2016年01月31日

メジロとヒヨドリ

メジロ.jpg

籐の籠にミカンを入れて庭に出しておくと一番にやってきたのはメジロ。ミカンをつついたり汁を飲んだり・・・

ヒヨドリ.JPG

とそこへキーキーとけたたましい声がしてヒヨドリがやってきました。メジロはあっという間に追い出され、ヒヨドリの独壇場です。
その食べ方の貪欲なこと!爪楊枝で刺したミカンを食いちぎろうとして籠ごと真っ逆さまにひっくり返してしまいました。自分でもびっくりしたようでバタバタと飛んでいってしまいました。
小さいメジロは敏捷で餌を見つけるのが早く、大きいヒヨドリは力でねじ伏せる、小鳥界の生存競争は熾烈です。
posted by naoko* at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥、昆虫、小動物

2016年01月30日

エビとブロッコリのヨーグルトソース


エビ&ブロッコリ.JPG

エビとブロッコリを一つ鍋でゆでてヨーグルトソースで和えた彩のきれいな前菜です。ポイントはエビの茹で方で、カラつきのエビを塩・砂糖・油を入れた湯でゆでること。パサつかずしっとり仕上がりました。
ヨーグルトソースはオーロラソースに似ていますがさっぱりしていて野菜のドレッシングによく合います。

エビとブロッコリのヨーグルトソース

1.ブロッコリは小房に分ける
穀つきの中くらいのエビ10尾 背ワタをとる

たっぷりの湯に塩、砂糖、サラダ油適宜を入れる
ブロッコリを入れ煮立ったら、エビを入れて弱火で1分半ゆでてザルに上げる
熱いうちにエビの殻をむく

2.ヨーグルトソース
プレーンヨーグルト大さじ6、マヨネーズ大さじ1、ケチャップ小さじ2、砂糖小さじ1,5、塩、胡麻油少々をよく混ぜる

3.皿にブロッコリとエビを盛り付け、ヨーグルトソースをかける
生姜みじん切りを散らす

メモ:エビは穀つきのままゆでる、ゆで汁に塩・砂糖・サラダ油を加えることでエビがパサつかずしっとり仕上がりました。ちょっとしたプロのコツで味がぐんとアップ!

2016年01月29日

ゆめちからブレンドでパンを焼く


IMG_3908.JPG

北海道産超強力粉ゆめちからをブログで紹介したのは4年前でした。この粉でパンを焼きたいと思っていましたがやっと入手しました。ゆめちからブレンド2,5kg、¥788(富沢商店)。

説明によると、ゆめちからはキタノカオリを父とした国産超強力粉で、中力粉とのブレンド適性に優れ、パンのひきが強くもっちりとした食感が特徴。

ゆめちから.JPG

「ゆめちからブレンド」だけで食パンを焼きました。焼きあがる時のパンの香りは今まで使った他の国産小麦粉とはまた違った甘い香りで、クラムはきめ細かくしっとりしています。ふくらみは14cm、まあまあでしょうか。味、値段ともにリーズナブル、ブレンドされた粉として単品で使えるのが便利。これからも使ってみたい粉です。

ゆめちからブレンドで食パン

1.190mlのぬるま湯40度、蜂蜜20g
2.ゆめちからブレンド280g
3.塩4g、バター20g、スキムミルク6g
4.ドライイースト3g
5.パンケースに入れ、レギュラー・ライト スタート
パン焼き器はリーガル ブレッドメーカー
posted by naoko* at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パン、粉もの

2016年01月28日

メジロがやってきた!


掲示板で皆さんが撮影された小鳥の画像を見せていただいて、久しぶりに鳥撮りにチャレンジしました。捨てようとしていたしわしわのミカンを串にさして柿の木にぶらさげてみました。振り返るともうメジロが来ています!はやーい、どこから見ているのでしょうね。

メジロC.JPG

ミカンをつつき汁をおいしそうに飲み・・・30分以上も留まっていたでしょうか。ヒヨドリに邪魔されることもなくミカンを独り占めしていました。

DSC_1846.JPG

めじろ正面.JPG

昨日のミカンの食べかすを取り替えようと今朝見ると、もうすでに2羽のメジロが来ています。番でしょうか。ちっちっと鳴き交わしながら交替で来ているようです。

メジロ番.jpg

posted by naoko* at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥、昆虫、小動物

2016年01月27日

河津桜

都心の明治神宮絵画館前から富士山がきれいに見える、という話を昨夜の天気予報で観ました。国立競技場が取り壊されて眺望がよくなり、新競技場が建設されるまでの限定期間、富士山を観ることができるそうです。

わが家の近くにも「富士山の見えるスポット」があるらしい、と聞いていたのでカメラをもって一回りしてきましたが、どこからも見えませんでした。残念。代わりに青空に広がる大きな欅の木です。

大欅.jpg

公園の木々の枝先がほんのり赤く染まっています。河津桜の莟が今にも開きそうです。あと一週間もすれば満開になるでしょう。

DSC_1832 (640x452).jpg
posted by naoko* at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年01月25日

福島の郷土料理 イカ人参


イカ人参.jpg

テレビのケンミンショーで紹介されていた福島の郷土料理「イカ人参」です。福島ではスルメと福島特産の長人参を使って作る家庭料理で北海道の松前漬けは福島のイカ人参が変化していったものと考えられるそうです。テレビでちらっと見たので正確なレシピはわかりませんが分量はおおよそです。

イカ人参

1.スルメ1枚の胴を軽くあぶってはさみで細切りにする
酒大さじ3をふりかけておく

2.人参2本は細切りにしてザルに広げ熱湯をかけまわす

3.だし汁50ml、醤油50ml、酒20ml、みりん20ml、砂糖20gを煮たて冷ます
スルメと人参を漬けこみ冷蔵庫へ 翌日から食べられる

メモ:スルメが手に入らなかったので、おつまみ用さきイカやイカくんで代用。やはりスルメの方が味わいが深くなるのでしょうね。人参のシャキシャキ感とイカのうまみが出ています。
posted by naoko* at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2016年01月24日

焼きレンコンの炊き込みご飯


昨夜から史上最大の寒波と積雪という天気予報が出ていましたが、今朝の東京は晴れて青空が広がっています。天気予報は大外れでしたが、雪かきをしないで済んだのは助かります。

千葉県産のレンコンをたくさんいただきました。筑前煮やきんぴらにした後、レンコンの炊き込みご飯にしました。焦げ目をつけたレンコンが香ばしい一品です。レシピはわたしの料理より。

レンコン炊き込み.jpg

IMG_3892 (480x360).jpg

焼きレンコンとエビの炊き込みご飯

1.米2カップを洗う
酒大さじ1、薄口醤油、塩、ゴマ油を小さじ各1
炊き込みご飯の目盛までだし汁を入れ30分おく

2.レンコン1節200gを1cm厚さに切りグリルで焼き目をつける
干し桜エビ1パック、7gをフライパンで軽く炒る

3.レンコンと桜エビを入れ炊飯する
炊き上がったらいりゴマ大さじ1、三つ葉を散らす

メモ:レシピでは生エビを使いますが、干し桜エビで代用しました。

2016年01月23日

ちょっとうれしい話

こぶし.JPG

家を出ていつもの散歩道を下っていくとたくさんの蕾をつけているコブシの木を発見。春には真っ白な花をたくさん咲かせることでしょう。スマホで撮影。

郵便ポストへ手紙を投函しようと歩いて行くと、白い郵便車とすれ違いました。「あららー、郵便の収集に間に合わなかった〜残念」と思っていたらその車はちょっと行き過ぎて停車、中からドライバーが出てきて「郵便ですか?」と訊いてくれて封書を受け取ってくれました。まあ、なんて親切な郵便屋さんでしょう!

ただそれだけの話ですが、一日ほのぼのと良い気分でした。
posted by naoko* at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年01月22日

青ネギのもちもちチヂミ

韓国風お好み焼きチヂミです。冬野菜の軟白ネギの緑の部分をたっぷり入れました。肉などは入らないのですが、焼きたてはもちもちして意外なおいしさです〜♪

ねぎチヂミ.JPG

レシピは今日の料理ビギナーズ を参考に少しアレンジしました。

青ネギのもちもちチヂミ 2枚分

1.卵1個、水100ml、塩一つまみを混ぜる

2.薄力粉50g、片栗粉20g 加え混ぜる

3.ネギ1本青い所も入れて輪切り 100g
いりゴマ大さじ1、削り節1パック 加えて混ぜる

4.フライパンにゴマ油を熱し生地両面焼く 切り分ける

5.タレ 酢醤油と辛子とすりゴマ、または一味、ラー油などを添える

2016年01月21日

レーズン&クランベリーパン


レーズン、クランベリー2.jpg

レーズン、クランベリー、クルミをたっぷり入れた食パンです。パン焼き器のレシピではレーズンを60g入れる、とありますがもう少したっぷり入れたいと思いませんか。80g、100gと増量していくとレーズンの重みでパンの底に沈んでしまいます。

そこで、パンのドウを途中で取り出し、レーズンが上にくるように丸めなおしてパン型に戻しました。どうでしょう、少しは平均に散らばって見えるでしょうか。

レーズン&クランベリーパン

1.水190ml 40度に温める
2.蜂蜜20g
3.最強力粉スーパーキング150g、北海道産春よ恋130g
4.スキムミルク6g、バター20g、塩4g、ドライイースト3g

パンケースに入れ、食パンキーlightスタート
50分後にレーズンコールがなったら

5.レーズン50g、クランベリー50g、くるみ20gを投入する

6.こねが終わったら手に粉をつけてドウを取り出し、手早く丸めなおして上下を逆にして戻す この時に羽が一緒に外れるので、羽を元通りにもどすのを忘れずに!

メモ:砂糖の代わりに蜂蜜を使っています。蜂蜜の方が型離れがよく、焼きあがってパンを取り出す時にするりと取り出すことができます。焼きたてはそのまま、翌日はトーストで召し上がれ、後を引くおいししさです♪
posted by naoko* at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パン、粉もの

2016年01月20日

大雪のち晴れ


紅梅.JPG

先日の寒波は関東地方に大雪を降らせました。交通機関は大混乱で電車は運転を見合わせ、高速道路は通行止めになりました。所用で東北地方に出かけた家族は途中で諦めて引き返してきたとか。

大雪の翌日は晴れ、満開の紅梅が青空に映えています。今日もまだ日蔭には雪が残っていますが、やっと平常運転に戻りました。
posted by naoko* at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2016年01月18日

大雪

昨夜から関東甲信越地方に大雪という予報がでていましたが、朝起きるとすでに真っ白に雪が積もっていました。大雪といっても7,8cmというところでしょうか。東京では今年初めての積雪です。



10時ごろから雪はみぞれに変わり道路はシャーベット状になっています。先ほど生協のトラックが到着、雪が降りましたねー!滑らないよう気をつけて〜!とお互いに声をかけあいました。

テレビで全豪オープン中継中、錦織圭が3−0でストレート勝!
posted by naoko* at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年01月17日

柚子ジャム

ご近所を通りかかるとちょうどお家の方が庭の姫柚子の木から実を落としているところでした。娘さんが小学校卒業時に記念樹として植えた木が大木になったそうです。
「柚子の実は要りませんか〜?」と訊かれて「頂きま〜す!」と喜んで頂いてきました。レモンイエローの柚子は本当に美しい♪香りのいい無農薬の柚子は皮も身もすべて使って柚子ジャムにしました。

姫柚子.JPG

柚子ジャム.JPG

姫柚子のジャム 中ビン5個分

1.姫柚子1キロ 20個 の皮、身、種をわける
皮をたっぷりの水に一晩つけてアク抜きをする
身を半分に切り種をとりだし、種は集めてティーバッグに入れる

2.翌日皮をたっぷりの湯で2回ゆでこぼす
皮を千切りにする

3.圧力鍋に皮、身、種、水1カップを加えて点火
3分加熱15分むらす
皮も身の白い筋もとろとろに煮えてジャム状になる

4.蓋をとり、砂糖300〜400gを2回に分けて入れる
とろみがつくまで約20分煮つめる
最後にコアントロー大さじ2、蜂蜜大さじ2を入れる
煮沸消毒したビンに詰める

メモ:捨てるのは種だけ、というレシピ。今回はさらに工程省略し、圧力鍋にすべて投入してとろとろに煮込みました。白い皮や筋がとけ種のペクチンから自然のとろみがつきます。
砂糖はキビ砂糖、白砂糖を半々、蜂蜜を使いました。白く仕上げたい場合は白砂糖のみにします。
posted by naoko* at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2016年01月16日

焼肉丼定食

冬休みに孫2が来宅、リクエストの焼肉丼を用意しました。

焼肉丼.JPG

サラダ、お味噌汁、漬物など添えて定食風に。
ご飯をよそったりサラダ盛り付けは彼がして、その間に肉を焼きました。二人でおしゃべりをしながらの楽しいランチタイム♪

焼肉丼定食.JPG

食後は、懸案の換気扇フィルター交換をしてもらいました。
フレーム3枚とフィルターを外します。新しいフィルターを寸法通りにカット。フレームを洗剤で洗って乾かしフィルターを張り付けて終了。

フィルター交換.JPG

換気扇本体クリーニングはプロのお掃除やさんに頼んでいますが、フィルターがけっこう油で汚れていました。これでしばらくは気持ちよく使えそうです。

2016年01月15日

最新型冷蔵庫のありえない故障?!


16年使った冷蔵庫を買い替えたのは昨年10月のことでした。デザインと性能が一新された最新型の冷蔵庫のその後です。

使っているうちに気になる所が二つ出てきました。一つはメイン冷凍庫の引き出し取っ手が華奢で妙に軽くペコペコと音がすること。二つ目は真空チルドルーム。肉や魚を保存するのに威力を発揮してくれるスペースでとても気に入っていますが、時々真空にならないことがあります。

購入した電気屋さんを通じてメーカー修理担当者に見てもらったところ、冷凍庫の取っ手は接着不良でドア1枚交換、真空チルドルームは部品交換をしてくれることになりました。


すべて無料修理してくれて問題は解決したのですが・・・
以前の冷蔵庫ではありえない故障個所で、ちょっとびっくりです。電気製品は常に最新式のものが出てきますが、新製品は一定の評価が出るまで見極めてから購入したほうがいいのでは、と改めて思いました。
posted by naoko* at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2016年01月14日

チキンのレモン焼き


鶏ももレモン焼。.JPG

お庭になったレモンを頂きました。市販のレモンよりずっと大きくてジューシーなレモンです。いつものチキンの酢焼きの酢の代わりにレモン汁を絞ってチキンにたっぷりかけて焼きました。レモンの酸味はほどよく消えて旨みが凝縮されています。こんがり焼けた皮がパリッとして美味♪

鶏ももレモン.JPG

チキンのレモン焼き

1.チキンもも肉1枚に塩胡椒、ニンニクスライスたっぷり 皮と身の間にはさむ

2.耐熱皿にチキンの皮目を上におき、レモン汁を50mlかける

3.180度に予熱したオーブンで40分〜45分焼く
粗熱をとって切り分ける
posted by naoko* at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(肉)

2016年01月13日

はちみつ食パン


蜂蜜パン.JPG

朝食用の食パンです。
わが家のパン焼き器はもう20年も使っている年代もので焼きあがって型から取り出す時になかなかはがれず、底に大きな穴があくことがあります。

今回はするり!とうまく飛び出してくれました。なぜだろう?と考えてみるといつもの砂糖の代わりに全量を蜂蜜に置き換えたのでした。蜂蜜の方が水分を多く含んでいるはずなので、焼き上がりはどうかな?と思いつつ水分もいつも通りにしてみました。ちなみに蜂蜜は頂きものの国産レンゲ蜂蜜(銀座千疋屋)です。

蜂蜜食パン.JPG

8枚切りにスライスしてトーストすると、耳がカリッサクッとしてとても美味しい!蜂蜜にはパンをおいしくする成分が何か含まれているのでしょうか。これからは砂糖でなく蜂蜜でパンを焼くことにしましょう。

はちみつ食パン

1.水190ml あれば浄水 冬は40度に温める
2.蜂蜜20g
3.スーパーキング140g、春よ恋140g
4.バター20g、塩4g、スキムミルク6g
5.ドライイースト3g

パンケースに入れ、食パンキーで焼く
パン焼き器は リーガル ブレッドメーカー
posted by naoko* at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パン、粉もの

2016年01月11日

エビのクリームトマト・パスタ

エビトマトpasta.jpg

クリームトマトソースとスカンピ(手長エビ)のパスタです。スカンピの代わりに北海道産ボタンエビを使いました。お腹には卵が詰まっています!エビの香りとトマトソースが一体となって濃厚なハーモニーを奏でます。

エビのクリームトマト・パスタ


1.トマトソースを作る
フライパンでオリーブ油、ニンニク、玉ねぎみじん切りを炒める
トマト大1個(夏の間に冷凍したもの)を解凍、ざく切り加える
煮詰めて生クリーム(または牛乳)少々加え塩胡椒する

2.エビ一人あて2尾、縦二つに切り背ワタをとる 塩をふる
小フライパンにオリーブ油を熱し
エビの両面を焼いて白ワイン少々かける 別皿にとりだす
焼きすぎないよう半生にとどめる

3.パスタをゆでる
最後の1分緑野菜(今回は豆苗)を一緒にゆで、ザルに上げる

4.トマトソースにパスタを加え和える
エビを鍋に戻して温め皿に盛る
パセリ、バジル、チーズを散らす


メモ:トマトは夏の最盛期に丸のまま冷凍しておきます。必要な時水に浸けるとツルリ!と自然に皮がむけてメンドウな湯むきは不要。1年中フレッシュトマトが使えます。

2016年01月10日

食べるタルタルサラダ

タルタルソースではなく、’食べるタルタルサラダ’です。ゆで卵にパセリや玉葱をたっぷり入れ塩分控えめなのでぱくぱくと食べられます。レシピでは卵3個を使いますが、卵2個に減らし他の材料も3分の2にしました。
参考にしたのは土井善晴さんのレシピ

タルタルサラダ.JPG

タルタルサラダ

1.卵2個 熱湯に入れ8分ゆでて水にとり皮をむく
大き目に切る

2.玉ねぎ1/4 みじん切り 塩もみして水洗い絞る
パセリの葉15g みじん切り
ピクルス(キュウリ)30g みじん切り

3.器に1.と2.すべての材料を盛り
マヨネーズ70g、 塩、胡椒、カレー粉少々ふる
食べる直前にさっくりと混ぜ合わせて供する

牡蠣ソテー.JPG

牡蠣のソテー、タルタルサラダ、キャベツ添え
たまたま在庫の衣つき牡蠣(冷凍)を使いましたが、牡蠣フライの方がお勧め♪

2016年01月09日

カフェでランチ

冬休みの長野旅行中に見つけたカフェです。初老のご夫婦が経営している小さな店で建物の造りやインテリア、食器、椅子のクッションに至るまで手作り感が満載です。カレー、パスタ、ピッツアなど家庭的な料理が楽しめます。カフェやじろべえ

やじろべえ.JPGカフェやじろべえ



地場野菜がふんだんに使われています。生野菜とゆで野菜がたっぷり!



長野県内での昼食はいつも蕎麦と決めているのですが、行きつけの「つる忠」が閉店してしまいなかなか良いお店が見つかりません。今回はtabelogで見つけたお店に入ってみました。味、値段、雰囲気はまあまあ、中の上というところでしょうか。
posted by naoko* at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 山の家、旅行