(今回はサワークリーム)少々加え冷やす バジルかミントを散らす

メモ:一人暮らしを始めた孫からのリクエストでレシピをアップしています。
ミキサーにかけるとさらに滑らかなスープになります。ミキサーがなければ裏ごし、すり鉢でも可。
シリコンスチーマーの代わりに耐熱皿にラップでも可。

posted by naoko* at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月22日

絹さや卵とじ

絹さや卵とじ.JPG

産直の新鮮な絹さやを頂きました。グリーンの莢の中にふくらんだ若い豆が透けて見えます。バター炒め、お味噌汁、煮物など何にしてもおいしい初夏の食材ですが今回は卵とじにしてみました。やさしい味わいの澄まし汁仕立てです。

絹さやの卵とじ

1.鰹昆布だし、塩、酒、薄口醤油で味を調える

2.鶏肉、絹さや適量を投入、2〜3分煮て卵でとじる

最近、お野菜をいただくことが時々あります。自家菜園の野菜だったり、地場野菜店のものだったりいろいろです。都会のお付き合いの中では珍しいことでなんだかうれしいですね。
posted by naoko* at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月18日

カボチャのポタージュ

5月のカボチャを購入したのですが未熟で甘味が足りない・・・5月はカボチャの旬ではないので仕方ありませんね。サラダを作るつもりでしたが、ポタージュにしました。栄養価の高い緑の皮ごと使ったらこんな黄緑色のクリーミーなスープになりました♪

かぼちゃヴィシソワーズ.JPG

カボチャのポタージュ

1.カボチャ4分の1個のわたをとり皮をよく洗う
皮ごと2cm角切にしてシリコンスチーマーに入れレンジ600W7分加熱 3分余熱でむらす
すり鉢でつぶすかミキサーにかけてペースト状にする

2.牛乳200ml、塩、胡椒を加え好みの味に調え温めるとポタージュに
冷やすとヴィシソワーズ風に
バジルかミントの葉を散らす

posted by naoko* at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月15日

筍と山蕗のしぐれ煮

IMG_2777.JPG

先日下処理をして冷凍しておいたと山で煮物を作りました。白いご飯が進みます♪

筍と山蕗のしぐれ煮

1.ゆでた筍中1本 乱切り
下ごしらえをした山蕗10本 4cmに切る
豚バラ肉100g、生姜千切り、木の芽少々

2.油少々熱し豚バラ肉と生姜千切り少々を炒める
筍と蕗を加えて炒める
酒、みりん、砂糖、醤油を加え混ぜながら炒める
やや濃い目に味付けた方が冷めてもおいしい
煮汁がすっかりなくなったらできあがり
木の芽を散らす
posted by naoko* at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年05月09日

筍を冷凍保存する

朝掘りの筍をたくさんいただきました。えぐみもなくとても美味しい筍なので長期に使えるよう冷凍しようと思います。

ネットの情報によると、ゆでてカット、みりん酒、醤油で薄味をつけて、煮汁とともに冷凍するのがよいとか。oyukidesuさんのレシピを参考にしました。

筍を3等分して用途別にカット。
穂先は木の芽和えやパスタ、真ん中は丸い輪切りの若竹姿煮、下の部分は千切りにして炒め物や佃煮にする予定。

筍2.JPG穂先

筍1.JPG真ん中

筍3.JPG下の方

ジップロックに煮汁とともに詰める、空気を抜いて閉じ冷凍する

筍.JPG

調理する時は袋ごと氷水で解凍、煮汁を捨て新しい調味液で味を調えます。この方法だと1年以上保つのでいつでも筍が使えるそうです。
posted by naoko* at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年04月27日

一汁一菜

味噌汁.JPG

夕食の献立を考えるとき、以前は主菜・副菜・汁物の順でしたが、この頃はまず汁物を優先です。具沢山の味噌汁があればあとは何か一品添えて一汁一菜のでき上がり♪ 温かい汁物は鍋物にもなり、それだけで主菜になる一品だと思います。

食べ盛りの子どもたちには質量ともにたっぷり必要ですが、年を取ってくると質の良いものを少量で十分と思うようになりました。

料理家の土井善晴氏の一汁一菜の勧め 
そういえば半世紀ほど前の日本人の食卓は一汁一菜でした。健康な体に必要な質と量の食事を考えるきっかけになるかもしれませんね。
posted by naoko* at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年04月20日

竹の子吸い物、若竹煮、時雨煮

今年は竹の子が不作だそうです。いつもより少し遅れて入荷した朝掘り竹の子をその日のうちに大鍋でゆでました。

先ずは
1.お吸い物
昆布鰹だし、塩、薄口醤油、酒で味付け
先端の柔らかい穂と若布を煮て木の芽をそえる

若竹吸い物.JPG

2.若竹煮 
竹の子の真ん中の柔らかい所と若布
だし汁、塩、薄口醤油、みりん、酒であっさりと炊く

若竹煮1.JPG

3.時雨煮
竹の子の下の硬い所を薄く刻んで豚肉と時雨煮に 
砂糖、みりん、酒、濃口醤油で濃い目に味付け、汁気がなくなるまで煮る 白いご飯によく合います

筍豚時雨.JPG

大鍋たっぷりの水、ぬか、鷹の爪、竹の子をいれて30分ゆでて冷ましました。一切れ味見をするとかなりえぐみが強いようです。皮をむき一晩水につけてあくを抜き、それぞれに切ってからもう一度ゆでこぼしました。これでかなりえぐみが抜けました。木の芽をたっぷり添えていただきます♪竹の子、新若布、木の芽。どれもこの季節ならではのご馳走です。
posted by naoko* at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年03月25日

春キャベツのスープ

お腹に優しい炊飯器スープシリーズです。

キャベツシチュー.jpg

胃腸炎の回復期にぴったりの春キャベツスープにしました。今回も炊飯器に材料を放り込んでスイッチオン!だし代わりの鶏スペアリブがとろとろに柔らかく煮えています。

春キャベツのスープ 炊飯器で

1.炊飯器の内釜にすべて入れる
鶏スペアリブ4本に塩胡椒
春キャベツ4分の1、じゃが芋1個、人参、玉葱、椎茸適宜切る
鰹だし汁2カップ、ガラ味スープ顆粒小さじ1を加える

2.蓋をしてコース「調理」を選ぶ、炊飯する
30分経ったら一旦切り、蓋をあけて牛乳2カップを加え、シチューミックス顆粒大さじ2を加えて混ぜる

IMG_2339.JPG

3.蓋をして再び「調理」のスイッチオン、5分加熱したら終了
お皿にスープを盛り、塩ゆでしたアスパラをのせる

メモ:炊飯器「調理」コースは40分ですが、今回は5分短めに切り上げました。これで十分柔らかくなっています。シチューやカレーなどの場合も、いったん火を止めて温度を下げルーを投入するとよろしいでしょう。
posted by naoko* at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物