2016年12月30日

チューリップ発芽


チューリップ.jpg

11月に植えたチューリップとムスカリが芽を出しました。アジサイには冬芽がつき、梅には莟がついています。冬の真っただ中、ほとんど枯れてしまったように見える草木ですが新しい命の息吹が始まっています。

ブログと掲示板に投稿してくださる皆さまへ 今年1年のおつき合いをありがとうございました。皆さまとの会話が日々の愉しみ励みになっています。初めての方もcomment欄にひとこと残していってくださるとうれしく思います。

年末年始はブログをお休みします。皆様どうぞ良いお年をお迎えください。来年もまたよろしくお願いいたします。
posted by naoko* at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年12月29日

麻婆豆腐


IMG_1547.JPG

冷蔵庫の中に賞味期限が過ぎた豆腐を発見、これを何とかしなければ・・・と麻婆豆腐にしました。挽肉の代わりに豚バラ肉をみじん切りにして代用。最後に自家製花山椒 をふるといい香りがします。

麻婆豆腐 

1.豆腐ミニ1個をゆでるか、レンジ1分温め水切り

2.調味料を合わせる
甜麺醤(赤味噌)、豆板醤、醤油、オイスターソース、ガラ味スープの素、紹興酒、ケチャップ、砂糖を混ぜる

3.豚バラ肉粗みじん切り適量 フライパンに油を熱し、炒める
ニンニク、生姜、ネギ 、エリンギ、粗みじん切り適量を炒める

4.2の調味料、鰹だし適量を加えて煮立てる
豆腐を切って入れ3分ほど煮る
水溶き片栗粉でとろみをつける 
青ネギをちらし胡麻油をたらす 花山椒を指でひねってちらす

メモ:賞味期限が1週間過ぎた豆腐は食べられるでしょうか。未開封で色や匂い手触りに変化がなければ大丈夫だと思っています。豆腐は十分に加熱調理すればまったく問題なく食べられました。(これはあくまで個人的意見です^^)

2016年12月28日

白菜の玄米こうじ漬け


IMG_1519.JPG

お友達から頂いた「玄米こうじ漬けの素」が美味しいので使ってみて、と娘からお裾分けをもらいました。野菜、肉、魚、何にでも使える万能調味料だそうです。
少し前に話題になった塩麹の乾燥品のようなものでしょうか。麹のうまみでいつもの野菜浅漬けがとても美味しくなりました。

白菜麹漬け.jpg

白菜の玄米麹漬け

1.白菜、キュウリ、人参 適量 合計200g

2.玄米麹の素大さじ1,5 酒、みりん、カンタン酢各大さじ1、昆布茶少々を混ぜ合わせる (好みでオイル少々)
ポリ袋に入れてもむ 半日位で食べられる

メモ:麹の甘味と塩分が利いていて、野菜の下漬けをしなくてもちょうど良い塩梅です。
実はみりんと間違えて米油を入れてしまいましたが、意外に野菜となじんで美味しく、これもアリではないかと思います。
posted by naoko* at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2016年12月26日

黒豆

クリスマスが過ぎて今年も残り僅かになりました。お正月の準備を少しずつ始めています。まずは保存の利く黒豆を炊きました。

黒豆.jpg

黒豆

1.丹波大粒黒豆 1袋 200g
水洗いして1.2リットルの水に一晩浸ける

2.圧力鍋に入れ火にかける 浮いてきたアクをとる
蓋をして圧力をかけ5分加熱 15分蒸らす

3.蓋をあけて豆が柔らかくなったのを確かめ
砂糖170gを2回に分けて加え、塩小さじ1/2を加える
煮汁がひたひた位になるまで煮詰める
一晩おいて味をなじませる 甘さは控えめ
煮沸消毒したビンに詰める 長期保存が可能

メモ:黒豆は15年産(前年)使用 新豆の場合は加熱時間を短めにする
posted by naoko* at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おせち料理

2016年12月25日

ロースト・チキン

クリスマスイブの夕食にロースト・チキンを焼きました。鳥取県大山産の地鶏をオーブンで1時間半焼いたところです。

ローストチキン1.JPG

今年のロースト・チキンの焼き加減はどうでしょうか。皮がぱりっ!肉はジューシーでいい感じ♪塩加減もちょうどいいようです。今年のレシピです。

ロースト・チキン 4人分

ローストチキン.JPG

1.ロースト・チキン用丸鶏一羽 2,5kg
塩0.8%(21g)、粗挽き胡椒、おろしにんにく、プロバンスハーブを全体によくすりこむ
お腹の中にも同様に塩胡椒する 紐で足をしばり形を整える
天板にくず野菜を敷き、チキンをおく オリーブ油を垂らす

2.200度に予熱したオーブン下段にいれ、90分焼く
途中前後を入れ替え、焦げるようなら180度に下げて焼く
加熱終了後、15分そのままおいて蒸らす

3.グレービーソース
チキンを大皿に取り出す
天板に残ったくず野菜を取り除き、チキンの肉汁を小鍋に移す
バターとワイン少々を入れ煮詰める 
チキンを卓上で切り分け、グレービーソースをそえる

前菜はサラダ、ピクルス、スモークサーモン
デザートは苺のショートケーキ

ケーキ.JPG

メモ:チキンは焼きたてがベストなので、食べる時間から逆算して2時間前に焼き始める。
おまけ:チキンを食べ終わった後の鶏ガラと野菜を煮て翌日スープにする。二度楽しめる♪
posted by naoko* at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年12月24日

クリスマス・イブ

  クリスマスツリー.JPG

今夜はクリスマスイブ

これからローストチキンの仕込みをします

皆さまもどうぞ良い一日を〜バー
posted by naoko* at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年12月23日

暴風雨から一夜明けて

昨夜関東地方は激しい雨と風に見舞われました。朝起きてみると鉢植えがひっくり返り、落ち葉が散乱しています。
そんな中、ラベンダーの花は何事もなかったように咲きしなやかな枝を揺らしています。今年二度目の花です。

ラベンダー.JPG

テレビでは糸魚川市で大きな火災が発生したことを伝えています。12月の寒空に家も財産も失った方々の苦悩を思うと言葉がありません。
posted by naoko* at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年12月22日

ソール・ムニエル

フレンチの定番 ソール・ムニエル ソール(仏)=舌平目
エリンギ、アスパラ、柚子を添えて

ソール・ムニエル.JPG

ソール・ムニエル

1.舌平目に塩胡椒、小麦粉をふる
フライパンにバターと油を半々に熱しこんがりソテー

2.茹でたアスパラ、エリンギを空いた所で一緒にソテー
レモンか柚子を添える

メモ:魚や肉に粉をまぶす時に便利なクッキングフラワー。パッパッとふると少量の粉が穴からでてきます。粉をムダにしない所がいいですね。

IMG_1496 (273x360).jpg
posted by naoko* at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2016年12月21日

シーザー・サラダ

シーザースサラダ.JPG

緑の葉ものたっぷりのシーザー・サラダ。
おろしチーズ、ベーコン、半熟卵の濃厚なドレッシングで。

シーザー・サラダ

1.レタス、セロリ、ルッコラ、セリ、イタリアンパセリなど

2.べ―コンビッツは1cm幅に切り紙に包んでレンジでチン
クルトンはパンにバターを塗ってトースト、角切り
パルミジャーノ・レジャーノおろす
半熟卵1個 おろしにんにく少々

3.シーザー・ドレッシングをかける

メモ:ドレッシングは市販(キューピー)を使いましたが手作りした方がおいしいかも^^
ロメインレタスが無かったのでレタスを使いました。
半熟卵はもっとレアでとろける位がベター。反省点がいろいろ。

2016年12月19日

サッカークラブW杯決勝戦

昨夜はサッカークラブW杯決勝戦をテレビ観戦しました。
世界の30万以上のクラブから日本の鹿島アントラーズが決勝に残るとは誰が予想したでしょう。素人サッカーファンも見てみたいと思わせる鹿島対レアル・マドリードの歴史的闘いでした。

予想では圧倒的にレアル優勢でしたが、鹿島MF柴崎が2点目をゴールしてリードするとスタジアムの雰囲気が一変!レアルのロナウドが眉をしかめ胸で十字を切り「神さま、お願い」というようなしぐさをしていたのが印象的でした。
スペインのメディアが「世界一のレアル・マドリードを恐怖に陥れた」と報じたとか。延長戦で敗れたとはいえ素晴らしい内容の試合でした。
それにしても海外組を招集した日本代表より純国産クラブの方が強いとは?ふしぎですね。1年間ともにリーグで戦ったクラブメンバーの方が戦術の連携や呼吸が合うのでしょうか。素人の素朴な疑問です。

サッカークラブ杯.jpg鹿島 柴崎シュート!

posted by naoko* at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年12月18日

カンタン酢であなご散らし

穴子ちらし.JPG

最近頻繁に登場するカンタン酢、掲示板で雅代さんに教えていただいた新製品です。酢がとんがっていないので、そのままストレートで使えるのが便利。

寿司飯はどうでしょうか。少量のご飯で試してみました。

カンタン酢であなご散らし 2人分

1.酢飯を作る
温かいご飯お茶碗2杯分 300g 冷凍ご飯解凍でも可
カンタン酢大さじ3を混ぜて冷ます

2.具を混ぜる
穴子(冷凍)は解凍、刻んでタレをかける
キュウリ、セロリ、パプリカはカンタン酢漬け
生姜甘酢漬け、炒りゴマ、海苔、大葉などあるものを何でも

メモ:昔は散らし寿司というと、たくさんの具を別々に用意する・・・手間のかかるものでした。そこでほんの少量を手軽に作れる時短レシピを考えてみました。一人暮らしの若い人たちに勧めたいカンタン酢と冷凍食品の現代の散らし寿司です。

2016年12月17日

サザンカからヤブツバキへ

今朝起きて雨戸を開けると庭の土がふわっと持ちあがり朝日にキラキラと輝いています。関東にも初霜が降りたようです。最低気温は―1℃。

サザンカがほぼ咲き終わり、ヤブツバキが咲き始めました。

サザンカ.JPG

ヤブツバキ.JPG

霜が降りるとバジルはあっという間に黒く凍ってしまいました。ルッコラや水菜、パセリは緑のまま元気に冬を越すでしょう。一番目立つのはマンリョウとセンリョウの赤い実。目立ちすぎて小鳥たちに見つかり食べられてしまいます。

11月に植えたチューリップやムスカリの球根類は土の中深くで冬眠中。植物たちはそれぞれの姿で冬を迎えています。
posted by naoko* at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年12月16日

ネギ炒め

ネギ炒め.JPG

ネギをたくさん頂いたのでネギ炒めを作りました。ネギ1本まるごと食べられるのでムダがありません。あっという間にできる一品でお酒のおつまみにもぴったり♪

ネギ炒め

1.ネギ1本 白い所から緑の部分まで全部 ごく薄く1ミリ位に斜め切り 大根おろし チリメンじゃこ適宜

2.フライパンにごま油を熱してネギを炒める 塩をふる

3.器にネギを盛り 大根おろし チリメンじゃこをのせる ポン酢をかける

メモ:ネギは色々ありますが、ネギ炒めには軟白ネギのようなやわらかタイプが向いています。

2016年12月15日

柚子が豊作(^.^)

IMG_1451.JPG

姫柚子の苗木を植えてから30年ほどになるでしょうか。桃栗3年、柿8年、柚子の大バカ18年という言い伝えがあるそうです。最初の10年は実が一つもなりませんでしたが、しびれを切らしてもう切ってしまおうか・・・と呟いたら翌年から少しづつ実が生り始めました。嘘のようなほんとの話。

今年は柚子の生り年でたくさん実をつけています。青柚子も熟した黄柚子の実もそれぞれに使い道があり、ほぼ毎日のように食卓を賑わしてくれます。そうめんの薬味、焼き魚、浅漬け、ジャム、ドレッシングなど様々な料理に登場しています。

狭い庭に実のなる木を何本か植えてありますが、今のところ柚子と山椒の木が順調に育っています。失敗したのはアンズと柿の木!これらは高木になるので庭には向きません^^;
posted by naoko* at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年12月14日

鯵のエスカベーシュ


エスカベーシュ.JPG

鯵をソテーして甘酢に漬けたエスカベーシュ。
たっぷりの生野菜千切りを添えて頂きます。パンにもご飯にも合うおかずです。

鯵のエスカベーシュ

1.中ぐらいの鯵三枚おろし 4枚 2匹分
半分に切り塩胡椒して軽く粉をまぶす
フライパンに油を熱し両面を焼く
平らなバットに並べる

2.キュウリ、セロリ、人参千切り パセリ、ベビーリーフ適宜のせる

鯵エスカベーシュ。.JPG

3.甘酢をかける
カンタン酢大さじ4、白だし(薄口醤油でも)大さじ1、柚子絞汁1個分、白ワイン大さじ1、鷹の爪、ローリエ、粒胡椒適宜を合わせる
時々甘酢をすくってかけ室温で冷ます

メモ:昔は小鯵を油で揚げて甘酢に漬けた南蛮漬けをよく作りましたが、最近は中鯵のフィレをソテーしています。大量の油を使わずにすむ、骨がなくて高齢者や幼児も安全に食べられるのが良いところです。
posted by naoko* at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2016年12月12日

芋がら ずいき

芋ガラ.JPG

芋がら(ずいき)を頂きました。芋がらとは里芋の茎を裂いて干したもの、柔らかく戻して煮物や酢の物、味噌汁に入れて食べる郷土食です。
一見すると荷造りのひものようですが、ぜんまいに似た弾力と歯ごたえがあってなかなか味わいのある食べものです。
戦国時代には芋がらに味噌をしみこませた「芋がら縄」を携え、熱湯をかけて即席の味噌汁としたとか。現在のインスタントみそ汁のはしりと言えるかもしれません。

ずいきゴマ酢和え.jpg

芋がらのゴマ酢和え

1.芋がらをぬるま湯に1時間浸けて柔らかく戻す 
湯をとりかえアク抜きをする
たっぷりの湯で10分~柔らかくなるまでゆでる
冷水にとり3cm長さに切る 太い茎は食べやすい幅に裂く

2.甘酢(カンタン酢)、白だし醤油(薄口醤油でも)適宜
炒りゴマを軽く炒ってすり鉢で粗く擂る 
芋がらを和える 半日おいて味をなじませる

2016年12月11日

手づくり 鯖の一夜干し

旬の鯖で一夜干しを作りました。塩をふって干すだけ、実にカンタンですが極上の干物ができます!

鯖天日干し.JPG

グリルで焼いて、大根おろしと柚子を添える

鯖一夜干し.JPG

鯖の一夜干し

1.鯖は3枚おろしにしたものを買ってくると簡単
なるべく大きくて身の厚いもの、新鮮なものを選ぶ
天然塩を指3本で一つまみづつ、両面にパラパラとふる
塩加減はお好みで
軽くラップして冷蔵庫で一晩おく

2.鯖の水分を拭き ザルにのせ網をかぶせる(カラス除け)
外で半日以上お日様にあてる 途中上下を返す

3.グリルで焼く 大根おろし、ポン酢、柚子を添える

メモ:塩は精製塩でなく天然の粗塩がお勧め わが家では赤穂の塩を使っています。
外に干せない場合は日当たりのよい窓際でもOK。
posted by naoko* at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2016年12月10日

小松菜と豚肉オイスターソース炒め


小松菜豚オイスターソース.jpg

冬の青菜の代表と言えば小松菜とほうれん草ですが、小松菜にはカルシュームと鉄分が多く含まれるそうで女性にお勧めの野菜です。5分でぱぱっとできるオイスターソース炒めはいかがですか。

小松菜と豚肉のオイスターソース炒め

1.小松菜一束 洗って3cm長さに切る 茎と葉を分ける
豚肉薄切り100g 一口大に切る

2.フライパンに油をひき、豚肉を並べ焼き目をつける
シャンタン小さじ1をほぐしてふりかける
小松菜の茎、葉をのせる
オイスターソース大さじ1、酒大さじ1を加え蒸し焼きにする 

posted by naoko* at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年12月09日

エビチリ


エビチリ.JPG

中華の定番、エビチリ。ちょうど良いとろみをつけるのが難しい料理です^^;

エビチリ

1.エビ1パックは皮と背ワタをとり片栗粉をまぶして塩水でよく洗う 水分をふきとり塩、酒と片栗粉をまぶしておく 
生姜、ニンニク、ネギ 粗みじん切り適量

2.合わせ調味料を用意する
水70ml、鶏ガラスープの素小さじ1、紹興酒大さじ1、ケチャップ大さじ2、スイートチリ大さじ1、薄口醤油小さじ1、塩胡椒、片栗粉適宜を合わせる

3.ごま油を数滴たらした湯でエビをさっと湯通しする

4.フライパンに油、生姜、ニンニク、ネギ微塵切りを熱し調味料を投入 一煮立ちしたらエビを投入
仕上げに葱みじん切り、酢、胡麻油を垂らす

4.器にレタス、もやしなどを敷き、エビチリをのせる

メモ:ブラックタイガーを開いて使用しましたが、ちょっと大きすぎたかも^^くるんと丸まってくれませんでした。エビチリには中くらいのサイズのエビが向いています。辛みは豆板醤の代わりにスイートチリを使いました。
posted by naoko* at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2016年12月08日

豚肉味噌漬けのスープ丼


味噌豚丼.jpg

豚肉味噌漬けをグリルでこんがり焼きました。このままご飯のおかずにしてもいいのですが、ご飯に生野菜と豚肉をのせ、スープをかけお茶漬け丼にしてみました。さらさらと喉越しがよく食べやすいので風邪気味のときなどによさそうです。

お茶漬けというと漬物とお茶でさらさら・・・というイメージですが、わが家のお茶漬けはちょっと違いました。父の晩酌の〆に、母が作っていたお茶漬けは何種類かの漬物に挽肉そぼろをのせスープをかけたもので「シナ茶漬け」と呼んでいました。

豚肉味噌漬けのスープ丼

1.豚肉味噌漬けをグリルで焼く

2.生野菜:レタス、キュウリ、パセリ、玉ねぎ千切りにカンタン酢をかけ混ぜる

3.器にご飯、生野菜、豚肉を切ってのせる

4.吸い物程度の味のスープをかける(今回は鍋物の残り)
花山椒、炒りゴマをちらす