2015年11月30日

エビとブロッコリーの塩炒め


IMG_3480.JPG

エビとブロッコリーの中華風塩炒めです。
掲示板で甘エビさんがおいしいと紹介してくださった調味料シャンタンを使ってみました。中華料理ならチャーハン、八宝菜、スープなど何でもこれ一つで味が決まるという万能調味料です。
シャンタン(上湯)とは中華スープのこと。成分は肉や野菜エキス、油脂、玉ねぎ、ニンニク、スパイスなど20種類を配合したペースト。

エビと鶏肉ブロッコリーの塩炒め 2人分

1.ブロッコリーは小房に分け140g、硬めに塩茹でする
小エビ10尾はワタをとり酒と片栗粉をふって洗う
鶏肉50g一口大に切る

2.フライパンを熱し鶏肉を焼き、シャンタン小さじ1/2を混ぜる

3.エビとブロッコリーを加えて炒めシャンタン小さじ1/2を加える 水溶き片栗粉少々でとろみをつける

メモ:中華料理店の塩炒めや八宝菜の味はまさにコレですね。塩味がしっかりついているので味を見ながら足していくといいようです。炒め物は炒めすぎないよう手早く!

創味シャンタンdx

シャンタン.jpg

2015年11月29日

「小さな植物園」

近くで建設中の庭園つきマンションが完成しました。マンションの周りは雑木林で囲まれ「小さな植物園」といってもいいほど多種多様な木々や草花が植えられています。

昔は牧場や麦畑があった所で、ケヤキ、シイ、カシ、サクラなどの大木が区の指定保存樹木としてそのまま残され、下草には四季の野の花が植えこまれています。いまどき建物以外の外構工事や庭園にお金をかけるマンションは珍しいですね。

紅葉が始まったイロハモミジ、サクラ、ケヤキ、カシなどの大木

紅葉.jpg

低い灌木はニシキギでしょうか

ニシキギ (2).JPG

マユミの若木は30cmほどしかありませんが、赤い実がはじけています。

マユミ実.JPG

枯葉の陰にはヤブコウジの赤い実を発見!

ヤブコウジ.JPG

植えられたばかりの若木や草花が数年後には大きくなり、見応えのある庭になるでしょう。地元の人々も散歩しながら楽しめるような場所になりそうです。
posted by naoko* at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2015年11月28日

ラフランスのジャム

 ラフランス.JPG

毎度おなじみですが冬の果物の王様ラフランスでジャムを作りました。淡い生成り色も香りもすばらしく、生でよし、ジャムにしても美味しい果物です。糖度が高いので砂糖の量は控えめ、10%にしました。


ラフランス.JPG

トーストにバター&ラフランスジャム、または
skippy superchunk ピーナッツバター&ラフランス・ジャムを載せて。
クロテッド・クリームも良いですね♪

ラフランス・ジャム 中ビン3個分

1.ラフランス中3個 皮と芯をとる ざくざくと切る

2.ラフランスを計量し、10%の砂糖、レモン汁大さじ1をかけ中火にかける 
アクをとり弱火にして15分ー20分煮る
透き通ってきたら火を止め、バーミックスかポテトマッシャーでつぶす
グランマルニエ大さじ1を加え、一煮立ちしたら出来上がり

3.ガラス中ビン3個を煮沸消毒してジャムを詰める 未開封なら数か月保存可能

メモ:今回はレモン汁の代わりに柚子絞汁 砂糖はキビ糖を使用
お酒はグランマルニエ、コアントロー、キルシュ、ブランディなど好みのものを何でも
posted by naoko* at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャム,ピール

2015年11月27日

アネモネ発芽

アネモネ.jpg

11月1日に植えつけをしたアネモネが2週間後に芽をだし葉を広げています。草丈は8cmほどになりました。

アネモネ・ミストラル ピンク 手前
アネモネ・混合種 向こう側 

アネモネは「芽だし」が大切とのこと。湿らせた土に植えつけた後1週間はそのまま水遣りをせず放置しました。たしかに前回より発芽率が良いようです。

しかし・・・花が咲くのは3月〜5月ごろ。こんなに早く葉が繁ってしまっていいのかな?芽だしが少し早すぎるのでは〜?霜や雪に当てないようにしなければいけませんが、一方冬の低温によって花芽ができるという矛盾に耐えなければいけない植物たちです。

ほとんどの宿根草や球根はまだ眠っています。昨年植えたチューリップ、クロッカス、チオノドクサなどはまだ土の中、鉢植えのニリンソウは太い根を張り春を待っています。
ヒヤシンス、スノーフレークは地上に肉厚な葉をだし、ユキワリイチゲは銅色の三つ葉を広げています。それぞれが春へ向けてじっと息をひそめて力を蓄えている、そんな11月です。

11月に植えつけた植物
クレマチス モンタナ 白 ピンク
丸葉ギボウシ ホスタ・ブルーマウス・イヤーズ
ミョウガ
posted by naoko* at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2015年11月26日

柚子かぶら


柚子かぶら.JPG

柚子白菜柚子大根に続いて柚子かぶらです。柔らかな冬の小かぶは皮も葉もすべて余すところなく食べられます。かぶの白さを生かしたいので白醤油を使いました。こりこりとあとをひく美味しさです♪

柚子かぶら

1.かぶ1束3個 皮をごしごしと洗う
かぶは皮つきのまま半月に切り、葉は3cmに切る
水洗いして泥を落とす
小さじ1の塩をふって軽くもむ 重石をのせて1時間おき水を絞る

2.タレ:白醤油大さじ2、酢大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ1
柚子1個絞り汁、柚子皮千切り、鷹の爪輪切りを合わせる

3.1と2を混ぜ合わせポリ袋に入れて冷蔵する
半日後から食べられる
posted by naoko* at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2015年11月25日

マイナンバー通知書がきた!


ヤマボウシ.jpg

春の花ヤマボウシが今頃になって返り咲きしています。今年は色々な花が返り咲きしていますが、ヤマボウシが11月下旬に返り咲きするのはかなり珍しいのではないでしょうか。初めて見ました。

         *  *  *  *  *  *  *  *

マイナンバーカード通知書が届きました。「通知カード」にはナンバーが書いてありますが、あくまで通知書であり身分証明書代わりに使えるわけではありません。メリットもデメリットもあると言われているナンバーカードの取得には顏写真を貼って申請しなければならないそうです。

周りの友人知人数人に訊いてみました。「当分は通知を受け取るだけで様子を見る、申請はしない」という答えでした。お世話になっている医療関係者は「まだ初期の実験段階なのでセキュリティを見極めてからの方が安全では」という返事でした。顏写真と個人情報が漏れたらかなり危険ですものね。
さて、みなさんはどうなさいますか?
posted by naoko* at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2015年11月23日

豚肉と葉物野菜のニンニク蒸し煮

料理家のコウケンテツさんがフィリピンの旅先で出会った家庭料理で塩豚と白菜キャベツニンニクをじっくりと蒸し煮したもの。15歳の少女が作ってくれたそうで「こんなにうまい野菜炒めに出会ったことはなかった」とか。いつもの野菜炒めと似ていますがどのように違うでしょうか。
レシピは コウケンテツ「わたしの料理」

白菜蒸し煮 (2).JPG

豚肉と葉物野菜のニンニク蒸し煮

1.豚バラ塊肉400gにフォークで穴をあけ塩胡椒する
(代わりに今回は豚バラ薄切り肉に塩胡椒して使用)

2.白菜3枚 キャベツ1/4ざくざくと切る ニンニク2片薄切り

3.厚鍋に白菜の白い所、キャベツ、白菜の葉、豚肉を重ねニンニクを散らす
酒大さじ2、オリーブ油大さじ1をふる
中火で煮たて蓋をして弱火で20分〜30分蒸し煮する 時々混ぜる
野菜の水分だけでくたくたになるほど柔らかく煮た方がおいしい

4.味をみて薄ければ塩胡椒で味を調える
塊肉を切り分けて鍋に戻し野菜となじませる
ご飯の上に汁ごとかけて食べる

メモ:塩胡椒だけのとてもシンプルな料理なのに野菜と肉のうま味が渾然一体となっておいしい!鍋物のようにだし汁で煮るのではなく野菜の水分だけで蒸し煮するところがミソでしょうか。鍋は土鍋やタジン鍋を使うといいかもしれません。

フィリピンでは塩漬け豚塊を使うそうですが、豚塊肉がなかったので豚バラ薄切りを使用しました。肉の量が少なかったので残り物のウインナも加えました。次回は塩漬け豚で試してみたいと思います。

2015年11月22日

柚子大根


ゆず大根.JPG

昨日の柚子白菜に続いて柚子シリーズ第二弾の柚子大根です。青首短大根の上部のパリパリした青い皮と柚子の香りを楽しむお漬物です。甘酸っぱい大根の和風ピクルスといった感じで、サラダに散らしたりスモークサーモンを巻いても合います。

柚子大根

1.大根は皮をごしごし洗って皮つきのまま5cm輪切りにする 約300g 縦に1cm角拍子切りにする ザルに広げて1日干す 水分が抜けてパリッとした仕上がりになる

2.タレ:醤油50ml、柚子1個絞り汁、五倍酢大さじ1(または酢大さじ2)、砂糖大さじ2、鷹の爪をよく混ぜる

3.ポリ袋に1.の大根、刻んだ柚子の皮とタレを入れて一晩冷蔵 翌日から食べられる

posted by naoko* at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2015年11月21日

柚子白菜

柚子.jpg

姫柚子の実が大きくなり黄色く色づいてきました。今年は柚子のなり年でいつもよりたくさんなっています。果汁をしぼり皮を刻んで白菜の浅漬けにする・・・そんなささやかな愉しみを与えてくれる柚子です。

白菜浅漬け.jpg

柚子白菜

1.白菜1/4株を洗って半日干す ざくざくと切る 塩小さじ1をふって軽くもみ重石をのせておく
1時間ほどで水が出てきたら硬くしぼる

2.柚子1個絞り汁(または酢)、柚子皮千切り、鷹の爪、白だし醤油(または薄口醤油)、煎り酒(またはみりん、酒)適宜をまぜて一晩冷蔵庫にねかせる

メモ:重石がない場合はお皿を白菜の上におき2リットルのペットボトルかやかんをのせる
白だし醤油は「ヤマキの割烹白だし」使用
posted by naoko* at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2015年11月20日

タルトタタン

秋から冬へかけてリンゴが美味しくなってきました。甘酸っぱくて果肉がしっかりしている紅玉はお菓子にぴったり♪リンゴをたっぷり入れてタルトタタンを焼きました。ちょっと焦がし気味のカラメルソースがリンゴと合ってなんとも言えず美味♪

タルトタタンC.JPG


 
タルトタタン 18cmタルト型1個

1.紅玉リンゴ4〜5個 800g 皮と芯をとり8等分する
(今回は紅玉3個とふじ1個使用)

2.厚手フライパンにキビ糖70〜80g(リンゴの甘さにより加減する)、水大さじ1を煮溶かしバター60gを加えカラメル状になるまで煮つめリンゴを投入する ゴムベラでやさしく混ぜながら煮つめる

タルトタタンりんご.JPG

4.リンゴが煮詰まりこんがり焼き色がついたら火をとめる

タルトタタン2.JPG

5.18cmタルト型にオーブンシートを敷きリンゴを隙間なく2段つめる
形のよいリンゴを下段に煮崩れたリンゴは中央部につめる 
とろりと煮詰まったカラメルソースもかける

タルトタタン3.JPG

6.180度予熱したオーブンで30分焼き取り出して30分粗熱をとる

7.冷凍パイシート1枚を伸ばしフォークで穴をあけ上からかぶせる 200度に予熱したオーブンで20分こんがり焦げ目がつくまで焼く

タルトタタン焼成.JPG

8.粗熱を冷まし冷蔵庫で一晩落ち着かせる 
お皿にひっくり返す
切り分けて好みでホイップクリームやヨーグルトを添える

メモ:キビ糖80gにしたらかなり甘いです!紅玉とふじを合わせたせいか糖分が高かったようです。砂糖はお好みで60〜70gに減らした方がいいかも。前回のタルトタタンはこちら
posted by naoko* at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ,デザート

2015年11月19日

コウテイダリア (皇帝ダリア)


 コウテイダリア コダチダリア 英名 ツリーダリア
キク科 メキシコ原産
花期:11月〜12月 花色はピンク 短日性植物 ダリアの中でも最大 草丈3m〜5mになる
Dahlia imperialis

皇帝ダリア1.JPG

満開のコウテイダリア

皇帝ダリア松.JPG

傍に植えられた松とほぼ同じ丈で5メートルはあるでしょうか。

IMG_3385.JPG

広々とした小平霊園の芝生の庭で。
posted by naoko* at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2015年11月18日

昼食会の献立

親しい家族や親戚が集まり昼食会を開きました。郊外をドライブしていて偶然見つけたレストランだそうで、都心にはないゆったりとした雰囲気があります。若い人たちが設定してくれた昼食会の献立です。

お昼のプリフィックスコース Stagione 

1.前菜盛り合わせ
生ハム、サラミ、生チーズ、キッシュ、トマト、ハーブ

IMG_3368.JPG

2.パスタ(少量)
水菜と釜揚げシラス入り

パスタ.JPG

3.メイン 肉か魚
真鯛のブレゼ・ディル風味 芽キャベツ、カブ、インゲン、ムカゴ、添え

真鯛ブレゼ.JPG

4.デザート 柿ソルベと季節のフルーツ、キャラメルソース添え

デザート.JPG

食前のドリンク、パン、食後のコーヒーつき。
前菜からデザートに至るまで新鮮な旬の食材が使われています。塩加減がとてもいいのも気にいりました。若い人たちはパスタの大盛り、私は少量にしてもらいました。

posted by naoko* at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2015年11月16日

家族の食事会

久しぶりに家族親戚が大勢集まり食事会をしました。姉妹と甥たちとその家族4世代11人が集まりました。場所は東京近郊のイタリアンレストランでこんな所です。
平安時代から続く大澤家36代目が営むお店で、建物もお庭も美しく四季折々の景色を眺めながら食事を楽しめます。

リストランテ大澤.JPG

広いお庭にはたくさんの木々や野の花が植えられています。紅葉にはまだ少し早いようでしたが、友禅菊、ホトトギス、マユミやヤブミョウガの実などが見られました。袖垣の苔の上には柿の葉が散っていました。

大澤.jpg

古い蔵を改造したカフェテラスでは、ティータイムを楽しめます。


リストランテ大澤  小金井市貫井

この辺りは半世紀以上前に学生時代を過ごした所です。以前はススキの茂る野原でしたが、広い道路が通り高層ビルが建ちすっかり様変わりして近代的な都市になっていました。府中、小金井、三鷹、多摩などの地名を見ると昔を懐かしく思い出します。
posted by naoko* at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2015年11月14日

「ストップ詐欺被害!」


最近「不用品を何でも買い取ります。お宅の近くを回っていますので伺います」という電話が度々かかってきます。処分したいものは色々ありちょっと心が動きますが、一度いやな思いをしたことがあるので「けっこうです!」と断っています。電話番号や住所まで知られているというのもちょっと気味が悪いです。

夕方のテレビ番組「ストップ詐欺被害 私はだまされない」で同じような電話が多数かかってきていることが紹介されていました。不用品買い取りを装ってマイナンバーや個人情報を聞きだしお金をだまし取る被害が出ているそうです。だましのテクニックは多様化しているので、お互いに気をつけましょうね!

            *  *  *  *  *  *  *

アンズの木と柿の木の間にふんわりと蜘蛛の巣がかかっています。折からの小雨が網にかかりレースのようにキラキラと輝いています。細い糸で2本の木の間をどうやってつないだのでしょうか。ムササビのようにジャンプしたのでしょうか。本当にフシギ!

黄色と黒のボディに紅い腹巻きとなかなか凝ったデザインのジョロウグモです。
画像あり。苦手の方は見ないでくださいね^^

ジョロウグモ.jpg

posted by naoko* at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然、読書、未分類

2015年11月13日

牡蠣の時雨煮

牡蠣がおいしくなってきました。
牡蠣と言えば生ガキや牡蠣フライ、グラタンが定番ですが、’もろもろの事情’により最近は鍋物や煮物にしています。思い立ったら5分でできる時雨煮は手軽でお勧めです。

牡蠣時雨煮.JPG

牡蠣を煮た後のおいしい煮汁でエノキダケを煮ました。

IMG_3327.JPG

牡蠣の時雨煮

1.牡蠣1パック150g 塩水でよく洗う ペーパーで水気をとる

2.小鍋に醤油大さじ1、酒大さじ1、みりん小さじ1、生姜1片スライスを入れ煮立てる 牡蠣を入れて中火で1分煮る 牡蠣がぷっくりとふくらんできたら別皿にとりだす

3.煮汁を少し煮詰め、牡蠣をもどして1分煮る 仕上げにみりん小さじ1を垂らし照りをだす

4.牡蠣を取り出し、残った煮汁でエノキダケを煮て添える

posted by naoko* at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 主菜(魚貝)

2015年11月12日

シラユキゲシ 返り花


シラユキゲシ2.JPG

シラユキゲシ スノーポピー ケシ科 エオメコン属
花期:4月〜5月 中国原産
Eomecon chionantha

春の花シラユキゲシが11月の今頃になってまた咲いています。きれいな言葉を使えば返り花、悪く言えば狂い咲き、です。

四季咲きのバラはほぼ一年中咲いていますし、十月桜は1年に何度も咲くそうです。気候の変動のせいでしょうか。植物の生態も年々変化しています。
posted by naoko* at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2015年11月11日

サラダ2品




人参と大根のサラダです。
人参サラダは掲示板でpapurikaさんが紹介されたレシピで人参がたっぷり食べられるヘルシーなサラダです。
大根サラダは市販「やみつき大根サラダ」を使って作ってみました。果たして本当に’やみつき’になるでしょうか。

人参サラダ

1.人参1本を千切りにする 軽く塩をしてしんなりしたらしぼる
玉葱1/4薄くスライス 水にさらして水切りする

2.オリーブ油、粒マスタード、酢、塩胡椒適宜を混ぜ和える 
ツナ缶を汁ごと加えて混ぜる よく冷やす

大根サラダ

1.大根100gを千切りにする 氷水にさらしぱりっとさせ水分をふく

2.やみつき大根サラダ1袋とごま油小さじ1を混ぜて冷やす

2015年11月09日

ヘッカラン(辺塚蘭)開花


ヘッカラン.jpg 

ヘッカラン(辺塚蘭)が開花しました。数年前にネットのお友達から頂いた希少な東洋ランで九州辺塚地域に自生するランです。なかなか花芽がつきませんでしたが3年目に花芽が1本、次の年は2本・・・と順調に増え、今年は3本の花芽が上がってきました。花が開くとこのように垂れ下がってきます。

上手に育てている方の写真を見ると花が四方八方に滝のように垂れ下がってみごとです。我が家のは日照不足か肥料不足?のためか花数も少な目です。着生蘭なので一年中外の半日蔭で、肥料は控え目が良いのでは?と思っていますがどうでしょうか。

花に蜜があり、アリがたくさん上ってきます!花びらを傷めないように薬をしゅっと一吹きしたら退散してくれたようです^^

posted by naoko* at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2015年11月08日

プレミアム・ディナーカレー


プレミアムカレー.JPG

S&Bプレミアム・ディナーカレー(中辛)でビーフカレーを作りました。焦げ茶と白の二層のルーにフルーツチャツネが添付されています。ディナーカレー・シリーズの新製品で、シックなパッケージデザインにひかれて購入しました。

結論を言えばかなり上質なカレーです ☆☆☆☆
仔牛の骨のフォンドヴォー入りルー、ピリッと辛みの効いたスパイス、生クリームのこくを加えたベースはレストランのカレーの味がします。フルーツチャツネはかなり甘口です。半分位いれて様子を見た方がいいかもしれません。

昔はフライパンで小麦粉と油脂を炒めてルーを作ったものですが、今は美味しいカレールーがたくさんできていますね。たまに食べたくなるカレーですが、みなさんはどんなカレ−を作られますか。

2015年11月07日

チキンとエビのクリーム・シチュー


クリームシチュー.JPG

チキンとエビと野菜たっぷりのクリーム・シチューです。クリーミーな熱々のシチューは冬の日のご馳走ですね。ホワイトソースを別に作るのが一手間なので、今回はクリームシチュー・ミックス(東都生協)を使用しました。

1.鶏もも肉 1枚一口大に切り塩胡椒して30分おく
海老10尾 ワタをとり、塩酒片栗粉をふって水洗い

2.じゃがいも、玉ねぎ、人参、茸適宜切る

3.バターとサラダ油を熱し、1.を炒め取り出しておく
同じ鍋で2.を炒める 700mlの水を加えて20分煮る 
取り出しておいた鶏肉とエビを鍋に戻す

4.火を止めて水200ml 牛乳200ml加える ミックス1袋をぱらぱらと振り入れてよく混ぜる 5分ほど煮たら出来上がり 青みにゆでたほうれん草を添える

メモ:クリーム・シチューを検索していたらこちらのサイトに「日本料理」として紹介されていました。英語ではcreamy chiken stewでクリーム・シチューは和製英語のようです。