2016年05月30日

ホワイトアスパラガス

北海道から初夏の味覚ホワイトアスパラガスが届きました。ホワイトアスパラと言えば日本では缶詰が主流ですが、フレッシュなホワイトアスパラは今の季節だけのご馳走です。

044.JPG

プレミアムサイズのホワイトアスパラ 北海道ニセコベジ

アスパラ、ハニーマスタード.JPG

皮をピーラーでむいてレンジでチン 好みのドレッシングで頂きます。
シンプルにマヨネーズ、またはとかしバター&レモン
レストランではリッチなオランデーズ・ソースですが、
今回はちょうど作り置きのシーザース・ドレッシングをかけました。
グリーンはイタリアンパセリの花。パセリの花は意外におしゃれです、もちろん食べられます♪

1.アスパラは穂先から5cm下をピーラーでむく 
シリコンスチーマー(またはラップ)に並べる
レンジ600W、3本で3分半、5本で4分を目安に加熱する

2.シーザース・ドレッシング
マヨネーズ、レモン汁、粒マスタード、蜂蜜、おろしニンニク、粉チーズ、塩胡椒適量入れてよく混ぜる
アスパラが温かいうちにかけて召し上がれ

メモ:アスパラの茹で方について。産地からのお勧め調理法はレンジだそうです。以前は鍋で茹でていましたが、茹でるよりレンジで蒸す方が味が溶けださないで良いとか。加熱しすぎると味が落ちるので要注意。

2016年05月29日

山蕗と豚肉しぐれ煮

ふき.jpg

庭いっぱいに雑草が生い茂っています。ドクダミ、カタバミ、ハハコグサ、ハルジョオン、ハキダメギク、シダ、ツユクサ、その他名前も分からない草がぼうぼうです。植木屋さんにお願いして草取りをしてもらったら半日で45Lのごみ袋5個分ありました。

植木屋さんが草取りついでに、庭の山蕗を100本ばかり残していってくれました。さて、この大量の蕗をどうしましょうか。とりあえず1束アク抜きをして皮をむきゆでてさらし、豚肉と時雨煮にしてみました。フキは下ごしらえがメンドウなのが難点ですが味は上々でした。ご飯が進むおかずです♪

蕗と豚肉しぐれ煮.jpg

山蕗と豚肉のしぐれ煮

1.山蕗20本 300g の下ごしらえをする
鍋の大きさに合わせて半分に切る
鍋にたっぷりの湯とアク抜き(または重曹)大さじ1を溶かし蕗を入れる 煮立ったら火を止め10おく きれいな緑色になったら冷水にとる 

2.1本ずつ皮をむく 4cm長さに切る もう一度お湯で柔らかくなるまでゆでて水にさらす

3.フライパンにごま油大さじ1を熱し豚切り落とし100g、生姜千切り少々炒める 蕗を加え炒める
醤油、酒、みりん各大さじ4、砂糖大さじ1、だし汁か水100mlを加え中火から蓋をして弱火で30分じっくりと煮詰める 時々かき混ぜる
味を見て蕗がちょうど良い柔らかさになり、煮汁が蕗にからんでなくなって艶々としたら出来上がり

メモ:山蕗は硬く繊維質が多いので、十分なアク抜きと下ゆでが必要。アク抜きをし過ぎると歯ごたえと風味が失われます。時々味見をしながら、焦げ付かないようかき混ぜ時間をかけてとろ火で煮つめると極上の時雨煮になります。
posted by naoko* at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年05月28日

鮭のチャンチャン焼き〜シリコンスチーマーで

鮭チャンチャン焼き.JPG

シリコンスチーマーに野菜と鮭をぽんぽんと放り込み、チン!するだけという手軽なチャンチャン焼きです。大勢の時はホットプレートを持ち出しますが、アレは意外に出し入れがメンドウですね。1〜2人ならスチーマーがお勧め、洗い物が少なくて済みます。

鮭のチャンチャン焼き 2人分

1.生ノルウエーサーモン1切れは薄塩をしてしばらく置き水分を拭きとる 4つに切る

2.シリコンスチーマーにキャベツ1/8ざく切りもやし1/2袋、ネギ少々、しめじ1袋をぎっしり詰める
1.の鮭と豚バラ肉50gをのせバター20gをちらす

3.甘味噌ダレをつくる
麹味噌大さじ2、酒とみりん各大さじ2、豆板醤小さじ1、砂糖大さじ1、鶏ガラスープの素小さじ1、おろし生姜とにんにく少々、水100mlを混ぜ全体にかける

4.シリコンスチーマーの蓋をしてレンジ600Wで5〜7分加熱、3分蒸らす 卓上で取り分ける
posted by naoko* at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2016年05月27日

デコポンピール入り食パン

3月に作ったデコポンのピールの残りです。オーブン殺菌冷蔵で2ヶ月経ってもカビは生えません。

でこぽんピール.JPG

梅雨入り前の冷蔵庫掃除をかねて食パンに入れました。

オレンジ食パン.jpg

ほんのりとデコポンの香りがしてしっとりふわふわの美味しいパンるんるん

オレンジパン.JPG

デコポンピール入り食パン

1.水(常温の浄水)190mlと蜂蜜25gをケースに入れる

2.最強力粉(ゴールデンヨット)140g、強力粉(ゆめちからブレンド)140g
塩4g、スキムミルク6g、バター20g、ドライイースト3g
ケースに順に入れる
食パンレギュラーのスイッチオン

3.レーズンコールが鳴ったら、デコポンピール5ミリ角50gを投入、そのまま最後まで焼く
posted by naoko* at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パン、粉もの

2016年05月26日

孔雀サボテンの花

孔雀サボテン.jpg

 
ご近所の玄関前に孔雀サボテンの鉢がずらりと並んでいます。節々には蕾がついていてどんな花が咲くのだろうと愉しみにしていました。

孔雀サボテン.jpg

昨夕は大きくふくらんだ蕾が今にも咲きそうでした。多分真夜中に咲いたのではないでしょうか。今朝カメラを持って行ってみると幾つもの大輪の淡いサーモンピンクの花が咲いていました。

孔雀サボテン黄.jpg

翌日にはレモンイエローの花も・・・。

昔、孔雀サボテンの葉っぱを母からもらってきて挿し木をしたことがあります。白い月下美人の花でした。何年かして白い香りのよい花がぼんぼりの灯りのように咲いたことを思い出しました。
室内において眺めていると、花びらがスローモーションのビデオのようにはらり!と綻びて行きます。大輪の花が音もなくはらり、はらりと開く様子は幻想的でした。
posted by naoko* at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月25日

ぬか漬け

ぬか漬け.jpg

一昨日は気温が30度を超えて真夏日になりました。急にぬか漬けが食べたくなり夏野菜のいろいろをぬか漬けにしています。キュウリ、小カブ、人参を5時間ほど漬けたらちょうどいい塩梅です。パリパリと歯ごたえの良い夏のお漬物です♪

shohin_my_l_I091113000920.jpg

「発酵ぬかどこ ミニ」みたけ食品 生協で購入 毎日のかき混ぜ不要 初めての方でも簡単 という触れ込みの糠床です。通常の半分500gミニサイズは冷蔵庫でも場所をとりません。

キュウリは半分、小カブは4等分、人参は薄切りにして漬けました。説明書にはキュウリ12時間(冷蔵庫で)とありますが最初は塩分が強いので半日で十分でした。
posted by naoko* at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2016年05月23日

ラビオリの茸とトマトソース

ラビオリ.JPG

ラビオリの茸トマトソースです。
ラビオリ(冷凍、生協製)をゆでて、自家製トマトソースをかけました。自分で言うのもなんですがトマトソースが絶品です!軽いお昼ご飯にぴったり♪

ラビオリの茸トマトソース 2人分

1.トマトソースを作る
トマト3個はざく切り、ニンニクはみじん切り、平茸1パックほぐす
フライパンでオリーブ油、ニンニク、トマトを炒め煮詰める 平茸を加え煮立てる
塩胡椒、白ワイン(酒)、レモン汁、ガラ味スープ、砂糖適宜、バター10gを加える

2.熱湯に塩を加えラビオリを6分ゆでる
器に盛りトマトソースをかけオリーブ油をたらす
イタリアンパセリ、バジル、ミントをちぎってかける パルメザンチーズをふる

メモ:昔手打ちのラビオリをイタリアで食べましたがとても美味でした〜♪洋風餃子といった感じでした。ラビオリを家庭で作るのはタイヘンそうなので冷凍ラビオリを使用。茸はポルチーニを使いたい所ですがヒラタケで代用しました。

2016年05月22日

5月のマイ・ガーデン(2)

ヒメウツギ.JPG

タニウツギ.JPG

2週間ぶりにお気に入りの「マイ・ガーデン」へ散歩に行ってきました。5月といえば卯の花の季節、白い雪のようなウツギ(ウノハナ)、紅白のタニウツギなどが咲いていました。ウツギ(空木)の名前は茎の中が空洞であることからつけられたとか。

002.JPG

ヤマボウシの真っ白な花も満開です。
posted by naoko* at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月21日

ルバーブのコンフィチュール

ルバーブ.jpg

ルバーブ・ジャム.JPG

自家製のルバーブ(食用大黄)を頂きました。初夏と秋と2回収穫できるそうですが、5月のルバーブは若くてみずみずしくてジャムに最適です。食物繊維が多く含まれ整腸作用もあるとされています。パン、お菓子、ヨーグルトなどに添えて頂きます。

ルバーブのコンフィチュール(ジャム)のレシピはたくさんありますが、
イギリスのビートン夫人のレシピ (林望 『イギリスは美味しい』)が一押しです♪これを参考にしてnaoko*流にアレンジしたレシピは次の通りです。

ルバーブのコンフィチュール 

ルバーブ1.JPG

1.ルバーブの茎10本約600gを洗って皮つきのまま1cm長さに切る 
琺瑯鍋に入れ、ルバーブの70%の砂糖の半量、レモン絞り汁30mlとレモン皮のすりおろし小さじ1、生姜すりおろし汁小さじ1をかけて半日おく

2.砂糖がとけてなじんできたら中火で2分弱火で10分煮て冷ます(このまま一晩寝かせました) 砂糖の残り半量を加え翌日これを3回繰り返す 最後にコワントロー大さじ2を加える 焦げ付かないよう時々かき混ぜ全体にとろみがついてきたらできあがり

3.煮沸消毒したガラスビンに詰める 未開封で6か月は保存可能

メモ:ポイントは高温で加熱しないこと。低温で加熱して火を止め放置する。というこの方法でルバーブの食感が残り良い仕上がりになります。元レシピでは砂糖とルバーブは同量ですが70%に減らしました。甘さはお好みで加減してください。
posted by naoko* at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2016年05月20日

ハンショウヅルの花が咲かない…

ハンショウヅル.jpg

今日のハンショウヅルの様子です。一つも花がありません。
例年なら4月末には花が咲くのに今年はまったく花芽がつきませんでした。いったいどうしたことでしょう。考えてみると昨年花が終わった後に伸び放題の蔓を少し調えようと切りそろえたのでした。

ネットで検索してみると、ハンショウヅルは蔓を剪定し過ぎると翌年は花が咲かない。植え替えの時に根をいじり過ぎると枯れてしまう、などの注意点が書いてありました。たしかに、一度植え替えをしたら枯れてしまったことがあります。挿し木でもう一鉢育っていたので事なきを得ましたが、意外にデリケートな植物だということが分かりました。
posted by naoko* at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月19日

寄せ植えを買う

プレゼント用に寄せ植えを初めてネット注文しました。
希望は「青紫系を中心に白と黄色が少し入った寄せ植え」でナチュラルな感じにと伝えました。念のため自分にも同じ寄せ植えを注文してみました。届いたのはこちらです。

寄せ植え1.jpg4月19日

うーん?ちょっと想像していたのとは違いました。青紫系のお花はラベンダーが3本、サフィニアに似た小花が少し。黄色はムルチコーレが多く、白はジニア?とバコパが少しという構成でした。ラベンダーは小さくてもう少し背の高い青い花がほしいな〜と思いました。言葉で自分のイメージを伝えるのは難しいものです。

しかしながらプロのガーデナーが作った寄せ植えは植物の種類が多様で、鉢や植え込み材料も違って驚きがありました。植えすぎではないの?という位たくさんの植物が植えられています。こんなにぎっしり植えて大丈夫なんでしょうか?イメージ違いに戸惑いながらも、毎日花ガラをとり水遣り肥料をやっているうちになんとなく愛着がわいてきました^^

2枚目は1ヶ月経ったところです。青、黄色、白の花はほぼ咲き終わりグリーンのツル性の植物があちこちから伸びてきました。
下の方からは二番目の花芽が上がってきています。上手に世話をすれば6か月は次々に花が咲いて楽しめますとのこと。2番花が咲き終わったらグリーンだけになってそれもまたいいかもしれないと思ったりしています。

寄せ植え1か月目.jpg5月18日

自分で寄せ植えを作るときは鉢と苗を選び土や肥料を入れて苗をゆったりと植えこんでいきます。1ヶ月経ち2ヶ月経ってだんだんに形が整っていく、そんな育てる愉しみがあります。
「店長お任せの寄せ植え」は完璧なプロの寄せ植えですが、秋ごろになって花が終わったら自分好みの苗を足してイメージチェンジをしようかなと密かに考えているところです。
posted by naoko* at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月18日

野菜と卵のピクルス

卵がたくさんあるときにまとめて茹でてピクルスにしています。卵のゆで時間は熱湯から10分。キュウリ、人参、ヤングコーンもいれて彩りのいいピクルスができました。


002.JPG

今朝のご飯はピクルス、ソーセージ盛り合わせ、ピザトースト、カフェオレ。

ピクルス.JPG

遠く離れて自炊生活を始めた孫への荷物にもピクルスを入れました。
posted by naoko* at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2016年05月16日

山菜天ぷら、お浸し、チヂミ

山ウド、コシアブラ、野フキ、ワラビなど山菜をたくさんいただきました。

まずはワラビのお浸しです。
熱湯にアク抜き用重曹を入れワラビを1時間ほど浸してできあがり。
煎り酒と鰹枯れ節をかけてお浸しにしました。柔らかくておいしい〜♪

ワラビお浸し.jpg

野菜だけの精進揚げです。
山ウド、コシアブラ、ゴボウ、人参、ミョウガなど。
山ウドの香りの良いこと!コシアブラは山のアスパラみたい^^
天つゆと大根おろしをそえて。

てんぷら.JPG

天ぷらの衣の残りに山ウドの葉を刻んで入れチヂミに。

チヂミ.JPG

久しぶりに山菜尽くしの献立を堪能しました。産地直送の山菜はみずみずしく新鮮で、本来の野の味がしました。ご馳走さまでした。

2016年05月15日

ホタルブクロ、青梅

ホタルブクロの白花が咲き始めました。今年はなぜか白ばかりで、ピンクはまだ咲きません。もしかしてピンクがみんな白になってしまったのかしら?白といっても純白ではなく白地に紫の斑点があります。

ミヤマオダマキの紫の花が長い間に変化して白花になってしまいましたが、ホタルブクロも白い花の方が優勢なのでしょうか。

蛍袋.jpg

ホタルブクロ.jpg

古い白梅の木に青梅がたくさんなっています。もう少し大きくなったら収穫して梅ジュースを漬けたいと思っていますが、脚立に上って梅をとるという作業がけっこう大変なのです^^;

あおうめ (500x375).jpg
posted by naoko* at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月14日

カンタン!もやしとキュウリのサラダ

もやしサラダ.jpg

大豆もやしとキュウリだけで作るカンタンでおいしい、経済的なサラダです。普通の緑豆もやしでもできますが、大豆のプチプチした食感がおすすめです。

大豆もやしとキュウリのサラダ

1.大豆もやし1袋 熱湯に塩大さじ1を加え蓋をして6分ゆで冷ます
キュウリ1本は千切りにする

2.1をゴマドレッシングであえる 好みでポン酢を加えても可

2016年05月13日

トニーノ 茄子のピッツア

映画鑑賞の後は「チューボーですよ!」で紹介された街の巨匠「下高井戸 トニーノ」に行ってきました。街角の気軽に入れるイタリアンピッツェリアで、窓辺からは世田谷線が行きかうのが見えます。2両編成のおもちゃのような電車です。

004.JPG

番組で紹介されたのはナスのピッツア。ナス、生チョリソー、アンチョビ、トマトソース、モッツアレラを載せたナポリ風ピッツアです。

ナスピッツア.JPG

ナスのピッツアは単品で、友人はパスタのランチセットをとってシェアして頂きました。焼きたてのピッツアはとても美味しくて満足♪余ったピッツアとパンをお包みしましょうか、と親切に包んでくれました。笑顔の可愛い店員さんが感じの良いお店で、映画の帰りはこのお店で決まりね、と友人と話しながら帰途につきました。
posted by naoko* at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パン、粉もの

2016年05月12日

「ディーパンの闘い」

pic_story_02 (640x432) (480x324).jpg

監督 ジャック・オディアール
主演 アントニーターサン・ジェスターサン
カンヌ国際映画祭パルムドール受賞 2015年 フランス映画

フランス、パリ郊外 スリランカの戦禍から家族を装って逃れてきたディーパンと女と少女。内戦で妻と子供を失った男は新しい家族のため暴力を捨てて生きようとするが、そこには新たな困難が待ち受けていた。

映画の冒頭、難民キャンプで女は親を失った女の子を探す。他人同士の女と少女とディーパンは即席の家族となり難民申請をパスしフランスへ向かう。ディーパンはアパートの管理人、女は老人介護の仕事を得て働き、少女は学校に通い始める。
他人同士の偽装家族の間に少しずつ家族らしい絆が生まれようとしていたとき、普通の平和な暮らしは古い兵士仲間からの連絡で突如暗転する・・・最後の幸せそうな家族の風景はもしかすると夢か幻だったことを暗示しているのかもしれない。

私たち日本人にとって「難民」というテーマは正直に言って深く重い。シリア難民がクローズアップされることが多いが、スリランカでは20年にわたって内戦が続いたという。長い内戦によって国民は疲弊し貧富の格差が増大する。運よくたどり着いた国でも疎外され、対立することが多いという。

振り返ってみると日本は70年間、内戦も外国との戦争もしてこなかった。戦争を体験した世代として、戦争がどれだけ大きなダメージを与えるかを改めて考えずにはいられない。
posted by naoko* at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、公演

2016年05月11日

石焼ビビンバ

石焼ビビンバ (2).JPG

韓国料理の石焼ビビンバを家で作りたくて直火用の石焼丼を買いました。これでラーメン、一人鍋も作れます。

石焼鍋にごま油をぬりご飯、ナムル、挽肉そぼろ、卵をのせて10分蒸し焼きにします。ナムルは生協の冷凍品、残り物のおかずを載せてもいいですね。ぱぱっと手軽に本格的石焼ビビンバ完成です♪

石焼ビビンバ 2人分

1.牛ひき肉100g、生姜みじん切り小さじ1をフライパンで炒める
醤油、酒、みりん、甘味噌だれ(茅乃舎) 各小さじ1を投入炒める
(甘味噌だれが無い場合は味噌と砂糖を小さじ1ずつ)

2.石焼鍋にゴマ油をぬりご飯250gを盛る 刻み海苔とゴマを散らす
ナムル(解凍)と牛肉そぼろを彩りよく載せる 真ん中に卵黄を載せる

3.ガス火にのせ蓋をして中火2分弱火8分じっくりと蒸し焼きにする
ふわっと湯気が上がってきたら全体を混ぜて取り分ける

2016年05月09日

5月のマイ・ガーデン

家から歩いて5分の所に秘密の庭園があります。自分の庭ではありませんが密かに「マイ・ガーデン」と呼んでいます^^。
プライベートなスペースで地域住民だけが知る憩いの散歩道です。

1か月ぶりに行ってみると真っ赤なドウダンツツジがたくさん咲いていました。白い花のドウダンツツジは広く見かけますが赤い花は珍しいですね。

ベニバナドウダンツツジ、別名「紅更紗」と呼ばれる品種のようです。


エビネのいろいろ もう盛りを過ぎていて残念。


エビネ1.JPG
posted by naoko* at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年05月08日

布草履

布ぞうり1.jpg

手作りの布草履を愛用しています。
これからの季節に木綿の布草履を素足ではくとさらっとして気持ちがいい〜♪いつも指が離れていて湿気がたまらないので外反母趾で悩んでいる人におすすめです。水虫予防にもいいかも^^

布草履 琵琶湖工房に注文してから1ヶ月後手元に届きました。サイズや色柄はいろいろありますが今回は無地にしました。草履の鼻緒は最初きつめにしてあるので足指が痛くなることがあります。今回は緩めにしてもらったので最初からちょうど良い履き心地です。汚れたらネットに入れて洗濯機で洗えます。耐久性はスリッパや靴より劣りますが、2〜3年は使用できます。