2017年07月22日

イワシのみりん干し

生イワシを1パック買ったら多すぎて残ってしまいました。さて、どんな風に保存しましょうか。イワシは足が速い(傷みやすい)ので、すぐ下処理をして醤油漬けにしました。翌日1日干すとみりん干しの完成です。

イワシみりん干し.jpg

みりん干し甘酢.jpg甘酢漬け

ワシのみりん干し

1.生イワシの頭、内臓をとり塩水でよく洗い骨際の血を取り除く
骨にそって包丁を入れ開く

2.醤油大さじ2、みりん、酒、砂糖を各大さじ1混ぜる
味はお好みで、ちょっと甘めがおすすめ

3.平らなバットにいわしを並べ、2の調味料をかける
生姜と青柚子薄切りをちらす
冷蔵庫で一晩おく 途中上下をかえす

4.イワシの水分を拭きとり、炒りゴマをふる
網に並べ、半日〜1日干す
ガスグリルの中弱火でこんがり焼く
焼いたあと甘酢漬けにするとさらに美味しい♪

メモ:手作りのみりん干しは生に近く市販の物とはまた違った美味しさです。焦げやすいので中火から弱火で焼きます。
posted by naoko* at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180413933
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック