2017年09月22日

うな玉丼

うな玉丼 (2).JPG

健康的と人気の「タニタ食堂」のうな玉丼です。ウナギ・玉葱・三つ葉と卵でかさ増しになり、満足感もアップ。コレステロール高めでウナギを控えている人にぴったりです♪

うな玉丼 2人分

1.鰻の蒲焼(冷凍)120g解凍して1cm幅に刻む
玉葱60g薄切り、三つ葉3本切る
卵2個ほぐす
ご飯300g
紅生姜、刻み海苔、粉山椒適量

2.鍋にだし80cc、醤油小さじ2強、みりん大さじ1、酒小さじ2、玉ねぎを煮たてる
(だし+ウナギについてきたタレでも可)
ウナギを加え一煮立ちしたら、とき卵と三つ葉を加え、全体をそっと混ぜる

3.ご飯は一人150gをよそい、2.をのせる 
(ご飯150gは多すぎず、少なすぎずちょうど良い量)
好みで粉山椒、海苔、紅生姜をのせる

メモ:レシピを参考に、だしとウナギ添付タレで試してみましたが、ちょうどいい味になりました。
副菜はキャベツとチリメンじゃこのサラダ、味噌汁、漬物を添えると「タニタ食堂の定食」に。

2017年09月21日

万願寺唐辛子の豚肉巻き

生協のお姉さんが「わけあり京野菜要りませんか」とおいて行った万願寺唐辛子です。成長しすぎたのかかなりのLサイズなので、中に詰め物をして豚肉を巻いてみました。

万願寺唐辛子の豚肉巻き

万願寺コーン.JPG

半分に切って残りもののトウモロコシ(なくても可)を詰める

万願寺肉巻.JPG

豚バラ肉を巻き、小麦粉をふってフライパンで転がしながら焼き、酒少々ふって蒸し焼きにする

万願寺肉巻.JPG

おたふくソースをかけて頂きます。

メモ:以前に作ったキュウリの肉巻きの万願寺唐辛子バージョンですが・・・万願寺が硬くて味はイマイチでした。トマトソースで煮込むか、千切りにしてチンジャオロースにした方がよかったかもしれません。

2017年09月20日

ヒガンバナとチョウ

今日はお彼岸の入り。昨日までの暑さから急に涼しくなりました。
先日の台風の雨風に打たれヒガンバナも色あせています。

ヒガンバナ終わり.jpg

残りの僅かな花の蜜を求めてアゲハがやってきました。

ヒガンバナ、アゲハ。.jpg

クロアゲハの羽はすっかりぼろぼろ。それでも最後の気力をふりしぼって吸蜜中。

ヒガンバナ、クロアゲハ.jpg
posted by naoko* at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年09月18日

キャベツのポン酢和え

キャベツは生でも煮ても炒めてもおいしい万能野菜ですね。さっとゆでてポン酢で和えてお浸しにしました。カンタンでおいしくて気に入っています。所要時間5分!

キャベツポン酢和え.JPG

キャベツのポン酢和え

1.鍋に湯をわかし、塩とサラダ油少々を入れる 
キャベツざく切り150gを投入、2分〜好みの硬さにゆでる
ザルにあけて水をよく切る
(湯に塩と油を混ぜることで水きれがよくなる)

2.キャベツ、ポン酢大さじ2とごま油少々をふりかける
いりごま白と黒大さじ1をふる

メモ:残りがちなキャベツとポン酢を合わせてナムル風に。
キャベツの成分キャベジン、ゴマはセサミン、の王様。胃腸の調子を整えるのによい(と信じて^^)積極的に摂るようにしています。

2017年09月17日

新米でおにぎり

初物の自家製新米コシヒカリをいただきました。土作りから、田植え、刈り取り、乾燥まで丁寧に有機栽培にこだわって作られたお米はつやつやとして粒ぞろいです。

コシヒカリ.JPG

お米のおいしさを一番分かる食べ方は何でしょうか。やっぱり白いご飯と塩鮭の組み合わせでしょう!というわけで、塩鮭のおにぎりにしてみました。

お米は3合、水は少し控えめ、炊飯はパナソニックIHWおどり炊き。炊き上がって蓋を開けるとつやつやしっとりと米粒が立って輝いています。

新米、鮭.JPG

ラップを敷いてご飯をお茶碗一杯分のせ、真ん中に窪みを作り、焼いてほぐした塩鮭をたっぷり詰めます。大葉を刻んでちらし、ご飯少々で蓋をしてゴマ塩をふり軽くにぎります。おにぎり名人の握る回数は3−4回位、少ない回数の方がふっくらとおいしいおにぎりができるそうです。

鮭おにぎり.JPG

いただきまーす!一口食べてみるとそのおいしいこと!昨日まで食べていたお米と何という違いでしょう。おいしいお米を食べられる幸せに感謝、ご馳走様でした。

2017年09月16日

ギンモクセイ ヒガンバナ白

今年はギンモクセイが二度咲きしています。8月半ばにちらほらと一度咲き、9月上旬になって本格的に咲き始めるという変則的な咲き方でした。ギンモクセイの開花は年々早くなっています。数年前の開花は?と過去の記録を見てみました。2013年9月23日のギンモクセイです。

ギンモクセイ.jpgギンモクセイ 9月11日

白ヒガンバナ.jpgヒガンバナ白 9月11日

ブログのアップ順序が後先になりましたが、ギンモクセイ、ヒガンバナ白、ヒガンバナ赤の順に開花です。
posted by naoko* at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年09月15日

カボチャのサラダ

野菜室の中で2週間位放置していたカボチャは大丈夫?表面を切り落とし十分に加熱したら美味しく食べられました。さつま芋や栗は追熟すると甘くなりますが、カボチャも予想以上に甘くおいしくなっていました。

かぼちゃサラダ.JPG

カボチャのサラダ

1.カボチャ1/4個 300g位 2cm角に切る
シリコンスチーマーに並べ大さじ1の水をふりレンジ600W5分加熱 
水分を切る
玉葱1/4個薄切り、水にさらしてよく絞る

2.カボチャ、玉ねぎ、マヨネーズ、ねり辛子、胡椒適量を混ぜる
ゆでたトウモロコシほぐして加える(なくても可)
バジル(パセリ)の葉をちぎって加える

メモ:カボチャは皮ごと使う 味付けはマヨネーズ+ドレッシングに代えても可 トウモロコシは前日の残り物を利用。

2017年09月14日

ヒガンバナ 彼岸花

ヒガンバナ (彼岸花)が咲き始めました。例年より1週間ほど早い満開です。昨年のヒガンバナ

ヒガンバナ2.jpg

ヒガンバナ3.jpg 

DSC_0437 (640x395).jpg白いヒガンバナも

母の庭からもらってきたヒガンバナの球根10個ほどを植えたのが40年前。今では100本近くに増えています。白やピンクの球根を買って植えましたが、ほとんど消えてしまい白が1本だけ咲いています。やはり原種に近い赤い花が生き残っています。毎年お彼岸が近づくと律儀に咲いてくれるヒガンバナです。
posted by naoko* at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物、園芸

2017年09月13日

ゴーヤの漬物

ゴーヤ料理をいろいろ試しています。掲示板でははぺぬさんから教えて頂いたゴーヤの漬けものです。ゴーヤを切ってタレに漬けるだけですがイカクンのだしが効いていてとてもおいしい〜♪お茶うけに好評でした。

ゴーヤ漬物.jpg

ゴーヤの漬物

1.ゴーヤ1本は縦半分に切ってワタと種をだし薄く切る
サキイカまたはイカクン(市販)1袋95g

2.タレ:醤油2:砂糖2:酢1 の割合で混ぜる
1.の材料をまぜてポリ袋にいれもみもみする
一晩冷蔵庫におく 翌日から食べられる

メモ:少量で作ってみました。タレは煮たてずそのままでOK。タレの味はお好みで加減してください。
ゴーヤ1/2本、イカクン50g、タレ:醤油大さじ2強、砂糖大さじ2、酢:大さじ1+スダチ1個分の汁

posted by naoko* at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漬物、保存食

2017年09月11日

ゴーヤ・チャンプルー

家庭菜園で採れたゴーヤを頂きました。長さ25cmもある立派なゴーヤです。生でサラダや酢の物に、炒め物にして毎日頂いています。

ゴーヤ・チャンプルーといえば豆腐をいれますが、豆腐を切らしていたので代わりに赤パプリカ、シメジを入れ、卵でとじました。

ゴーヤチャンプルー.JPG

ゴーヤ・チャンプルー

1.ゴーヤは縦半分に切り、中のワタと種をとる 薄切りにする
パプリカ細切り、しめじ適量
豚バラ肉80gに塩胡椒、酒、片栗粉をふる
生姜、ニンニク、ネギ微塵切り 適量

2.フライパンに油を熱し、豚バラ肉を焼き付ける
1の薬味と野菜を加えよく炒める
(思いついてメンマ少々加える)

3.鰹昆布だし100ml、塩、酒、薄口醤油、胡椒で味付ける
煮汁が少し残る位になったら卵1個をといてかける 半熟で火を止める

メモ:ラーメンに使った残り物メンマを入れてみました。メンマはお好みですが、味にメリハリがついて意外に悪くありません。