2017年01月30日

炊飯器でポトフ

炊飯器は圧力鍋である・・・らしいと気づいてから色々実験をしています。メーカーは必ずしも推奨していませんが、実際に調理してみると圧力鍋とほぼ同等の結果が得られました。

骨付きスペアリブと野菜たっぷりのポトフはどうでしょうか。材料を入れコース「調理」を選んで炊飯スタート。40分後に出来上がりました。野菜が芯まで柔らかくほくほくで煮崩れしていません。

ポトフ.JPG

IMG_1838.JPG

炊飯器でポトフ

1.豚スペアリブ1パックは5分ゆでて余分な脂肪を落とす
ベーコン、ソーセージなど

2.じゃが芋、人参、玉ねぎ、キャベツは大き目に切る
水1リットル、減塩だし1袋、ニンニク、生姜、ローリエ、塩胡椒、薄口醤油適量

3.全ての材料を内鍋の目盛5まで入れる 蓋をして調理コースで炊飯する 40分後に出来上がり
粒マスタードを添えて召し上がれ

メモ:注意点は、調理後に蓋の裏の部品の汚れをよく洗うこと。材料を目盛5以上にならないようにすること。「調理」コースを使えばほとんどの料理が問題なく出来上がります。
炊飯器買い替えの時に古い炊飯器を処分しましたが、調理専用にとっておけばよかったと後から悔いています。

2017年01月29日

Soji hachi 素地鉢

素地鉢は石川県の伝統工芸品山中漆器の漆を塗る前の木地のお皿です。材質は栓の木(ハリギリ)で木目の美しさが際立っています。

IMG_1808.JPG

IMG_1806.JPG

何よりの特徴は軽いこと、直径21cm大皿が154g。磁器のパスタ皿650gに比べると信じられない軽さ。最近重いものが持てなくなった身にはありがたいお皿です。どんな料理を盛り付けてみましょうか。楽しみです♪

Soji hachi  素材:栓 横木取り 
石川県加賀市 畑漆器店
posted by naoko* at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2017年01月28日

おでん


おでん.JPG

寒い日にはやっぱり温かいおでん、ですね。
生協のおでんセット7種(ちくわ、さつま揚げ、海老団子、イカ天、がんも、じゃが天、結び昆布、タレつき)。
それに大根、こんにゃく、ゆで卵を加えました。

おでん

1.大根は1cm厚さに切ってレンジで5分加熱
こんにゃくは表面に網目を入れ三角に切りゆでる
卵は10分ゆで殻をむく

2.鰹昆布だし1Lとタレ(添付)を温め、大根、コンニャクを煮る
次いでちくわ、昆布、練物を加え5分中弱火で煮る
じゃが天、がんも、茹で卵を加え2分弱火で煮て冷ます

甘味噌、柚子胡椒、辛子をそえる

メモ:具は硬いもの、味の染み難い大根などを先に、煮崩れやすいじゃが天は最後にさっと、3段階に分けて加えます。

2017年01月27日

梅が満開

ご近所の紅白の梅が満開です。年々梅の開花が早くなっています。羽根木公園の梅まつりは2月11日から。それまで花がもつといいのですが。2011年3月の羽根木公園の梅です。

IMG_1826 (480x360).jpg

IMG_1829.JPG

クチナシの実が鈴なりです。
古くは自然の着色料としておせち料理に使われましたが今はどうでしょうか。

IMG_1828 (480x360).jpg
posted by naoko* at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年01月26日

立体花壇 

近くにできた新しいマンション玄関の壁が花で覆われています。植物の色合いがシック!これは何でしょう?

IMG_1821.JPG  IMG_1822.JPG

IMG_1824 (375x500).jpg

造花かな?いや生花でした。
ガーデン・シクラメン、クリスマス・ローズ、ブルー・デージー、黄や赤の観葉植物、蔓ものなど様々な植物が一株づつ壁の凹面に埋め込まれています。カセット式立体花壇というそうです。

ビル全体を緑化するという試みはありますが、こういう小規模な壁面をお洒落に花でデザインする方法は初めて観ました。我が家の無秩序に増殖中の鉢植えをこんな風にできたら・・・と夢のようなことを考えています。
posted by naoko* at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年01月25日

炊飯器で黒豆を炊く


kuromame.jpg

IMG_1784.JPG

黒豆を炊くときは圧力鍋が登場します。たった数分でふっくらと柔らかくなり劇的に時間短縮になります。4,5リットルの圧力鍋は大家族の調理によく活躍してくれましたが、さすがに古ぼけてパッキンが緩くなっています。お鍋自体も重くて片手で持ち上げることができません。そろそろ使い納めかな・・・と。

さて、小さい圧力鍋に買い替えようかと思っている時にふとひらめきました。最近買い替えたIH圧力炊飯器で黒豆も炊けるのでは?と思いメーカーに問い合わせてみました。「レシピ集に出ている肉じゃがとプリン」だけしか調理できません、という答えでした。杓子定規な返事ですねえ。まさか、そんなことはないでしょう。

もう何十年主婦をやっているので、そこは臨機応変に自己流でやってみることにしました。まず、Cookpadを見ると、炊飯器で黒豆を炊くレシピがたくさんありました!おかゆモードで炊くというのがポイントのようです。

炊飯器で黒豆を炊く

1.黒豆250gを洗い一晩水に浸けておく

2.炊飯器のお釜に、黒豆と水1,2リットルを入れ、おかゆモードで炊く 15分蒸らす
味見をするとまだ皮が硬いのでもう一度おかゆモードで炊く
指で押してつぶれる位になったら終了

3.大鍋に黒豆と煮汁を移し直火にかける アクをとる
砂糖200gを2回に分けて加え、煮詰めていく
最後に醤油小さじ1、塩小さじ1/2加える
紙の落とし蓋で表面を覆い鍋蓋をして一晩おく

4.翌日黒豆を煮たてる ガラスビン3−4個煮沸消毒する
ビンに詰めて密閉する 未開封で数か月は保存可能

メモ:圧力鍋と炊飯器の比較。
圧力鍋は6分で柔らかくなる。
炊飯器おかゆモード1回ではまだ豆が硬く、同じ工程を2回くりかえす。合計2時間かかる
もう一つ、使用後の炊飯器は黒豆のカスでかなり汚れている。蓋の内側、外側の部品を外して念入りに洗う必要あり。
続いて白いご飯を炊くと赤飯のようになるかもしれないので、雑穀ご飯にしました。メーカーが他の料理を推奨しないのは多分そういう理由があるのかもしれませんね。

炊飯器はご飯を炊く、圧力鍋は硬い豆や肉を炊くという得意技があります。やっぱり両方あるといいな〜。最近、電気圧力鍋(シロカ製)という製品が目に留まりました。小さくて軽くてタイマー調理できるのが安全かなと思います。どなたか使ったことがある、という方はいらっしゃいますか。
posted by naoko* at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2017年01月23日

パソコンが故障!

  IMG_1787.JPG
  

1週間前に硬いつぼみだったアネモネがほぼ満開になりました。
10℃位の寒い玄関先なのでお花が長持ちしています。枯れた葉をとり、寄せ植えの鉢から蔓性のラベンダーを少し足してあと数日は楽しめそうです。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

昨日は突然パソコンが故障してあたふたしてしまいました。文字を入力しようとしたら無意味なひらかなの羅列が現れローマ字入力ができません。ツールバー変換モードは 「あ 般」、キーボードの「半角全角漢字」を触ってみてもまったく変化なし。再起動をしてもダメ。

そこで、スマホで入力を試みましたが字が小さくてタイヘン!若い人はスマホで書き込みなんかもしているのでしょうか。掲示板にはなんとか入ることができましたが、ブログはログインできずギブアップ。
夜になってあちこち触っていると「システムを初期化する」というメッセージが出てきました。もう初期化しかない、とクリック!初期化には30分以上かかりましたがやっと正常に戻りました。やれやれ。

週末の土日は電気屋さんが休みなのでどうしよう〜?苦し紛れに自分であちこち触っているうちに解決策が見つかりました。パソコン初心者が触っても壊れることもなく、メッセージに従って行くとなんとなく解決策が見つかるというのがコンピューターの賢いところですね。ちょっと慌てましたがフラストレーションが解消してうれしい一日でした。
posted by naoko* at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2017年01月21日

三色丼

先日の紅鮭そぼろに鶏そぼろ、スナップエンドウを合わせて三色丼にしました。紅鮭は塩味、鶏そぼろは甘辛生姜味、エンドウは塩ゆでです。

三色丼.JPG

娘の小さい頃よく三色弁当を作りました。鶏そぼろ、煎り卵、ほうれん草など組み合わせは幾通りかあり、漬物、ミニトマトなど添えて持たせたものです。今は昔、懐かしいお弁当作りの日々です。

  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

全豪オープン4回戦の対戦が錦織圭対フェデラーに決定。元世界ランキング1位の35歳フェデラーは錦織圭の少年時代からの憧れの人、フェデラーは錦織の大ファンで練習相手に指名したこともあり、実力を認めているそうです。過去の戦績は錦織の2勝4敗、勝敗にかかわらず二人はきっと楽しいテニスを見せてくれるのではないかと期待しています。試合は22日午後5時から。

2017年01月20日

デコポン1個でピールを作る

昨年限りでピールは作らないと決めていたのですが・・・、きれいな無農薬のデコポンを見るとまた作りたくなりました。
本格的ピール作りはとても手間がかかりますが、少量を簡単にちゃちゃっと作るこんな方法もアリかなと思います。

デコポンp.JPG

デコポン1個でピール

1.デコポン(減・無農薬)1個を4等分 皮を使う
鍋にたっぷりの湯をわかし皮を2回ゆでこぼす
皮の白いワタの部分をナイフでそぎ落とし千切り

2.耐熱容器にデコポン、砂糖大さじ2、レモン汁大さじ1、ラム酒大さじ1を入れラップする 
レンジ600Wで3分加熱 全体を混ぜる
もう一度ラップなしで2分加熱 混ぜる 
さらに汁気がほとんどなくなるまで加熱
味をみて硬さ甘さなどを確認し、よければ終了

3.デコポンをワックスシートの上に並べ1日乾燥する
グラニュー糖をふる 冷蔵庫で保存

オレンジブレッド
デコポンピールとクルミ入り

オレンジブレッド.JPG
posted by naoko* at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2017年01月19日

紅鮭そぼろ

紅鮭そぼろ (2).jpg

お正月用の紅鮭が冷凍庫に残っています。尾やアラが売れ残ってしまいすでに1ヶ月が経過。もう処分しようかなと思いつつ、もったいないので捨てられません^^
思いついて紅鮭のそぼろにしてみました。これが思いがけず美味しくてご飯のお供に最高です♪

紅鮭そぼろ

1.紅鮭(中塩)3切 
鍋に鮭とたっぷりの水を入れ、沸騰してきたら弱火で3分煮る
冷水にとり皮と骨をとる 身を粗くほぐす

2.油をひかないフライパンで鮭を乾煎りする
酒大さじ2、砂糖大さじ1、生姜みじん切り適量を加え炒める
いりごま大さじ1、あれば花椒をふる

メモ:紅鮭(中塩)は塩分がやや強めだったのでゆでて塩抜きしました。味付けには塩を使わないでちょうど良い塩梅でした。
posted by naoko* at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2017年01月18日

ヒイカと葉玉葱のぬた

旬のヒイカと葉玉葱の酢味噌和えです。
ゆでて切るだけの簡単なお通しですが季節を感じさせてくれる取り合わせで大好きな食材です。
葉玉葱は葉つきの若い玉葱です。

ヒイカぬた.jpg

ヒイカと葉玉葱のぬた

1.ヒイカ1パック 2杯
小鍋に湯と酒少々をわかし丸ごと1分ゆでる
ゲソと胴に分け軟骨と目玉をとる 輪切りにする

2.葉玉葱1本を4cm長さに切り、塩ゆでする
太い所は縦1cm幅に切る

3.器にヒイカ、葉玉葱を盛り酢味噌をかける

メモ:ヒイカは小型で柔らかいのでさっと火を通します。ぬたの他、煮物、パスタやシチューにもよく合います。
葉玉葱は柔らかく辛みが少ない玉葱で葉も根っこも全部食べられます。

2017年01月16日

アネモネとカスミソウ

アネモネ.JPG

生協で注文したアネモネとカスミソウの花束が届きました。

赤、白、ピンク、紫のアネモネに白いカスミソウ

ガラスの花瓶に生けると部屋の中は一気に春色に〜

花壇のアネモネが咲くのは4月になってから
まだひょろっとした葉っぱが出ているだけです。


ただ今テニス全豪オープン 錦織圭対クズネッツォフ観戦中。
フルセットの末、初戦勝利!
posted by naoko* at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年01月15日

マイナス3度!

今朝の東京は−3度まで下がり今年冬もっとも寒い一日となりました。青空でお日様が射していますが外へ出ると肌を刺すような寒気です。

真冬でも健気に咲いているのはシノグロッサム 昨年のこぼれ種から育ったもの。 本来は春の花ですが今ではほぼ1年中途切れることなく咲いています。

IMG_1680.JPG

そして ラベンダー 昨年9月に購入した寄せ植えの花のひとつ。
他の花は全て終わりましたがラベンダーは二度目の花が満開です。絡み合った茎をなおしていると良い香り〜♪

IMG_1715 (480x360).jpg
posted by naoko* at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年01月14日

お餅で甘酒を作る

最近甘酒の良さが見直されているようです。「飲む点滴」などと呼ばれるほど栄養価が高いとか。昔はこたつに入れておくと翌日には甘酒ができていましたが最近は炊飯器の保温で作れるそうです。早速作ってみました。

IMG_1705.JPG

甘酒の材料は普通もち米かうるち米を使いますが、お餅で代用するレシピを参考にしました。

お餅で甘酒

1.餅6個300gを4等分に切りしばらく水300mlにつけておき柔らかく煮る 
ボール(内径19cm)に移し60℃に冷ます

2.麹200gを手でほぐしながら投入 手早く混ぜる
かなり硬いが、この状態で大丈夫?お湯を50ml足す

IMG_1691 (480x360).jpg

3.炊飯器の内釜に60℃のお湯を張り、蓋をしめて保温ON
蓋をあけて2.のボールをのせ湯煎状態に
炊飯器の内径20cmにボールがちょうどのるように
お湯はボールの底ひたひた、目盛3位まで張る

IMG_1692 (360x480).jpg

4.ボールに濡れ布巾をかぶせ、蓋はあけたまま放置する
1時間ごとに上下を返す まだ硬い

3時間後、麹の発酵する香りが部屋中に漂う ジュワーッと水分が出てきてかなり柔らかくなってきた ちょっと味見をすると、甘い!

IMG_1701 (480x338).jpg

8時間後、硬めのおかゆ状態になり、驚くほど甘味が増している
これで甘酒の素完成 時間があれば12時間発酵する
3〜4倍に水で薄め温める おろし生姜を散らす 
ホットまたは冷たいままでも 約10日間は冷蔵保存できる

甘酒.jpg

メモ:みやこ麹のレシピはうるち米1カップを3倍粥に炊いてこうじを混ぜ炊飯器で発酵させる、という方法です。今回はお正月の残りのお餅を利用するCookpadのレシピも併せて参考にしました。

昔の炬燵で保温する方法に比べて炊飯器保温は格段に楽で優れています。自然の甘味が十分に引き出されていて砂糖は不要、おいしくできました。ひとつ発見したこと、甘酒は便秘に効果ありです♪
posted by naoko* at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュース、飲みもの

2017年01月13日

菜の花あんかけ豆腐

菜の花がもうお店に並び始めました。日本海側では大雪の予報が出ていますが菜の花の若草色には早春の息吹を感じます。
寒い日に菜の花と豆腐の温かいあんかけなどいかがでしょう。

菜の花あんかけ.JPG

菜の花のあんかけ豆腐

1.菜の花は茎先1cmを切り水に放す 4cm長さに切る
絹ごし豆腐半丁は6等分する
海老6尾(冷凍)

2.昆布鰹だし、薄口醤油、塩、酒適量で吸い物程度に味つける 
豆腐を投入2分煮る
菜の花の茎、葉を入れ、海老(半解凍)を入れさっと煮たてる
水溶き片栗粉を加えてとろみをつける

メモ:菜の花は火を通し過ぎないように緑色と歯ごたえを残す
お椀に盛ってまずおつゆと菜の花の香りを味わい、ついでお豆腐にポン酢をかけて召し上がれ
posted by naoko* at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2017年01月12日

紅梅 開花

ご近所の紅梅が見ごろになっています。澄んだ青い空にピンクの花びらが浮かんでいる様子を見るともう春の気分ですが、北国では大雪が降っているとか。

IMG_1675.JPG

紅梅1.JPG

2年前の同じ紅梅は1月末に5分咲きでした。今年は暖冬で1ヶ月ほど早い開花です。
posted by naoko* at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年01月11日

フルーツニンジン

コンビニの産直野菜の棚で見つけたフルーツニンジン。きれいなイエローでフルーツのように甘い人参 生やサラダに最適というキャッチフレーズにひかれて買ってきました。(群馬県産)

フルーツ人参.JPG

フルーツニンジンのサラダ

フルーツ人参サラダ.jpg

1.フルーツニンジンとキュウリはピーラーで薄く削る
デコポン、苺 適量

2.ドレッシング 柚子一個絞り汁、塩胡椒、蜂蜜、オリーブ油適量
全てを混ぜる

メモ:フルーツのように甘い、というほどではなく普通の人参より香りも薄いニンジンでした。切り方調理法を変えてみるとまた違った味になるかもしれません。

2017年01月09日

冬休み(5)信州の仏たち

信州にはあちこちに小さなお寺や仏像があります。今回はそんなお寺の一つ「高厳寺」で夫婦地蔵と金剛力士像に出会いました。春は枝垂れ桜が美しいお寺です。

IMG_1606 (480x360).jpg

IMG_1608.JPG

IMG_1605.JPG

路傍に佇む野仏たち。大人も幼い子どもの姿もあります。

野仏.jpg
posted by naoko* at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2017年01月08日

冬休み(4) おみやげ

旅行中その土地のおみやげを買うのも楽しみの一つです。地方限定の産物には特に好奇心をそそられます。今回は信州限定のポテトと群馬名物のお菓子を買いました。偶然手に取った2品ですがどちらも期待以上でアタリ!でした。

1.「信州限定 じゃがですよ!」

じゃがですよ! (354x480).jpg

ポテトフライの信州牛肉すき焼き味。ポテトがさっくり揚がっていておいしい。次回はワサビ味、野沢菜味も買って来ようと思います。
長野県 タカチホ製

2.「旅がらす」

p073a0003-thum-01.jpg

鉱泉煎餅のクリームサンド。甘しょっぱくてサクッとした食感があとをひく美味しさ、と好評でした。高速道路の売店で買いましたが歴史ある銘菓だそうです。
群馬県 清月堂製
posted by naoko* at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行

2017年01月07日

冬休み(3) 野菜料理3種

お正月料理の定番、根菜の煮しめと手綱こんにゃく味噌煮です。

煮しめ、こんにゃく.jpg

里芋、京人参、ゴボウ、しめじ、鶏肉とお雑煮のだしを取った後の昆布を甘辛の醤油味で煮ました。
昆布が多すぎたかな?と思いましたがおいしくてあっという間に完食です。彩りにギンナンを散らしました。急いでいて盛り付けがいささか雑ですが・・・^^;

こんにゃくは手綱にしてゆで、豚肉、生姜、ニンニク、味噌、みりんで炒め煮しました。こんにゃくに一部隙間が空いているのはダレかが味見をした痕です(笑)。

パプリカのマリネ 柚子ドレッシング

パプリカマリネ.jpg

パプリカはガスグリルで黒焦げになるまで焼いて皮をむき細切り
柚子1個の絞り汁、皮すりおろし、オリーブ油、塩胡椒、ローズマリーのドレッシングでマリネ
パプリカの甘味、柚子の香りがさわやかな一品
posted by naoko* at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行