2016年03月31日

筍とベーコンのパスタ

筍は和洋中華どんな料理にも合う食材です。今回は筍とベーコンのパスタ。イタリアンパセリと木の芽をたっぷり添えて春の香りを満喫しました。パスタの中でも大好きな一品のひとつです。

筍パスタ1.JPG


筍とベーコンのパスタ

1.下ゆでした筍 の上部の柔らかい所を2ミリ厚さに薄くスライスする

2.パスタ100gを塩湯でゆでる 残り3分ほどで筍を投入

3.フライパンでオリーブ油を熱しベーコン、ニンニクスライス、鷹の爪適宜を炒める 鰹だしお玉一杯を加える

4.ゆでたパスタと筍を水切りしてフライパンに移し塩胡椒で味を調える
お皿に盛り、イタリアンパセリと木の芽、パルメザンチーズをふる

2016年03月30日

若竹煮

山椒の木の芽が芽吹き始めるころ筍が出回ります、そして新若布も。毎年同じ感慨を持ちますが、これらが同じ季節に出会うことの幸せを感じます。

木の芽を摘み、掌でポン!と叩くといい香り〜♪
木の芽はただの飾りと思っていた子どものころ、木の芽は残していました。筍と若布と木の芽のハーモニーが好ましいと思うようになるまでには少しの年月が必要のようです。


若竹煮

筍ゆで.jpg

1.皮つきの筍の先を落とし皮に縦に切れ目を入れる
厚手の琺瑯鍋に筍、ひたひたの水、ぬか、鷹の爪を入れて落とし蓋をして約30分煮る そのまま冷ます 皮をむいてよく洗い一口大に切る

2.鰹だし、みりん、酒、薄口醤油、塩で好みに調味 筍を10分煮る 
新若布を入れ一煮立ちしたら火をとめしばらく冷まして味を含める
器に盛り、木の芽を添える

2016年03月28日

チキン・アヒージョ

アヒージョ1.JPG

鶏手羽先のアヒージョ スペイン風おつまみです。
今回は市販「アヒージョの素」とオリーブ油であっという間にできました。粉末調味料は初めて使いましたが、塩胡椒、ニンニク、ローズマリーなどの味付けのバランスがちょうど良く魚介類のほか、鶏肉、炒め物などにも合います。

チキン・アヒージョ

1.フライパンにオリーブ油大さじ4とアヒージョの素1袋を混ぜる
鶏手羽肉200gは皮目に切れ目を入れ混ぜる

2.中火で時々かき混ぜながら5分〜煮る

3.鶏に火が通ったら煎りゴマをふる

メモ:アヒージョの素は味が濃いので、味を見ながら量を加減した方がいいかもしれません。

ahiijyo_no_moto.jpg
posted by naoko* at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年03月27日

物の芽

木々の新芽が一斉に萌え始めました。一週間前には枯れ木のように見えた山椒の木が青みをおび、赤ちゃんが握りしめた拳を開くように葉が綻びています。

008.JPG山椒

ヤマアジサイ「清澄澤」の濃いえんじ色の葉。
葉の間をのぞくともう莟が育っています。


  
   
     物の芽の放つ光にたじろげり

10歳下の早逝した妹の俳句です。
物の芽は春先に一斉に萌え出る植物の芽 季語「春」

posted by naoko* at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年03月26日

デコポンのピール(続き)



4日目:シロップ漬けデコポンピールをフライパンにあけ中弱火で焦がさないよう乾煎りする シロップがピールにからんですっかりなくなったらオーブンペーパーの上に広げて乾燥する 天気の良い室外、または室内のエアコン温風で半日おく


最後にオーブン100度で50分、殺菌をかねて乾燥焼きをする


オランジェット
 割れチョコ100g、バター10gを湯煎でとかし、生クリーム大さじ2、ラム酒小さじ1を少しずつ加えて湯煎する ピールにチョコをかけ冷蔵庫で冷やす 
残りのチョコはチョコクリームとしてパンにぬって食べると美味しい

ココア、グラニュー糖、粉糖をまぶしてもよい
切り落とし部分は粗く刻んでパンやクッキーに 残りは冷凍保存する

メモ:一晩冷蔵庫で寝かせたオランジェットを試食。正味3日間でシロップが中まで浸透して弾力がありおいしく出来上がりました。
posted by naoko* at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2016年03月25日

ニリンソウ、アネモネ 開花

春の花がいっせいに咲き始めました。
3月上旬に植え替えたニリンソウはどんどん葉っぱを茂らせ小さな真ん丸の莟をたくさんつけています。これから次々に咲くことでしょう。楽しみ〜♪

004.JPG

秋に球根を露地植えしたアネモネが俯き加減のつぼみを持ち上げています。赤、紫、白の混色ですがまず咲いたのは赤。アネモネのつやのある花びらの質感をカメラで写し取るのは本当に難しい。色が飛んでいますが実物はもっと深い赤です。

アネモネ.jpg

posted by naoko* at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年03月24日

デコポンのピール

数年前に晩白柚のピールを何度か作って「ジャム、ピール」欄にレシピを掲載しました。その後ピール作りからすっかり遠ざかっていましたが、最近になって検索でたどり着かれた「はっさくさん」がピールを作られていろいろな改善点が分かりました。

久しぶりにデコポンでピールを作ってみました。デコポンは晩白柚より小さく柔らかく扱いやすい、皮の色がきれいで仕上がりが美しいという利点があります。より手軽に作る方法はないかと、今回はなるべくレンジを活用しました。前回のデコポンのピールとオランジェット

デコポンのピール

1日目.デコポン大2個の皮をよく洗い4等分してきれいにむく 身は生食 皮をたっぷりの水に一晩浸ける 

2日目.耐熱ボールに皮とたっぷりの水を入れ、レンジ600W4分加熱、ゆでこぼす
水を取り替えこれを2回くりかえす ザルにあけペーパーで水分をしっかり絞る 計量する 230g
上下を切り落とし、長さ5cm、1cm幅にそろえて切る

デコポンピール.jpg

耐熱ボールに 刻んだ皮、水100ml、砂糖100gを入れる
中皿1枚を落とし蓋としてのせ、蓋をして5ミリずらし600W3分加熱する 粗熱をとり冷蔵庫で一晩ねかせる

デコポン2.jpg

3日目.小鍋にシロップを取り出し、砂糖30gを加えて泡が立つまで煮つめる ピールにシロップをかける  レンジ600W3分加熱する 1時間冷ます
シロップを取り出し、コワントロー大さじ1、砂糖30gを加え小鍋で煮詰めピールにかける 冷ます
シロップをまとったピールの色がつやつやとしてきたのが分かる ここで一つ味見をする ピールの芯までシロップが浸透していたらできあがり

デコポン3.jpg

今日はここまで。続きは3月26日の日記参照。

メモ:デコポンはなるべく無減農薬のものがおすすめ 
皮の量100に対して砂糖の量は合計80%位 
今回はデコポンの皮230gに砂糖180g
使用した耐熱容器はイワキ製ガラスボール 蓋付き。
posted by naoko* at 11:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2016年03月23日

オレオレ詐欺〜?!

温かいお彼岸の毎日です。21日には東京でも桜の開花宣言がでました。梅の木にシジュウカラがやってきて木の枝をつついています。

007 (640x424).jpg

胸には濃紺のネクタイ!

シジュウカラ.jpg


さて、そんなうららかな春の日のできごとです。電話が鳴ったのでついうっかりと受話器をとってしまいました。いつも留守電にしてあり、名前を名乗った人にだけ応答していたのに・・・春の陽気のせいで気が緩んでいたようです。

電話の相手は若い男の子で、ハスキーな声は孫2に似ていました。
>オレだけど、オレ、オレ!
(オレってだれ?孫はオレとは言わないし。ついに来た〜オレオレ詐欺?!)
>あなたのお名前は?
>タカシ。おかあさんでしょ?
(タカシという名の息子はいないし、娘はおかあさんと呼ばない)
>いいえ、違いますよ。間違い電話ではないの?

長電話になると危ない感じがしたので、すぐ切りました。以前にも書きましたが、我が家の迷惑電話チェッカーにはブラック・ナンバーが2万5千件以上登録されているそうです。早速その番号を拒否設定にして一件落着。と思ったら5分後にまた同じ番号が着信、もちろん無視。しつこいですねー。やはりオレオレ詐欺に間違いなかったようです。

毎日のようにニュースになる詐欺事件ですが、ホンモノの’オレ’と会話したのは初めてでした。詐欺と思われる電話がかかってきたらすぐ110番してください、と警察から言われていますが、心臓がどきどきしてそれどころではありませんでした。みなさんはどのように対応していらっしゃいますか?
posted by naoko* at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年03月21日

宿根イベリス

010 (640x424).jpg

イベリス.jpg

イベリス、キャンディタフト(お菓子の花) アブラナ科
地中海沿岸原産 花期:4月ー6月
Iberis sempervirens

イベリスが咲き始めました。純白の重なり合った花びらが美しい春の花です。イベリスは宿根と書いてありますがいつも1年で枯らしてしまっていました。今回は花が終わったあと短くカットして植え替えもせず放置しておいたら春になって復活してきたのです♪

イベリスの育て方によると、イベリスは移植を嫌うとのこと。何もせず鉢植えのまま放置しておいたのがよかったのかもしれません^^;
posted by naoko* at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年03月20日

新玉葱のオニオングラタン・スープ



新玉葱のオニオングラタン・スープです。フレンチの定番オニオングラタンと言えば玉葱を飴色になるまで時間をかけて炒めますが、これはほぼレンジだけでできてしまう時短レシピ。新玉葱の甘味と歯ごたえを残した姿煮がユニークレストラン

新玉葱のオニオングラタン・スープ

1.新玉葱大1個 菜箸2本をおいて8等分にカットする こうすると底の部分だけ繋がっているので形が崩れない

新玉ねぎグラタン1.JPG

2.深めの丸型の耐熱皿に玉葱をおく 隙間にベーコンを差し込む ラップしてレンジ600W3分加熱する

003.JPG 

3.お湯100mlにガラ味スープの素小さじ1/2、レモン汁小さじ1、濃いコーヒー30mlを加える 
2の玉葱にかけてラップなしでレンジ600W3分加熱する スープが沸騰してこぼれるので深めの受け皿を下におく こぼれたスープはもとへもどす
味を見て薄かったら塩か薄口醤油を足す

004.JPG005.JPG

4.パルメザンチーズ、細切りチーズ、とろけるチーズを重ね、粗挽き胡椒をふる トースターでこんがり焼く このまま食卓へだし、切り分けてサーブする

メモ:元レシピではインスタントコーヒーを使用。コーヒーを入れるとこんがり焦げた玉葱の風味と色がでるそうです。テレビでちらっと見た「家事えもん」さんのレシピを真似して再現してみました。
posted by naoko* at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年03月19日

家族で食事会

久しぶりに姉妹と家族が集まって食事会をしました。場所は新宿京王プラザホテルの中にある中華料理「南園」、静かな個室で歓談しながらお料理をいただきました。ランチコースで品数は7品、量が少な目でちょうどいい感じでした。従業員の人たちの接客も親切です。

前菜盛り合わせ.JPG前菜盛り合わせ

前菜はクラゲ、タコ、ホタテ、サーモンなど海鮮盛り合わせ。ふかひれスープ、エビと菜の花塩麹炒め、回鍋肉、点心、チャーハン、デザートは苺とタピオカなど春らしい献立です。

今回はカメラを持参せずスマホで写真を撮りました。戸外の写真はまあまあでしたが、室内の写真はほぼ全滅でした。光線不足、手振れでぼけ写真ばかりです、とほほ(ー_ー)!!
若い人たちはスマホできれいに写真を撮りますが、どうやったらあんなにきれいに撮れるんでしょうね?まだまだ修行中です。
posted by naoko* at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年03月18日

新宿副都心の風景

DSC_0325 (640x480) (480x360).jpg東京都庁





昨日は久しぶりに新宿へ出かけ家族の食事会をしてきました。新宿駅西口から東京都庁前までの道はウイークデーの午後というのに人波でいっぱいでした。羽織袴の若い女性たちは卒業式の帰りでしょうか。外国人が写真を撮ってもいいですか、と話しかけています。見上げると高層ビルが群立し、スマホの画面には入りません。くらくらとめまいがしそうです^^;

食事会場は東京都庁のすぐ隣のホテル。路上ライブを一人でやっている人がいます。東京都民でありながら東京都庁のツインタワーをまじかに観るのは初めてです。夜最上階の展望台に上がると夜景が美しいとか。珍しくてお上りさん気分であちこちをスマホで撮りました。
posted by naoko* at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年03月17日

アンズの花



庭に実のなる木を植えて自家製の果物を収穫したい・・・などと夢見て梅、アンズ、柿、柚子などを植えました。しかし、狭い庭で大きく育てるのは難しく、花も少しだけで実も少ししかなりません。熟してきた果実は小鳥たちが先に見つけて食べてしまいます。「果樹園計画」は失敗に終わりました。

そんなわけで今はわずかなお花を愉しむだけで満足しています。2月に白梅が咲き、3月はアンズの花が咲いています。柚子の花は目立たない小さな白い花ですが良い香りがします。富有柿の花はまったく存在感がない緑色の地味な花ですが、若葉が美しく一番大きな果実をつけます。
posted by naoko* at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年03月16日

GBSポテト

GBSポテト1.JPG

新じゃがをニンニクバター醤油で炒め焼きした香ばしい一品。
じゃがいもが主役のシンプルな料理ですが焦げたニンニクバター醤油がよく合います。


GBSポテト

1.皮つき新じゃが大1個200gをごしごしとよく洗う シリコンスチーマーに入れ600W4分加熱 一口大に切る

2.チョリソー1本(ハム、ベーコンなどでも)適宜切り ニンニク1片薄切り バジル少々

3.フライパンにバターとオリーブ油半々に溶かす じゃがいも、チョリソー、ニンニクをじっくりと炒め焼きする 途中ニンニクに色がついたら取り出す
じゃがいもはソテーではなく、じっくりと時間をかけてこんがりと焼き色をつけるのがポイント

4.じゃがいもの全面にこんがり焼き目がついたら、薄口醤油大さじ1、砂糖小さじ1をふりよく混ぜる 
お皿に盛り付けニンニクとバジルをトッピングする

メモ:GBSポテトの名前の由来はG=ガーリック、B=バター、S=ソイソース(醤油)
レシピはGBSポテト を参考に少しアレンジしています。
posted by naoko* at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年03月14日

手織りのマフラー

3月の半ばというのに寒い日が続いています。外出するときにはまだまだ温かいマフラーが手放せません。
そんな折娘から手織りのマフラーが届きました。

マフラー2.jpg

マフラー.jpg

初めての体験レッスンを受けて手織りのマフラーを作ったことを先日ご紹介しました。縁の凸凹や端の糸の始末などまだまだですが、初めてにしてはまあまあのできでしょうか。世界に一つだけのマフラーをありがとう♪

2016年03月13日

バイモ アミガサユリ 


バイモ莟.jpg  バイモ花.jpg 

アミガサユリ(編笠百合)、別名 バイモ(貝母) ユリ科
花期:2月〜3月 中国原産
Fritillaria verticillata var. thunbergi

昨年は葉っぱばかり出てまったく花をつけなかったバイモでした。植えっぱなしのままで肥料が足りなかったのでしょう。土を入れ替え肥料をやった今年は幾つかの花芽が上がってきました。

浅緑色の雫型のイヤリングのようなつぼみの後ろに散っているのは椿の花びらです。植物図鑑ではアミガサユリが正式名のようですが、祖母や母の代からバイモと呼びならわしているので、我が家の呼び名はバイモです^^
posted by naoko* at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年03月12日

ウフ・マヨネーズ


ウフ・マヨ1.jpg

ウフ・マヨ.JPG

フレンチの前菜 ウフ・マヨネーズ ウフはフランス語で卵の意味 
平凡なゆで卵がマヨネーズソースをかけただけで、おしゃれな一品になりました。

ウフ・マヨネーズ 2人分

1.卵2個のお尻に針で小さな孔をあけ、熱湯の中にそっとおろし転がしながら8分ゆでる 氷水にとって殻をむく 8分で半熟卵、10分で固ゆで卵のできあがり

2.マヨネーズソース
マヨネーズ大さじ3、生クリーム大さじ2、ワインビネガー大さじ1(酢でも可)、粒マスタード大さじ1、胡椒少々を混ぜ合わせる

3.お皿に卵、サラダや茹で野菜を盛り合わせ、マヨネーズソースをかける

2016年03月11日

田老町のひじき

ふと手にとった海産物の袋に宮古市田老町漁協の名前がありました。遠く離れた関東の私たちにとっても宮古市田老町は忘れがたい地名です。

あれから5年、津波によって大きな被害を受けた宮古市の漁業が少しづつでも復興し名産の海産物を出荷できるようになっていることを喜んでいます。

ひじき.JPG
posted by naoko* at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年03月10日

春キャベツと牡蠣のスープ


キャベツと牡蠣.jpg

柔らかな春キャベツと牡蠣のスープです。
牡蠣もそろそろ食べ納めですね。

春キャベツと牡蠣のスープ

1.春キャベツ3枚は5cm角に切る 筋は薄切り
牡蠣1パックは塩水でよく洗う
キャベツ、牡蠣の順にさっと塩ゆでしてザルにあげる

2.玉ねぎ1/2薄切り、ニンニクみじん切り少々
バターを熱し炒める 塩胡椒 レモン汁、白ワイン少々ふる
小麦粉大さじ1をふり炒める 
ブイヨンと牛乳を半々に1カップ〜加え煮る

3.キャベツと牡蠣を加えてさっと煮る
器に盛り粉チーズと粗挽き胡椒をふる
posted by naoko* at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 副菜、スープ、汁物

2016年03月09日

クリスマスローズ 3種

クリスマスローズ3種がそろい咲きです。
白の一重とピンクの一重は露地植えで大きな株になっていますが、今年は花の数が少なくなっています。同じ場所に長く植えっぱなしにするとだんだんに株が弱ってきて、ある年突然消えてしまうことがあります。そろそろ植え替えをしなければいけないのですが・・・。



白の八重は鉢植えです。

クリローW.jpg白八重

ほかに原種のニゲル、など何種類か育てましたがウイルスにやられてしまい、今はこの3種だけになりました。早春の花から初夏にかけて、蕊が散った後もプリザーブドフラワーのように形を保ち長く楽しめるクリスマスローズです。
posted by naoko* at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸